2008年06月10日

孤独の処方箋

「人は水と空気とコミュニケーションがなければ生きていけない」
という言葉を本で読んだ夏目です|電柱|・ω・`)ノ ヤァ

この前、元カノさんと電話で話して、彼女が通ってる就労支援のNPOに紹介してもらえるようお願いしました。就労支援と言っても、仕事の斡旋だけではなくて、社会とうまく関われない、ひきこもり、ニート、フリーターの方々の相談や交流の場にもなっているそうです。
彼女によると、僕の抱えている内面的な問題は、

「他人と本音で接して、他人からの反応に出会って自分を知る機会が少なすぎたのじゃない?」

が、原因だそうです。L(゚□゚)」オーマイガ!
自分のどこに欠陥があるのか、自分にもよくわからないのですが、他人と深く関わると常識外れな部分が浮き彫りになってしまうようですね。

今まで、社会との接点がナンパしかなかったので、これを機に、他の人たちとも交流しなければ、と思い立ちました。ひきこもりの社会復帰への第一歩です。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

今回、痛感したのですが、社会との接点がナンパしかないというのは、ナンパを辞めると、他人との交流が断絶状態になるということです。

実は、恋人が出来た時、一番困ったのがこの点です。

ナンパを辞めると、彼女と会う時以外は完璧なひきこもり状態になってしまうのです。まさか、彼女ができるとは思っていなかったので、この問題について、今まで、まったく考えていませんでした。

人間にはもちろん恋人も必要ですが、同性の友人や仲間も代えがたい存在です。
( ̄~ ̄;) ウーン

僕にとってのナンパは、単に女の子と遊ぶだけが目的ではありません。仲間と会って騒げるからおもしろいのです。

ナンパをやっていて、地蔵気味になっている仲間が
「夏目さん、誰でも良いので指名してくださいよ」
と、頼んでくることがあります。
仲間から「あの娘に行け」と指名されると、断るのもカッコ悪いから、勢いで声をかけられるのですね。
それで、かわいい娘が歩いてくると
「あ、いい子が来た、あの娘、あの娘!」
「え? どこですか? あの娘?」
指名するのですが、仲間がためらっていると、
「あの娘だよ、あの娘!」
見逃すのももったいないので、自分でダッシュしていって、声をかけて、失敗して帰ってきて、みんなで爆笑するようなことをやります。
それで「次は行けよ」「だっせーな」みたいな、和やかなムードになるわけですね。

ひきこもりとは思えないDQNな遊びですが、これが非常におもしろいです。家で、ひきこもってゲームしていても、このような仲間と馬鹿をやって生まれる連帯感や快感は得られない訳ですね。

そのためか、

「ナンパ師の人たちって、みんな気のいい人ですね。また呼んでください!」

と言って、初心者ながら、良く合流申請をくれる人もいます。
今の世の中、会社以外に誰でも入れるコミュニティがありません。その会社に所属することが、今はだんだん難しくなってきています。その上、職場での人間関係も希薄化していじめも横行しています。もう無条件では誰もコミュニティの仲間に迎えてくれないのです。
(T_T) ウルウル

そのため、彼女ができても、彼らとの付き合いを断絶させることができず、ずるずるやってしまった訳ですね。友情を取るか愛を取るか、究極の選択です。

しかし、ナンパ以外にも居場所があれば、恋人に対して誠実に付き合うことが可能だと考えて、まずは第一歩として就労支援のNPOに行ってみることにしました。以前も、コトバノアトリエというNPOに行って、友達を作ったので、NPOに所属するのは良い選択肢だと思います。
( ̄ー ̄)v ブイ

我らが聖地(なに?)・秋葉原で大量殺傷事件が起きましたが、犯人の彼も孤独だったらしいですね。孤独は絶望の母です。派遣のような期限の決められた働き方では、安定的な人間関係はなかなか生まれません。3ヶ月や半年、長くても2年、3年で職場を転々としていく。しかもそれが自分だけではないから、内向的な人間では、友達も恋人もできず孤立化に一層拍車がかかっていく……。
そんな生活続けていたら、精神がやられてもおかしくないでしょう。
((((_ _|||))))ドヨーン

ナンパスキルは初対面の人間と仲良くなる技術なので、今後の人生に絶対に必要なものだと思っています。

ちなみに僕の元カノさん、ものすごく正直な人で、電話でナンパ師の話をしたら、
「凄腕のナンパ師の中で、nightloverさんのチームの人はみんなイケメンでトークもうまいよ」
「イケメンのナンパ師に囲まれてちやほやされたい!」
だそうです ヾ(_ _。)オイ

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 14:04| Comment(30) | ひきこもり心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

彼女に振られる><

彼女に電話で「友達に戻りたいと言われて」最高潮に落ち込んでいる夏目です(ノ_・。)クスン

「ひきこもりの人って、物理的にひきこもっているだけだと思っていたけど、精神的にも自分の世界があって、興味の合わないものをシャットダウンしてしまっているんだね」
デートした翌日に電話で、こう言われました。

僕は超内向的で、自分ワールドを築いて周囲から身を守っていて、しゃべっても伝わらないことだらけで、一応毎回は笑ってるけど、正直疲れたらしいです。
(хх。) イタイ

彼女も実は、昔はひきこもっていた時期があり、鬱病の経験もあるということで、おそらく僕と同じような内向的な人間なのだと思っていました。

しかし、実は彼女は販売の仕事が好きだったり、恋愛経験が豊富だったりと外向的なタイプであり、超内向派人間の僕とは、趣味や考え方が噛みあわなかったのです。
最近、気づいたのですが、僕は究極個人主義者で一人でできるスタンドプレーの仕事やスポーツなら得意なのですが、集団での共同作業が苦手苦手・・・

ナンパもスタンドプレーの領域なので、内向人間でありながら合っていたのだと思います。
|電柱|・ω・`)ノ ヤァ

僕としては外交人間の極地とも言うべきナンパができるようになれば、内向的な部分が相殺されて、社会復帰が可能と考えていたのですが、人間の本質的な性質は変わらなかったようですね。
( ̄□ ̄;)ガーン

友達として付き合っていたころは、彼女は僕の困った本質を知らなかったので、惚れたようですが、だんだん深い付き合いをしていくうちに、あまりにも興味・考え方がズレていることを知って、気持ちが醒めてしまったそうです。
恋人として付き合うようになり、油断してまるで身内に接するように素の自分を出し過ぎてしまたかもしれません。

彼女に振られたこともショックですが、内向的すぎて合わないと言われたこともショック・・・
この先、まともな恋愛ができるのか不安です。


僕と同じ性質の内向的な女性なら合うかもしれませんけどね><

女性との恋愛経験を増やして、結婚相手をゲットすることを考えるのも大切ですが、この先、一生独身であることも見越して、孤独とうまく向き合えるような人生設計をせねばならなと考えています。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:11| Comment(50) | 女性心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

地蔵は深刻な問題

最近、女性に対する飢えが満たされてしまい、ナンパ師としてピンチな夏目です|・ω・)ノ

常に攻めの姿勢で自爆を続けてきましたが、彼女から同棲したいとも言われており、それなら、がんばって金を稼ぐことを考えていかねばなぁ、という守りの姿勢に入ってしまっています。
夏目は年収200万以下のワーキングプアなので、結婚を想定した付き合いをするなら、収入アップは至上課題。もっと仕事に専念せねばならないでしょう。

また、セークスしたり、彼女ができたりと、ひきこもりには不可能と思われていた目標を達成してしまったために、倦怠期が訪れている感じです。

あ、あれ? これって、まともな社会復帰に向かっているということでしょうか?
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ともあれ、たまにはナンパをしないと腕が落ちてしまうので、この前の週末、ゆうすけさん、北村ポン太さんと合流してきました。ゆうすけさんは、東大の学園祭で初合流したネットナンパ師の方で、モチベーションが非常に高く、ストリート初挑戦にも関わらず、果敢に声をかけていました。

「これがストリートの洗礼ですか、さすがに厳しいですね」
「でも、結果が出るまで、帰らないつもりです」


ストリートナンパでは、ガンシカや冷たい態度が基本です。
この洗礼を浴びたにも関わらず、ゆうすけさんは、逆にやる気を出していました。さすがにネットナンパで成功してきただけあって、基本的な恋愛スキルが高い人です。

「俺はナンパと書いて自爆と読むのだと思っていました」
「最近は、週に3、4回はストしています」


北村ポン太さんは、このように豪語し、レベルの高いお姉系にばかり特攻を繰り返し、連れ出しに成功してしまいました。自爆しても、まったくめげずに強めのお姉様ばかり狙うとは・・・その姿は、まさにお国を守るために生きては帰れぬ空へと出陣した旧神風特攻隊の勇姿を連想させます。
思わず、最敬礼で見送りたくなってしまう気分。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

「どんな冷たい態度を取られるか、ちょっと楽しみにしているんですよ。夏目さんも特攻隊長の手本を見せてくださいよ」
「いやー、なんか今、飛行機Uターンさせたい気分なんです」

と、ナンパ自爆テロリストとは思えぬ発言をしてしまいました。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

そんなこんなで、結局、地蔵気味になってしまい、10人くらいにしか声をかけられませんでした。
ただ、やっぱり、会話が成立してある程度、女の子と話せるとおもしろいですね。反応が良い娘が2人いたので、それなりに楽しめました。
( ̄ー ̄)v ブイ!

今回は、宗教の勧誘をやっている女性にも知らずに声をかけてしまい、黙ってUターンされました。あれ? Uターンガンシカとは、反応最悪だなぁと思っていると、なぜかその娘は、その場をうろうろしだしました。最初は気まずかったのですが、その娘が、同じく通行人に声をかけて、ガンシカを喰らっているのを見て、勧誘のお姉さんであることが判明。
お仕事、ご苦労様です。
(*´・ω・`)ノオツカレサマン♪

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 13:32| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

相性の良い人

現代社会には女性にモテるための行動を研究、紹介する情報が氾濫していますが、こういった情報はあまり役には立たないのではないかと考えている夏目です|・ω・)ノ

というのも、人間同士の関係を決定する最大の要素は、お互いの相性ではないかと、最近考えているからです。

まったく同じようにナンパしながらも、ガンシカで終わる娘もいれば、関係が半年以上続く場合もあります。一度、合流しただけで、もう会わなくなるナンパ師もいれば、一年以上、友達付き合いが続く人もいます。同じ人間が、同じように行動しながらも、ここまでの差異が発生するのは、なぜでしょうか?
(・vv・)ハニャ?

例えば、今、付き合っている彼女に告白される前、2人で猫喫茶にデートに行ったのですが、その際、店の場所を良く調べてこなかったために、道に迷ってしまい、ザーザー雨が降っている中を、2人で30分近くもさまよいました。

とんでもないミスであり、おそらく他の女性にこれをやったら、100%幻滅されていたでしょう。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

しかし、なぜか、その一ヶ月後に交際を申し込まれたので、頭の中がクエスチョンマークで埋め尽くされました。彼女とは会話のネタに詰まっても、なぜか会話が続くので、おそらく相性が良いのでしょう。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆
(でも、こういった失敗は、もうしないように、気をつけまする)

恋愛ノウハウの本や雑誌を読むと、どうすればモテるようになるとか、こういう行動がキモい、と細かく紹介されています。

こういった本は、職場や学校などの限定された組織内で、僅かに出会う女性に好意を持ってもらうことを追及しています。しかし、もしどんなに完璧に外面を取りつくろっても、その5人と相性が良くなかったら、どうなるのでしょうか?
その5人に恋愛対象外にされてしまったら、アウトな訳です。
無駄で苦しい努力を延々と続けて、嘆き悲しむことになります。

一番良いのは、やっぱり数を撃つことだと思います。
口説いてみて、ダメだったら、すぐに次の娘にアタックする。
この繰り返しですね。

( ̄ー ̄)v ブイ!

出会う女性の数が多くなれば、相性がバッチリの娘に出会う可能性は高まります。人間とは基本的に理解し合えない生き物なので、100人中99人とは分かり合えないでしょうが、1万人に1人くらいは僕のことを好きになってくれるマニアもいるでしょう。下手な鉄砲も数撃てば当たるのです。

ただ、ナンパという不利な状況からのスタートであるため、第一印象が悪いと、いくら相性が良くても嫌われてしまうので、ある程度のルックスの強化は絶対に必要ですけどね。

そうやって、相性の良い娘だけを選りわけて、その他の娘をふるいにかけて行くのが、もっとも良い方法ではないかと考えています。

という訳で、画面の前のあなたにもナンパ自爆テロをお勧めします。
見事散りましょう、国のため。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:54| Comment(14) | モテるようになるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

東大ナンパ自爆テロ再び

人生の勝ち組のレールが約束された東大生をひきこもりがナンパするという革命的テロ活動を行ってきた夏目です|・ω・)ノ

去年も激しいバトルを繰り広げた東大の五月祭に出撃してきました。
学園祭というのは、言ってみれば『釣り堀』です。
まずガンシカされることがなく、みんなが非日常のお祭り気分でいるため、ストリートに比べると成功率が格段に上がります。

僕もナンパを始めたばかりの頃、学園祭でナンパに成功して自信をつけたので、初心者の最初のステップアップの場として最適だと思います。

しかし、今回、集まったメンバーの5人は初合流の人ばかりで、みんな初心者でした。
(」゜ロ゜)」 ナント

初心者ばかりで固まってしまうと、地蔵になったまま終わってしまう可能性が高いです。学園祭ではソロの娘が少ないので、基本がコンビナンパになります。
コンビの一人が、それなりの経験を積んだナンパ師であれば、初心者も安心感を持ち、背中を押してもらえるのでナンパしやすいのですが、両方とも初心者だと、二人で固まり続ける恐れがあります。

事実、僕と組んだYさん以外の組の方々は、あまりアタックできず、結果がでませんでした。
ウーム (; _ _ )/

僕と組んだYさんは、ネットナンパでかなりの成功を収めている方で、女性とのトークが驚くほど上手でした。

「ネットのチャットで女性と会話して覚えたのですが、相手から良い反応を引き出す会話のパターンや流れというのがあるんです。それを現実のナンパでも使えるかと思ってやってみたのですが、応用できましたね」

実は驚いたことにYさんも、昔は対人恐怖症で女性とうまくしゃべれなかったらしいです。それを克服するために、まずはネットで女性との出会いを求め、試行錯誤を繰り返しいている間に腕が上がって、今ではキープの女性が10人くらいいるような状況になっているそうです。
(゜▽゜;) オドロキー

「女性とうまく付き合うには、とにかく経験が大切だと思いますよ。俺も、昔は全然ダメで、かなりの失敗を繰り返してきました」

ただ、Yさんが言うには、最近、ネットで出会うのが、やや難しくなってきているため、リアルのナンパにも挑戦したくなったそうです。どこの世界も恋愛しにくい状況になっているようですね。
( ̄◇ ̄;) ハゥー

Yさんは、コンビで二番ゲという結果を残しました。
コンビナンパは難易度が高いので、最初から、コンビで二番ゲできるのは、すごいです。

僕はチャットでの会話で、対女性コミュニケーション能力がここまで鍛えられるとは思っていなかったので、驚きました。ネットがひきこもりを加速させるとか、現実の対話をしないと真のコミュニケーション力は磨かれないという話を聞きますが、これらは案外、三次元至上主義の思い込みかもしれませんね。

また、Yさんはネットナンパ出身なので、メールメンテにも強く、番ゲした女の子と○○○でも繋がり関係を強化する作戦に出ていました。
メールメンテというのは、難しいですからね><
今度、じっくり教えてもらおうと思います。

僕は、Yさんとコンビで一番ゲ。その後、ソロで一番ゲとブーメランを投げました。

今回は、ソロの娘が少なかったので、屋台の客引きの娘にも声をかけてみたのですが、予想に反してうまくいき、番ゲできました。普通の店員さんナンパは、相手も本気で仕事をしているので、難しいかもしれませんが、学園祭の客引きであれば、まったりしたものなので、立ち話に付き合ってもらいやすいと思います。

学園祭では、客引きの娘をターゲットにしてみるのも有効だと思いました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:57| Comment(8) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

彼女を家に呼ぶ

彼女を家に呼んで話し合うという、ひきこもり最終バトルをした夏目です|・ω・)ノ

ひきこもりがナンパをするのも100%有り得ないことですが、彼女を家に呼ぶのも有史以来確認されてこなかった大事件です。ここ数日は、彼女のことで頭がいっぱいで、仕事も手に付かず、夜もあまり眠れず、ブログのレスもできない状態でした。
ウーム (; _ _ )/

まったくアホな話で、自分から彼女を振っておきながら、いざ別れるという段になって、彼女のことをいかに愛していたか気づいてしまい、慌てて関係修復に奔走するということをやっていました。

そして、結果的に、しばらく関係を続けることになりました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

以前は、彼女の方が、熱烈なラブコールを送ってきて、圧倒されるような状況で、ポカーンと訳が分からないうちに、ホテルまで行ってしまいました。女性から、ここまで好かれたり、逆に迫られたりしたことが皆無だったので、現実感がまったくなかったです。
そういう状態で、彼女と肉体関係を持ったので、愛していないのに愛しているような素振りを続けることに罪悪感と疲れを感じていました。

しかし、今度は、僕の方から、好きだぞ! と迫り、抱きしめてから、2人で何度もキスをしました。本当は最後まで行きたい気分でしたが、彼女の方は今回はそういう気持ちになれなかったようで、ここまで。
やっぱり、男の方から口説いてこそ、燃えますね。
(#^.^#)

ただ、今回、いろいろと僕の欠点を暴露する結果にもなってしまい、彼女に少々幻滅されました。
Σ( ̄□ ̄|||)がーーん

「私も天然ボケだと自覚していたけど、君の天然さはそのはるか上を行っているね」

だそうです。
まず、2人でコンビニ弁当を買ってきて、家で食べたのですが、僕の選んだスパゲティにはニンニクが入っていました。これを食べた後にキスしたので、

「キスするつもりなら、ニンニク料理を選ばないでよ」

と怒られました(>w< )
さらに、僕はまったく芸能人や音楽に興味がないので、そういう話題についていけず、

「ここまで物を知らないとは、知らなかった。テレビとか見ないの?」

と怒られました(>w< )
さらに、彼女は日本の歴史とか好きなそうで、その話をしました。僕は戦国時代以降の話なら、結構、詳しいつもりでいたので、大丈夫かと思ったのですが、彼女が好きなのは鎌倉時代のころだったので、この話題にもついていけず・・・

「北条政子も知らないの? それで本当に日本史好きなの?」

と怒られました(>w< )
さらに、彼女が帰る段階になって、気分が悪くなってしまったそうで、駅の改札まで送りました。良いことした気持ちでいましたが、その後、電話が来て、本当は家まで送ってほしかったそうです。

という訳で、彼女から言わせると、夏目はすごい変人だそうです。
何で、こんな人、好きになったのかしら? と言われました。

(_□_;)!!

う、うむー。
だいぶ社会復帰できたつもりでいましたが、ひきこもってずっと一人でやってきたせいか、知識にえらい偏りがあるようです。恋人同士になって、深く付き合うようになると、お互いの欠点も見えてきて、関係がピンチになることがあるとは聞いていましたが、僕のはヤバいレベルのようです。

このままでは、いつ幻滅されて、向こうから振られるかわかりません。
llllll(- _ -;)llllll

僕の交友関係も、今までひきこもりとナンパ師しかいなかったので、もっと他のグループの輪にも入っていって、社交性と社会常識を磨かないと、いけないなぁと、思いました。

という訳で、どなたか、ナンパ以外の遊びにも誘ってくださいね><

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 14:56| Comment(31) | 女性心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

女性から告白されました

実は、今月の初め友達の女性から「好きなので付き合って欲しい」と告白された夏目です|・ω・)ノ

女性から告白されたのは、生まれて初めてです。
今年の夏は雹が降るな、くらいの驚きもあって、うれしくてOKしました。
これで晴れて彼女ができたので、もうナンパはやめようと決心していました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

しかし・・・

昨日の夜、電話で彼女に「人としては好きだけど、異性としては魅力を感じることができない」と恋の情熱を持っていないことを、断腸の思いで告げました。

僕にとって、彼女は良い年上のお姉さん的存在でした。
僕のことを理解し、受け入れてくれいた・・・
なぜ、この人を女として愛することができないのかと、自問自答を繰り返していました。

一緒にいて楽しいし、デートすると満たされる感じがしました。
でも、なぜか、燃えるような気持を持つことができませんでした。
そういった気持は態度として現われてしまうようで、
「私のことをどう思っているのか、わからない。不安だよ」
と言われました。

でも、無理に「愛している」「好きだよ」という言葉を使おうにも、どこか違和感を感じてしまい、心苦しくなるばかり・・・
嘘偽りの愛を演じていても、お互いのためにならないだろうと思い、

「○○ちゃんのことは人として大好きだし、一緒にいたいけれど、どうしても女性として愛することができない。それでも良いなら付き合い続けるけど、どうする?」

と尋ねました。
すると、彼女は

「そこまで言われてしまったら、私もいままでのようには振る舞えないよ。本当に好きだったけど、仕方ないね」

と答えました。
こうして、せっかくできた彼女を振ってしまった訳です。(ノ_<。)
その瞬間、ホッとした気持ちと、後悔と、罪悪感とで、えらいことになってしまい、夜、眠れませんでした。

振ることは、振られる以上に辛かったです。
(хх。)

今まで、女性からは振られる専門で、振ることはあり得ないと思っていました。相思相愛になれていれば、これ以上なく幸せだっただろうに、相手の気持ちに応えることができないというのは残酷なことです。

次の日、彼女からメールが来て、
「これからも友達として付き合って欲しい」と言われました。
私も友達としてなら理想的な関係が築けると思っていたので、「もちろん」と応えました。

これからも友達として付き合えると良いなぁ。
(´・ω・`)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:29| Comment(28) | 女性心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

心を開くと相手も開く

久しぶりに池袋で女子大生を連れ出しした夏目です|・ω・)ノ

今回は、何と二回目の声かけでいきなり成功してしまい驚きました。
合流していた凄腕ナンパ師の長さんに、
「あの娘、夏目さんのタイプじゃないですか?」
と促されたので、ほいー、と声をかけに行きました。

一度、攻撃決定が下ったら、お国のため、例え機関銃の掃射の中にも飛び込んでいくのがナンパ自爆テロ魂です。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

どうせ、ガンシカ(無視)だろうなぁ、とまったく期待していなかったのですが、なぜか彼女は足を止めて、話を聞く態勢を取ってくれました。
あっ、足止めトークなんて、久しぶりだ。
(#^.^#)

僕ばかり話して、あまり和めなかったのですが、反応も良いし、「もしよかったら、お茶でもしない?」と誘うと、OKというお返事。ちょうど近くにミスタードーナッツがあったので、そこに入りました。

話を聞いてみると、彼女は今年、大学に入って上京してきたばかりだそうです。地方の娘の方が、擦れていなくていいですね。
ただ、最初は、あまりトークが盛り上がりませんでした。僕の方から話題を振って場を持たせようとしましたが、彼女は積極的に話してくれようとせず、やや警戒しているような素振り・・・
(・_・。)) マイッタナァ

今までの経験から言って、このままでは打ち解けるとこもできず、番ゲしたところで、次にも繋がらないと直感しました。そこで、今回とんでもない暴挙に出ました。

「引かないでもらいたいのだけど、実は、僕はひきこもりから脱出するためにはナンパするのが一番だと考えて、ナンパしているんだよね」

と、ぶっちゃけました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ひきこもりだったことも、ナンパしていることも話してしまったのです!
こんなぶっちゃけ自爆テロを行ったのは、人生で初めてです。
なぜ、こんな暴挙に出たかというと、今回、合流した凄腕ナンパ師の長さんが、

「俺はナンパする時、『実は、俺、ナンパしに来たのだけど、この街で一番いいスポットはどこか知っている?』『これで声をかけるのは50人目だよ』とか、言います」

と話してくれたのを聞いたからです。
また、他の上級ナンパ師からも女の子とホテルに行ったら「俺、変態だから」とぶっちゃけると、グダを崩せるし、写真も撮らせてもらえるという話を聞きました。

最近、悟ったのですけど、表面を取りつくろって格好つけても逆効果になるだけなんですよね。

恥ずかしいと思って、自分の欠点や都合の悪いことを隠そう隠そうとする姿は格好悪いだけです。また、本心を隠して人と接していると、本当の意味で仲良くなるのは難しいのじゃないかと思います。
ウーム (; _ _ )/

長さんなどは、常にオープンな態度で人と接しているので、女性だけでなく男性にも好かれると思います。欠点を隠そうとしたり、自分を大きく見せて自慢したり、他人を見下そうとするような意識がまったくなく、自然体でポジティブに人との交流を楽しんでいるのです。
だから、一緒にいてこちらも緊張することなくリラックスして付き合えます。

ある女性が言っていたのですが、本当の意味でやさしい人は必ずモテるそうです。
やさしいというのは、他人に好かれたくて他人の奴隷になっていたり、ビクビクと周りの評価を気にして評価を高めるために行動するのとは違うそうです。
世の中の善い人がモテないのは、ほとんどの場合、これを勘違いしているからなのだとか・・・

噂によると凄腕のナンパ師の中には意外と人格的に成熟した人が多く、男女問わず好かれることが多いようです。これは彼らがナンパの達人というだけでなく、人間関係の達人だからではないか? と思います。

という訳で、僕にとって、もっとも都合の悪いことをぶっちゃけてみたのですが・・・

「それはすごいですね! 実は私も高校時代、不登校だったんです」

と、彼女は引くどころか興味を持ってくれ、自分の過去の話もしてくれました。
\(^ ^)/ バンザーイ

こちらが心を開くと、相手も心を開いてくれるのですね。

おそらく、こういうトークをするとセークスすることはできなくなると思いますが、信頼関係を築けるので友達を作りやすいと思います。
長さんも、セークスすることを第一の目的にしておらず、人脈を増やして楽しく過ごす中で、もしセークスするような流れになったら、するそうです。

そういう関係作りの方が、即や準即の数にこだわってギラギラするより、建設的かもしれませんね。

ちなみに彼女には「ひきこもりナンパブログ」のことを教えたので、後ほどメールが来て、「ブログ読みました、おもしろいですね」と褒められました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ただ、ぶっちゃけすぎて、
「25歳までファーストフードの店に入ったことがなかったので、最初はロッテリアでどう注文して良いのか、わからなかったよ」
と、ひきこもり自慢すると、ちょっと引いていました^^;

言わなくて良いことまでは、言わない方が良いですね。
( 〃..)ノ ハンセイ

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:19| Comment(26) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

店内ナンパは恥ずかしい><

ちょっと前の話ですが、Akkieさんとナンパに行った時のことです|・ω・)ノ

その日は、例によって、路上でガンシカを食らいまくり、さあ帰ろうかという時になって、Akkieさんが「本屋に寄って帰りたい」というので、最後に店内ナンパをして終わることにしました。

しかし、店内ナンパって、やりづらいのですよね。
本を読んでいる人の邪魔をしてまで、声をかけれる図々しさがないもので、結局、地蔵で終わってしまうパターンが多いです。なにより、他の人の目もありますからね。
(´〜`ヾ) ぽりぽり・・・

でも、今回、寄った店は、地下街のショッピングモールの一角にあり、売り場が通路に面していました。そのため、通路側に立って雑誌を立ち読みしているような娘や、本を選んでいる娘は、半分、ストリートにいるような状態だったのです。

ストリートであれば、僕のフィールドです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ちょうど、ナンパを二時間ほどやってきた後であり、声をかけることに抵抗のない精神状態だったことも幸いしました。結構、かわいい女子大生くらいの娘が雑誌を手に取ろうとしていたので、

「一人でお買い物ですか?」

と声をかけました。
すると、彼女は「はい、そうですが・・・?」と返事をしてくれ、会話をしてくれる姿勢を取ってくれました。
路上ではガンシカでしょうが、やはり店内だと反応は断然良いですね。
( ̄ー ̄)v ブイ!

「すごい好みのタイプだったので、声をかけちゃったんですよ」

と、いつものパターンで攻めましたが、店内ナンパは慣れていなかったこともあり、緊張してしまって、うまく舌が回りませんでした。そのため、さしてトークで和むこともできず、彼女が明らかに帰りたそうだったので、

「よかったら、友達になってください」

と、番ゲトークに入ろうとしましたが、
「ごめんなさい、お断りします」
すっぱり撃沈(_ _,)/~~白旗〜
やはり、打ち解けていないのに番ゲしようとしても無理ですね。

しかし、ここで驚いたのが、僕の隣でAkkieさんが、他人の振りモードで雑誌を広げながら、忍者の如く聞き耳を立てていたことです。
ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

曲者! お主、伊賀者か!?

ここで、番ゲに成功していれば「どーだ、俺様の番ゲトークは!?」と得意になれるところでしたが、ヘタレなトークで失敗してしまったので、恥ずかしかったですね。
(。_。*)))

ナンパしている最中は、会話に神経を集中させているので、周りが見えにくくなってしまいます。なので、彼がすぐ隣にいたのに、まったく気付きませんでした。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:48| Comment(16) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

地方都市で惨敗

日本の出生率が1.3%台という低い水準を維持し、子供の数が27年連続減少し続けているそうです|・ω・)ノ

出生率が1.3%ということは、2人の夫婦から、二人未満の子供しか生まれないということです。とすると、必然的に人口が減少し続け、100年後には人口は半分以下になっているとも言われています。

にも関わらず政府は根本的な少子化対策を行うことをせず、海外からの移民で税収を賄うために移民庁なるものを作ることを検討しているらしく、このままでは日本民族が崩壊、絶滅してしまう危機すらあります。

この国家存亡の危機にあたって、我々は再び日本民族の誇りである大和魂を呼び覚まし、一億総玉砕の覚悟で、ナンパ神風特攻を行い、「産めよ増やせよ地に満ちよ」を実践せねばなりません。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

これによって、世界的優等民族である日本民族の血を後世に伝えることが・・・(以下検閲)

というのは冗談ですが、恋愛、結婚のしにくい状況になってきているので、ナンパでもして無理やり出会いを作らないといけません|・ω・)ノ

そんなわけで、ゴールデンウィークに実家に帰った際に、田舎の地方都市でナンパしてきました。

今回は、まーさんというナンパ初心者の方と合流。
まーさんは、今回、はじめてナンパを体験するということで、傍目にもわかるほどガチガチに緊張していました。
僕の方も、慣れていない街でのナンパだったので、テンションが上がらず、2人で40分ほど地蔵になっていました。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

これ、すんごい気まずい状況です。
まーさんに「ナンパ師って、どうやって声をかけるのだろう? わくわく」と思われているようで、プレッシャーがかかります。魔都東京のガンシカ地獄を潜り抜けているはずなのに、身体が動けなくなるのです。

一度、こういう状態になると、ひきこもりが長期化すると外にますます出にくくなるのと同じで、女の子に声をかけられなくなる地蔵状態が強化されていきます。
(>w< )

また、GWの地方都市は、親子連れの女の子の数がとても多かったです。

最初に声をかけた娘の後ろを歩いていたおばさんがその娘のお母さんで、めっちゃビビりました。
また、友達連れである場合も多く、ソロで歩いてる娘が、ほとんどいませんでした。

駅前の人通りの多い場所は、怖いキャッチのお兄さんが固めており、そこから少し離れると、人通りがガクンと少なくなるという状況・・・

アタックチャンスが少ないこともあって、街をグルグル歩いてばかりで、不毛な時が過ぎて行きました。
( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

そんなわけで、二時間でたったの4人にしか声をかけらないという結果になりました。まーさんは、一度、2人組の娘にコンビで声をかけたのですが、会話に入って来れず、ソロでも声をかけられずに終わってしまいました。

地方都市、意外と手ごわいです。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:13| Comment(6) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。