2008年05月14日

心を開くと相手も開く

久しぶりに池袋で女子大生を連れ出しした夏目です|・ω・)ノ

今回は、何と二回目の声かけでいきなり成功してしまい驚きました。
合流していた凄腕ナンパ師の長さんに、
「あの娘、夏目さんのタイプじゃないですか?」
と促されたので、ほいー、と声をかけに行きました。

一度、攻撃決定が下ったら、お国のため、例え機関銃の掃射の中にも飛び込んでいくのがナンパ自爆テロ魂です。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

どうせ、ガンシカ(無視)だろうなぁ、とまったく期待していなかったのですが、なぜか彼女は足を止めて、話を聞く態勢を取ってくれました。
あっ、足止めトークなんて、久しぶりだ。
(#^.^#)

僕ばかり話して、あまり和めなかったのですが、反応も良いし、「もしよかったら、お茶でもしない?」と誘うと、OKというお返事。ちょうど近くにミスタードーナッツがあったので、そこに入りました。

話を聞いてみると、彼女は今年、大学に入って上京してきたばかりだそうです。地方の娘の方が、擦れていなくていいですね。
ただ、最初は、あまりトークが盛り上がりませんでした。僕の方から話題を振って場を持たせようとしましたが、彼女は積極的に話してくれようとせず、やや警戒しているような素振り・・・
(・_・。)) マイッタナァ

今までの経験から言って、このままでは打ち解けるとこもできず、番ゲしたところで、次にも繋がらないと直感しました。そこで、今回とんでもない暴挙に出ました。

「引かないでもらいたいのだけど、実は、僕はひきこもりから脱出するためにはナンパするのが一番だと考えて、ナンパしているんだよね」

と、ぶっちゃけました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ひきこもりだったことも、ナンパしていることも話してしまったのです!
こんなぶっちゃけ自爆テロを行ったのは、人生で初めてです。
なぜ、こんな暴挙に出たかというと、今回、合流した凄腕ナンパ師の長さんが、

「俺はナンパする時、『実は、俺、ナンパしに来たのだけど、この街で一番いいスポットはどこか知っている?』『これで声をかけるのは50人目だよ』とか、言います」

と話してくれたのを聞いたからです。
また、他の上級ナンパ師からも女の子とホテルに行ったら「俺、変態だから」とぶっちゃけると、グダを崩せるし、写真も撮らせてもらえるという話を聞きました。

最近、悟ったのですけど、表面を取りつくろって格好つけても逆効果になるだけなんですよね。

恥ずかしいと思って、自分の欠点や都合の悪いことを隠そう隠そうとする姿は格好悪いだけです。また、本心を隠して人と接していると、本当の意味で仲良くなるのは難しいのじゃないかと思います。
ウーム (; _ _ )/

長さんなどは、常にオープンな態度で人と接しているので、女性だけでなく男性にも好かれると思います。欠点を隠そうとしたり、自分を大きく見せて自慢したり、他人を見下そうとするような意識がまったくなく、自然体でポジティブに人との交流を楽しんでいるのです。
だから、一緒にいてこちらも緊張することなくリラックスして付き合えます。

ある女性が言っていたのですが、本当の意味でやさしい人は必ずモテるそうです。
やさしいというのは、他人に好かれたくて他人の奴隷になっていたり、ビクビクと周りの評価を気にして評価を高めるために行動するのとは違うそうです。
世の中の善い人がモテないのは、ほとんどの場合、これを勘違いしているからなのだとか・・・

噂によると凄腕のナンパ師の中には意外と人格的に成熟した人が多く、男女問わず好かれることが多いようです。これは彼らがナンパの達人というだけでなく、人間関係の達人だからではないか? と思います。

という訳で、僕にとって、もっとも都合の悪いことをぶっちゃけてみたのですが・・・

「それはすごいですね! 実は私も高校時代、不登校だったんです」

と、彼女は引くどころか興味を持ってくれ、自分の過去の話もしてくれました。
\(^ ^)/ バンザーイ

こちらが心を開くと、相手も心を開いてくれるのですね。

おそらく、こういうトークをするとセークスすることはできなくなると思いますが、信頼関係を築けるので友達を作りやすいと思います。
長さんも、セークスすることを第一の目的にしておらず、人脈を増やして楽しく過ごす中で、もしセークスするような流れになったら、するそうです。

そういう関係作りの方が、即や準即の数にこだわってギラギラするより、建設的かもしれませんね。

ちなみに彼女には「ひきこもりナンパブログ」のことを教えたので、後ほどメールが来て、「ブログ読みました、おもしろいですね」と褒められました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ただ、ぶっちゃけすぎて、
「25歳までファーストフードの店に入ったことがなかったので、最初はロッテリアでどう注文して良いのか、わからなかったよ」
と、ひきこもり自慢すると、ちょっと引いていました^^;

言わなくて良いことまでは、言わない方が良いですね。
( 〃..)ノ ハンセイ

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:19| Comment(26) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

初準即しました

ひきこもりがストリートナンパした女性とセークスするという人類初の偉業?を成し遂げた夏目です|・ω・)ノ

お相手は、先月の日記で書いた、ストーカー被害に会っていると主張していた、ちょっとおかしい感じの女性です。その後、彼女はあきらめたのか、あまりメールしてこなくなりました。

「そんなに心配することはないですよ。チャンスがあるなら、やってしまった方が良いです」

というナンパ仲間からのアドバイスもあり、このまま終わるのは惜しいと感じました。そこで、再びコンタクトを取り、向こうから会いに来て欲しいと誘われたので、これ幸いと会いに行きました。
一時間ばかりお茶したのですが、彼女は前半、相変わらず、自分の話ばかりに終始して、あまりおもしろくなかったです。
(ー.ー") ンーー

適当に話を聞いて満足させた後、こちらの話もすると聞いてくれたので、コミュニケーションが成立。ふむー、おかしい女だと先入観で決めつけていましたが、それは精神安定剤として使われていたからで、心が落ち着けば、ふつうに会話ができるのだと思いました。
その後、「もー嫌われて、これっきりになっていてもいいや」と思っていたので、超ストレートに

「このあと、ホテルに行って休まない?」と誘いました。

彼女は、昨晩、またまたストーカー被害にあって不眠だったらしく、それなら休みに行こうという形で提案しました。最初は、目を見開いて、ものすごくびっくりした様子でしたが、はっきりノーと主張せず、「寝に行くだけなの?」とか質問してきたので、「そうそう」と言って、連れ出しました。
((((o゚▽゚)o))) ドキドキ

しかし、ここは彼女に誘われてやってきた土地勘の無い街だったので、ホテルを探すのに一苦労。仕方ないので、彼女に案内してもらいました。その上、お正月休みだったせいで、どこも混んでいて、2、3時間くらい休憩だけさせてくれるところが見つからず、泊まりで入りました。

そのホテルに決めるまで、2つもホテルを梯子したので、彼女が心変わりを起こさないかとヒヤヒヤものでした。

ホテルの部屋に入ると、彼女は隅っこでモジモジしていて、「私、上のベットを使うね」と、二段ベットの上を指さしました。ここで純情ラブコメのごとく、「うん、そうだね・・・」なんて、展開にする訳にはいかず、「●●を抱きたいんだ」とストレートに言って、ベットに連れ込みました。

後は、特に障害もなく、最後まですんなり行けました。
\(^ ^)/

ナンパで素人女性とセークスすることは、妄想の彼方のギャルゲー世界にしか存在しない見果てぬ夢でしたが、いざ実現する段階になると、思いの他、心は冷静でした。おそらく、それほど彼女に対して魅力を感じておらず、嫌われてもいいや、と思っていたからかもしれません。

女性はよく「誠実な男性が好き」と言いますが、実際に必要なのは、ただホテルに誘う勇気と行動力、無神経さだけかもしれません。誠実な男性は「ただのいい人ね」で終わってしまうのが、この世界の理・・・

ならば、今まで信奉してきた道徳や倫理とはなんだったのか。

女を愛せば、愛される。誠実に向き合えば、誠実に接してくれるというのは、ただの幻想でしかなく、無神経に女を求め方がうまくいくという現実。

今回の行為に、愛などという高尚なものは無く、素人童貞という差別階級からの脱出が目的でした。

宴会の席の男同士の猥談で「お前、初体験はいつだったの?」「俺はちょっと遅くて23歳の時でさー」といった話がされた時、話を振られることを恐れて、ただ隅で縮こまっていることしかできなかった、過ぎ去りし日々があります。
その輪に加わり、「俺はナンパした女とヤッタのが初めてだったな」「うわー、すげぇ」「まじかよ」と羨望の目で見られることを望み、その夢を叶えんと欲して、絶望的な戦いへと身を投じてきました。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

その夢を矮小と蔑むことができる人間は幸せです。

差別階級にいる人間の痛み、劣等感とは無縁なのだから。
弱者にカテゴリーされる者は、弱者だからという理由で、魂に焼き鏝を当てられるようないじめを受けるという現実を知らないのだから。

しかし、そんな見果てぬ夢を叶えても、思っていたような感動はなく、予定調和のごとく終わってしまいました。まだ初めてキスした時の方が、感動しましたね。

次は、愛のあるセークスがしたいです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

●追記
最初、息子さんの元気がなくて、挿入できずに焦りました。
いざとなると、やっぱり緊張して普段のパワーが出せないようです。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:50| Comment(46) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ぬぼーとした女子大生を連れ出し

女の子とのアポの前に、ナンパして連れ出しに成功した夏目です|・ω・)ノ やぁ♪
と、言うと、なんて遊び人の野獣なの! 女の敵、敵ー! という感じですが、両方とも次に繋がらなそうなので、女の味方(?)です。
(;´Д`)

アポの前というのは、とても緊張します。

番ゲしただけで別れた女の子とアポする時は、相手の顔も覚えていなければ、性格もわかりません。
「やばい、どんな娘が来るのかな? 変な娘じゃなければ良いなぁ」と不安になります。
それはナンパした側が心配するところだろ! というツッコミが入りそうですが、あまり知らない人と話すのは、やっぱりストレスなのです。
うまく話せるか? 次に繋がるか? ドタキャンされないか? という数々の不安が重なり、アポの直前というのは、精神的にかなりの重圧がかかります。
( ̄O ̄;)

内気超人が、いきなり女の子と二人っきりになって、うまく話せる訳がないのです。
そこで、アポの前にナンパすることによって、精神状態をナンパ師モードに移行させ、女の子と話すための準備をします。

ナンパできる奴が内気な訳ないと思われるかもしれませんが、心身を共にベストな状態にさせておかないと、地は筋金入りの内気人間なので、ホントに困るのです。

今回、連れ出した娘は、ぬぼーとしたスローな雰囲気を持つ18歳の女子大生でした。
どことなく動作がワンテンポ遅れているような感じで、唇が荒れていたのが印象的でした。
お茶しない? と誘うと、いいよ、と言うのでビックリしました。
もう、ホント、ダメもとでナンパしているので、たまにうまくいくと、ビビります。
(°m°;) アレマッ!

マックに連れ出して、話をしたのですが、内気なのか警戒しているのか、あまりしゃべってくれません。
ぎらつくための下準備のために恋話をしようと思って、話題を振ると・・・

「もうすぐクリスマスだね。●●ちゃんは、クリスマスは彼氏と過ごすの?」
「・・・彼氏いません」
「そうなんだ。今まで、付き合ってきた人とは、クリスマスにどこに行ったの?」
「・・・彼氏とクリスマスにどこかに行ったことがないです」
「そうなの? 付き合ったことってないの?」
「・・・高校時代に一度あります」
「彼とは、クリスマス一緒に過ごさなかったの?」
「・・・受験生だったので、忙しくてぜんぜん会いませんでした」
そ、それって付き合っていると言えるのか?(  ゚ ▽ ゚ ;)

「彼のこと好きだった?」
「あんまり好きじゃなかったですけど、付き合って欲しいと言われたんで」
なんじゃ、そりゃ・・・( ̄◇ ̄;) ハゥー

というわけで、恋話をしようにも取りつく島もありませんでした。
どうやら、彼女は恋愛にあまり興味がないらしく、友達ともあまり恋話をしないそうです。
しかし、好きでもない人と付き合ったということから、他人に流されやすい、押しに弱い娘なんだと思います。
そこで、押せば行けるかと思って、この後、カラオケに連れ出そうとしました。

「●●ちゃんは、カラオケとか好き?」
「いえ、あんまり行きません」
この娘の性格からすると、たぶんカラオケとかあまり行かないだろうなぁと、思ったのですが、案の定でした。
しかし、ここで退くわけにはいきません。

「これから、一緒にカラオケに行ってみない?」
しばらくの沈黙の後。
「・・・行きません」
Σ( ̄□ ̄;)

粘ってみても
「・・・私、ぜんぜん歌えませんよ」
「知らない人とカラオケに二人で行くのはちょっと・・・」
と、頑なに拒否するので、番ゲだけして別れました。

その日にメールすると、なんと二日経ってから返信が来ました。
これはナンパした中では、最高に遅いファーストメール返信記録です。
返事もスローでした。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

メールで「●●ちゃんは、聞き上手な感じだね」と褒めたところ、聞き上手なんかじゃなくて、ただ単に警戒していたので、あまり話せなかったという内容でした。
多分、死に番になりそうな線が濃厚です。

その後、夜にアポの約束をしていた23歳の保母さんと食事に行ったのですが・・・
長くなったので、詳細は、後日、お話します。
(^ _ ^)/~~

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:52| Comment(7) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

1日3番ゲ達成

一昨日、ストリートナンパで1日3番ゲできました。
ヽ(*´Д`*)ノ

今までの最高記録は2番ゲだったので、快挙と言えます。
結局、全部、死に番でしたけどね(;´Д`)

今回、変更した点が2つあります。
一つは、3万ばかりした新しいコートを買ったこと。
もう一つは、トークをタメ語から丁寧語の誠実系にしたことです。

ナンパ師の間でたびたび聞くのが、ファンションや髪型を変えたら、反応が良くなった、悪くなったといったことです。

一般的にナンパではお兄系が良いとされています。
ちょっと怖そうなチャライ兄ちゃんファンションです。
これはナンパに付いて来やすい人種であるギャルやお姉系に受けが良いからです。

ただ、お兄系はキャッチやスカウトと間違われやすいので、ガンシカ(無視)されやすいという欠点もあるようです。
ウーム (; _ _ )/

実際に、お兄系の似合うイケメン風の初級ナンパ師は、「キャッチと間違えられるので、よくガンシカされます。キャッチじゃないよと言って、誤解が解けないと立ち止まってくれません」と苦労している様子でした。

また、服装はその人のキャラによって合う合わないがあるので、ナンパ師の誰もがお兄系という訳ではありません。お兄系にして反応が悪かったのでやめたという人もいます。

祐樹さんというオタクから上級ナンパ師になったことで有名な方は、ファンションに関して、かなり研究したそうです。女性の意見を採り入れたのに、うまくいかなかったことも多く、最終的に、オシャレの上手な結果を出しているナンパ師にどんな服が似合うかアドバイスしてもらって、服装を改造するのが一番という結論に達したそうです。
また、実際に新しい服を着てみて、ナンパでの反応を試し、反応が悪化したことがわかったら、変えるということを繰り返しており、未だに研究を続けているそうです。
なので、めっちゃオシャレです。

服装は、その人に一番合ったモノというのが存在しているようです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

黒いジャンバーの時は、反応が悪いのに、青いジャンバーの時は、反応が良い、ということを話してくれたナンパ師もいます。

これはナンパをやっていて痛感することなのですが、女性は第一印象で、直感的に相手の男を判断します。この直感の基準が何なのかは、おそらく言語化、理論化するのが難しい部分だと思います。
( ̄~ ̄;) ウーン

高い服を着れば良い、イケメンなら成功するという傾向はもちろんあるのですが、それ以外の要素も複雑に絡まっています。

例えば、最近、アイズさん(僕の師匠)の弟子の中に、どもりながらしゃべるナンパ上級者がいるという噂を聞きました。彼は、それが地らしく、男と話すときも、どもってしまうそうです。
しかし、それがナンパされる女性側から見ると、勇気を出して一生懸命にアタックしていると評価されることもあるそうで、一定層の女性からの反応が、すこぶる良いそうです。

不思議なことにナンパでは、ビギナーズラックが良くあります。

僕も、生まれて初めてのナンパで連れ出しにいきなり成功してしまい、それがきっかけで、ナンパ師の世界に入りました。
(・ω・)/

ナンパに慣れた初級レベルより、初心者の時の方が成功しやすかったりするのですね。これは初級レベルで悪戦苦闘している多くのナンパ師が口を揃えて言っています。
おそらく、ナンパに慣れると、女性から見て、いつもナンパしている遊び人に思えてしまうのでしょう。しかし、初心者のころの不器用ナンパであれば、本当に一目惚れしてしまったから、勇気を出して声をかけたという説得力が生まれるのだと推測します。

残念ながら、ナンパに慣れてしまうと、初心者の頃の不器用な声のかけ方が、まずできなくなります。演技しても、白々しくなるだけです。
そのため、地でどもってしまう人とというのは、演技しなくても初心者のビギナーズラック現象を引き起こせるという訳です。
(無論、ナンパ上級者である以上、これ以外の技やルックス、経験も合わさっているでしょう)

こういう話を聞くと、ナンパというのは奥が深いなぁと、思います。
(゜▽゜;) オドロキー

僕も、いろんなナンパ師やネット上の情報から、ナンパではタメ口で話すのが良いと教わり、これを信じていたのですが、試しに丁寧語で声をかけてみたら、20人に声をかけて3人から番ゲという結果になって驚きました。

たまたま運が良かったのかもしれませんが、自分にとっては、誠実系ナンパの方が、女性に与える印象が良いのかもしれません。
(以前、誠実系で結果がでなくなって、普通のナンパに移ったので、検証の必要有りですが)

ナンパには共通して使えるノウハウの他に、個人によって異なる最適なやり方があり、時にこれがナンパの常識とされている事と異なる場合もあるのでしょう。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:36| Comment(12) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

アポしてきました

昨日、学園祭で連れ出しに成功した女の子とアポしてきました|・ω・)ノ やぁ♪
アポの前は、いつもながら、すごーく緊張しまする。

女の子と会う時間が近づいてくるにつれ、あーもう大丈夫だろうか、うまく対応できるだろうか、次に繋げることができるだろうか、と不安になり、あーだこうだ悩みます。
(;´Д`)

もうすでに何人もの女の子とデートしてきた経験があるのに、敵を前にして逃げ出したくなるような緊張に囚われます。いっそ、彼女が現れなければ楽なのになぁ、とさえ思います。

しかし、会えば何とかなるもので、会話に詰まることもなく、今回は楽しいアポができました。
(^o^)ゞ

待ち合わせ場所に五分前に行くと、すでに彼女は、ベンチに座って待っていました。
アポの時間に遅れてくる女が大半ですので、これは良い手応えだと思いました。
彼女は地味そうな容姿をしている娘だったので、会うのは二週間ぶりでしたが、すぐにわかり、「こんにちは」と声をかけると笑顔で答えてくれました。

二人でダッキーダックという店に入ってケーキを食べたのですが、聞けば彼女は何とも真面目な娘でした。なんと大学の学費を出すために週に5日、アルバイトをしているというのです。
( ゚Д゚) ス、スゲー!

学校が終わったらすぐにバイトに直行。終わるのはいつも9時頃らしく、その後、家に帰って勉強するという、まさに学生の鏡みたいな生活です。女子大生というと遊び歩いているような娘ばかりをイメージしていましたが、こういう娘もいるのですね。

話してみると、彼女はインドア派で、漫画やゲーム、ネットが好きだそうです。
その上、猫などの動物も好きだそうで、僕と話が合いました。
(*'▽'*)わぁ♪

僕は、どうも遊び歩いているような娘やスレた娘より、こういう地味で多少不器量でも、まじめな娘の方がタイプです。

で、今回、『即効「魅惑術」』で勉強した、親密度を上げるテクニック、恋心を作り出すテクニックというのを試してみました。

まず、子供時代の話をすると、相手の心の防壁が低くなる。そこで恋話をして、好きだった人のことイメージしてもらい・・・(中略)。
ということだったので、彼女が動物好きだったことを利用して、

「昔、小学生の頃、兎を飼っていたことがあったんだ。裏の山に兎がいて、たまたま弱っていた兎をみんなで捕まえたんだ」
と昔話を切り出し、
「そういえば初恋も小学五年生の頃だったな。あのころは好きな娘と話すコトなんて、ぜんぜんできなかった。すごくドキドキして緊張しちゃってね。●●ちゃんは、初恋の時、どうだった? やっぱりドキドキした?」

というように話を展開しました。
ただ、初めてだったため、うまくできなかった部分もあり、本に書いてあるような効果があったかは微妙です。
( ̄Д ̄;)ぬぅっ

また、彼女は、彼氏がいたことがないらしく、高校時代も片思いで終わったそうです。現在の大学も男女共学だけれども、男の子と交流するようなことはほとんどなく、男友達もいないようです。
ここで驚いたのが、「昔好きだった高校時代の先輩の結婚式に呼んでもらったら、心からお祝いしてあげたいです」という発言でした。

「好きだった人には、やっぱり幸せになってもらいたいですから」

な、なんという、ええ娘じゃ。
ジーン(´・ω・`*)感激・・・

ナンパしていて、メディアとかで流される若い娘の情報って、実態にそぐわないコトが多いなぁと感じるようになりました。大学までに処女を捨てるのが普通などという変な情報もありますが、19歳や20歳くらいで、恋愛経験無し、男と付き合ったコトが無いという娘にもチラホラ会います。

男でも女でも、まじめな人って、想像以上に多いのではないでしょうか?

彼女とは話が合い、二時間近くも話し込みました。
6時を過ぎ遅くなってきたので、今回は、お茶だけで解散。
手も握らず、口説くこともせず、完全にいい人アポです。

いい人アポはいけないのがナンパの常識ですが、どのようにして出会ったのか? また相手の女の子の性格、タイプによって、こちらの行動を変えた方が良いと最近、悟りました。

当たり前かもしれませんけどね(;´Д`)

彼女は、とにかくバイトと勉強が忙しいらしく、遊んでいる暇が無いようなので、今後アポるのは難しいかもしれませんが、デートは好反応だったので、結果を急がず、長い目で見ながら、付き合って行きたいと思います。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 12:11| Comment(9) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ナンパで仲良くなった女の子

ナンパでは、一度アポしただけで音信不通になるのが通常のパターンでしたが、一人例外が現れました。
[壁]・_・)ノ やぁ♪

以前話した彼氏と冷戦中の女の子です。
6月に連れ出しに成功して、今まで合計で4回デートしているアポ継続・最高記録を樹立しています。

この娘はすでに二十代後半で、彼氏がいる上に恋愛経験が豊富なようだったので、すぐに振られるだろうと思って期待していませんでした。
(´△`)↓

また、資格を取るために専門学校に通っているので、お金が無いらしく、奢ってくれるなら会っても良いと言われていました。そこで、こちらもタカリ女であることを警戒し、なんと2回目のアポまで「100円マックなら奢ってあげるよ。( ゚∀゚)ノ」と提案して会っていました。

すると、3回目の時点で、
「夏目さんって面白い方ですね。そんなに100円マックが好きなんですか?(笑) 私は100円程度しか払う価値が無い女なのかと、悲しくなります。もしかして、私が男にたかるような女だと警戒しているの?」
と、静かな怒りに満ちた文面のメールが来て、ビビリました。が、ちょっと考えて、

「ごめんね。友達とは良くマック行くから、●●ちゃんもそんな感じで誘っていました。●●ちゃんは、彼氏がいるから、こちらも女として見る気はなかったのだけど、もしその気があるなら、居酒屋でも良いですよ」
と返信しました。

『100円程度しか払う価値が無い女』というフレーズを読んで、おそらく女として見て欲しいという意識があるのだと推測して、勝負に出たのです。すると居酒屋はダメだけど、レストランで食事なら良いよ、ということで食事に行きました。
ヽ(*´Д`*)ノ

ここでさっさと席に着いたら「女性は先に奥の席に座らせるのがマナーなの!」と怒られ、ありゃまー、いきなり失敗の気分。
(´Д`ι)アセアセ

しかし、会話自体はすごく良く弾んで、意気投合。僕が、自衛隊を辞めて、好きなことを仕事にして自由に生きているのを評価してくれた感じです。
その後、彼女の方から、「この後、ドトールでお茶しませんか?」と誘われ、結局4時間近くも話し込みました。その中で、彼女は過去にナンパ師をやっつけたことがあることを語り、ビビリました。

「以前、ナンパしてきた男は、なんと妻子持ちなのに『嫁は嫁、彼女は彼女で別』と言ってきたのよ。この言葉に内心キレて、地獄に叩き落すことに決めたの。それで高価な3万円くらいするバックを買わせてから、音信不通にしてやったわ」
ゾォーーーΣ(゜д゜)ーーーン
やっぱり、ナンパした女の子に貢ぐものではないと再確認。

「たぶん、それがその男の手だったのでしょうね。最初に遊びで付き合うんだと宣言して、主導権を握るつもりだったのだと思うわ。それを堂々として男らしいと評価する女もいるでしょうけど、私はムカついたので懲らしめてやることにしたの」

ふむー。どうも話を聞いて、僕がマックばかり誘って、ぎらつかず、ナンパ師らしくない行動を取ったのが彼女的には好感触だったらしいです。

「僕はナンパできるけど、口説くのは下手な不器用星人だよ?」
と話すと、えー信じられない、そんな人いるの? と言っていました。確かに奥手なナンパ師って変ですよね。実在するんですけど。
(;´ー`)ノ

そして、先日、ダッキーダックで、また食事して、3時間くらい話し込みました。彼女とは相性が良いのか、ときどき批判めいたことを言われるけど、話自体は弾みました。最後に彼女の方から、今度は二人で居酒屋に行こうと誘われたので、次のアポも確実にできると思います。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

女の子と二人で居酒屋に行ったのは、まだ一回きりだったので、僕的にはかなりポイント高いです。

ナンパ師の手口としては、居酒屋に行ってからホテルが黄金パターンですが、この娘は変にぎらつくと逆効果になるような気もしますし、こちらもこの娘とは積極的にセークスする気になれないので、相手が誘ってこない限り、ぎらつかないでおこうと思います。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 09:54| Comment(21) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

原点復帰でコンビ成功

昔、昔・・・と言っても、今年の二月くらいまで東京の自由が丘でナンパしていた夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪

その後、池袋や横浜の方がナンパスポットとして適しているとの情報を聞き、そちらに活動拠点を移しました。自由が丘は、迷惑なキャッチもおらず、のんびりした雰囲気で、女の子の反応は良いのですが、いかせんターゲット数が少ないのがネックです。
東京の街ですが、地方都市と同じような特徴を持った場所ですね。

しかし、我が胸を去来するのは、ナンパ原初の地たる自由が丘の風景・・・
麗しの君と睦言を交わしながら(?)甘いスイーツを食べたりした青春のころ・・・
ああ、トレビアン自由が丘!


とっ、ノスタルジックな気分に浸り、すっかり脳内で自由が丘が美化されてしまい、久しぶりにここでナンパすることにしました。
ヽ(´▽`)ノ"

今回は、ナンパ歴10年のベテラン凄腕ナンパ師・長さんに合流申請をして、一緒にナンパしました。
しかし、3時に集合と決めたところ、お互いがそれぞれ遅れてしまい、結局落ち合ったのは3時半。しかも長さんは、仕事の都合で5時には池袋に行かなくてはならないことが判明!
ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

これは忙しいということで、ガンガンナンパする必要がありました。
最初はソロで声かけをしていたのですが、ターゲット数が少ないのと、久しぶりの地だったためか、地蔵気味になってしまい、20分ほどやって、二人にしか声をかけられないという始末・・・

「じゃあ、コンビでナンパしてみますか? 夏目さんが声かけてみてください。うまくいかないようだったら、僕がフォローしますので」

という長さんの申し出で、コンビナンパすることにしました。(^○^)/
凄腕とコンビをするのは、トークや態度、ナンパの流れのコツが勉強できる貴重な機会です。
なにより心強いので、さっそく暇そうな女子大生二人組みに声をかけてました。

「こんにちわ。二人でスイーツでも食べに来たの?」

すると、予想に反して、その一言でピタと足を止めてくれて、ビックリしました。
彼女らは見た目は、かなりお洒落な美人コンビだったのですが、なんと今までナンパはされたことが無かったらしく、とまどった笑顔を浮かべていました。
このような奥手そうな娘は、連れ出すのが難しいのですが、はっきりノーとも言わず、こちらの言葉に一応返事をしてくれました。しかし、積極的にトークに乗ってくることもなく、ややぎこちない硬い態度を取っていました。

ここは師匠、よろしくお願いします!
と、長さんに頼る・・・もとい、師匠の出方を見ることにしました。
[壁]_☆)キュピーン

「ビックリ、二人ともすごい清純な子だね」
長さんは、そのように相手を褒めるところか入りました。
その後、しばらく、どこに行く予定だったのかなど、当たり障りの無い会話をし、

「普段、スタバとドトール、どちらを使うことが多い?」
「スタバですね。ドトールはバイトしているところなんで・・・」
「なるほどね。バイトしている職場にはプライベートでは行きたくないよね。じゃあ、スタバに行こう」

と、まるでスタバに行くのが当然のような感じで、やや強引に押しました。すると、二人娘は、顔を見合わせた後、笑顔を浮かべて「じゃあ」と言って付いてきました。

おおっ、このような微妙な反応をする娘は、僕ならお手上げになってしまうところですが、さすがです。
(」゜ロ゜)」 ナント

しかし、せっかく入ったスタバが、ほぼ満席で、せかっく飲み物を注文したものの四人で座れる席がなかったのですね。なんというアンラッキー!

僕としては、いつも連れ出しの場面では、席について落ちつくまで、女の子の気が変わって帰ってしまうのじゃないかとビクビクします。
アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

しかし、師匠はこのような修羅場をすでにいくつも潜り抜けているのか、動揺した素振りも見せずに、まず二人で座れる席を探して女の子たちにあてがいました。その後、僕を連れて他の席を探しに行き、ちょうど空いた席を見つけて、テーブルを合わせて4人テーブルを作ってしました。

長さんが、まったく動じる素振りを見せずに堂々と行動してくれたおかげで、僕も安心していられましたし、それは女の子も同じだったと思います。
ε-(´▽`) ホッ

その後、一時間ほど彼女らと会話しました。彼女らは、やはり奥手なタイプのようで、あまり積極的に話題に乗ってくることが無く、残念ながらいまいち会話が盛り上がりませんでした。
長さんは途中で帰ってしまい、僕だけになって話題も乏しくなったので、二人から番ゲして、お開きにしました。

その後、両方にメールしましたが、残念ながら返信は無し。
一週間後ほどに、また電話でも入れてみようと思います。( ̄○ ̄)/

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:15| Comment(5) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

花火大会で即キス

終わり行く夏の風物詩、花火・・・
今回は夏をしのぶという意味も込めて、花火大会でナンパしてきました[壁]・_・)ノ やぁ♪
花火大会は、かなり反応の良いナンパスポットだと聞いていたので、今年最後のチャンスとばかりに、ぜひ挑戦したかったのです。

花火大会やお祭りには一人で来ている娘が、まずいません。みんな友達か彼氏、親子で花火を見に来ています。そこで、こちらも仲間とコンビを組む必要がありました。

そこで、数名のナンパ仲間に「恋愛格差を生み出す恋愛至上主義に正義の鉄槌を下すべく、奴らの牙城たる花火大会にて自爆テロを行う。同志は決起されたし」と決起を促す檄文・・・合流申請をしたのですが、花火大会の会場が神奈川の片田舎だったため交通の便が悪く、結局、TKさんという方しか集まりませんでした。
(つД`)

しかも、TKさんは、当日、電車が遅れてしまったとかで一時間の遅刻 ヾ(°∇°*) オイオイ

花火大会は、花火の打ち上げ前の段階が一番のアタックチャンスです。みんな花火が上がれば、そちらに注目してしまうし、終われば帰ってしまいます。また、「一緒に花火を見ようよ」という連れ出しの大義名分と、花火大会ならではのアドバンテージも失われてしまいます。なので、合流してから、急いで声をかける必要がありました。

TKさんは、まだ初心者でナンパするにはためらいがあったようですが、「遅刻した分を取りかえさんかい、こらー!」という感じで引っ張っていき、ナンパしました。
(っ`Д´)っ・

花火大会という共通の目的があるので、声かけは比較的、楽でした。
「こんばんわ。二人で花火大会来たの?」
というような声かけを二人組みの女の子を見かけたらしていきました。

ただ、田舎だったためか、ここでは中高生、おばさんの姿が多く、なかなか女子大生くらいのターゲットになりうる娘が少なかったです。
また、女子大生以上の娘は、彼氏連れである場合も多かったですね。


そんなこんなで、数はあまり撃てなかったのですが、声をかけを始めて五組くらいで、早くも連れ出しに成功しました。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ

この二人は、一人の娘がためらいがちであり、もう一人の娘と「どうする? どうする?」と相談していたので、期待薄かなと感じたのですが、お祭りという場の雰囲気もあって、一緒に焼き鳥を食べようという話になりました。
相手は、外見が高校生くらいに見えたで、TKさんはためらっていたのですが、話してみたら大学一年生であることが判明。

ただ、残念ながら、会話がぜんぜん盛り上がりませんでしたね。
(_ _lll)

がんばって話題を振るのですが、相手の女の子たちは、明らかに遊び慣れていない感じで、始終緊張したような固い態度を取っていました。そのため、会話のキャッチボールが続かず、時々気まずい沈黙が・・・

TKさんは初心者だし、僕の方もコンビで連れ出した経験があまりなかったので、四人でトークを回すことがうまくできませんでした。そのため、せっかく連れ出したというのにぜんぜん楽しめない状況に・・・
僕は焼き鳥の屋台で順番待ちをしている間に、一人の娘から番ゲできたのですが、TKさんの方は、番ゲを切り出さずに終わりました。どうやら、あまり両方ともタイプじゃなかったようです。

その後、焼き鳥を食べているところに、彼女たちの友達がやってきて、きゃいきゃい騒ぎ始め、僕たちは完全に蚊帳の外・・・
ガ━━(´・ω・|||)━━ン

ただ突っ立っていてもつまらないので、別のターゲットを探そうということで、彼女らと別れました。
しかし、すでに花火が上がっていたので、ほとんどの娘は空に注目しており、話しかけづらい雰囲気でした。これはまずいということで、花火が終わるまで待つことにしました。

そこに偶然、クレープを食べながら一人で歩いている浴衣姿の女の子を発見!

花火大会で一人でいる娘というのは有り得ないので、これは大チャンス! さっそく声をかけました。
すると、あまり嫌がることなく話しに乗ってきてくれました。V(^-^) ヤッタ♪

と、いってもノリが良いような娘ではなく、大人しく真面目そうな娘でした。たぶん、自己主張が弱く、他人に流されやすいタイプだと思います。彼女は親と一緒に来ているけど、今は一人で行動しているのだそうです。

直感で、押せばいけると思ったので、「一緒に花火を見ようよ」と誘うと、ためらいながも「・・・はい」と返事したので、手を繋いで花火の見やすい場所に移動しました。最近、相手の空気が読めるようになったのか、ボディタッチしてもOKな娘というのがわかってきました。

花火を見ている間に、彼女の肩に手を回すと、嫌がる素振りを見せなかったので、肩を抱いたまま、花火を二人で見ました。花火が終わったあと、連絡先を聞き出そうとしたのですが、携帯を持っていないということで拒否。
たぶん、嘘でしょうけどね。(´△`)↓

ただ、花火を二人で見ていい雰囲気になっていたので、「キスしよう」と迫りました。
すると、ノーという返事も嫌がる態度も見せず、そのまま唇を寄せて呆気なくキスできてしまいました。


実は、風俗以外でマウス・トゥ・マウスのキスをしたのは、初めてだったので、えらい驚きました
26年間生きてきて、はじめてキスができたよ。\(*T▽T*)/ワーイ

もし、親と一緒に来ていなければ、そのまま連れ出してセークスまでできたかもしれません。
今考えると、それが残念です。
その後、一人でたこ焼きを食べていたTKさんと合流して帰りました。

今回、キスまで行けたのは、おそらく花火大会という特殊な環境の雰囲気による能力補正があったためだと思います。女の子たちの反応も良かったので、花火大会はホントにオススメですね。

ちなみ番ゲした娘は死に番でした。
話が盛り上がらなかったのだから、仕方ないですね。ヾ(_ _。)

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 12:16| Comment(12) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

完ソロで番ゲ成功(* ´∀`)

最近、ナンパの実力が上がってきたと実感する夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪
昨日は、完ソロ(仲間と合流せず一人でナンパ)で番ゲができました。

本当は、コウくんという見習いナンパ師さんと合流する予定だったのですが、残念ながら彼は急なバイトが入ってしまい、来れなくなってしまいました Σ(´Д`;) うあ゙

仕方ないので完ソロ決行!

実を言うと、僕は誰かと合流して、ワイワイやりながらナンパするのが好きなので、完ソロでやることが少ないです。そのため、久しぶりの完ソロには、それなりの心理的抵抗がありました。

しかし、一人が怖いなどと言っていては、ナンパ師としてもひきこもりとしても二流です。(_ _lll)

まして、いついかなる環境下でもナンパという困難な任務を遂行できる最強のナンパ兵士を生み出し、階層の固定化が進む恋愛格差社会を根底から覆すことが、我々、憂国の士たるナンパ自爆テロリストの理想です。
( ̄ー ̄)ニヤリ

このためには、平然と、まるでコンビニに買い物に行くような感覚で完ソロができるようにならなくてはなりません。

しかし、実際にやってみると、完ソロは精神的な疲労が強く、まだまだ長くは続けられなかったです。

最初の3人くらいまでは、心をナンパ師モードの戦闘態勢に移行するためのならし運転。とにかく、うまくトークするより、声をかけることの方を重視です。
今回は、一時間ほどやって、14人に声をかけました。
ほとんど、ガンシカ(無視)でしたが、反応の良い娘が3人いて、そのうちの1人から番ゲできました。

この番ゲできた娘は、なぜかとても食いつきが良くて驚きました。
ドギマギ、あたふたした態度を取ってくれ、非常に初々しい(* ´∀`)
女子大生ということですが、おそらく恋愛の経験があんまりないのでしょうね。

ナンパだと冷たい態度を取られるのが当たり前なのですが、彼女は露骨にうれしそうな感じだったので、逆に狐につままれたような気持ちになりました。
これくらい反応の良い娘は、そうそういないので、絶対に連れ出せると思ったのですが、これから外せない用事があるとかで、連れ出しは拒否されました。ヾ(_ _。)

しかし、帰りにメールをすると速攻で返信が来て、簡単にアポが取れました。
といっても今週末は相手の都合が悪く、僕もお盆休みは実家に帰る予定なので、再来週にデートする約束をしました。約10日後のアポなので、何度かメールメンテナスをして印象が薄くならないように工夫する必要がありそうです。

でもメールはあまり送りすぎると、うざいと感じられるようなので、途中一回、前日に確認メールを一回だけという計二回ほどにしておこうかと思いますが、どうでしょうか?

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 08:50| Comment(14) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

天然お嬢様とリベンジマッチ 

あの娘は止めとけと、いろんな人に言われましたが、かわいいのでまたアポを取ってしまった夏目です。
[壁]・_・)ノ やぁ♪

前回の戦いの記録はこちら。
最強の敵、天然お嬢様と交戦(>_<)

お嬢様から、食事は回っていないお寿司かフレンチじゃないと嫌だと、わがままを言われましたが、後日メールが来て、パスタかオムレツが好きなので、どちらかを食べに行きたいとのコト・・・

ちょうど女友達からダッキーダックというイタリアンパスタのお店がオススメだという情報を得ていたので、またこの店を利用することにしました。(^○^)/

お嬢様の家庭は父親が厳格で、夜の9時が門限ということなので、ちょっと早めの6時に駅で会う約束をしました。この門限があるためにホテルに連れ込むのは難しいと悩んでいたのですが、黒ウサギさんという凄腕ナンパ師の方に相談すると、この門限はまず嘘に違いないとのこと。

前回、抱きしめて胸を触るところまで行ったので、今回の作戦目標は、最低でもキスをすること、可能であればホテルまで行くことに定め、決死の覚悟で戦場に向かいました。
敬礼 (−−)>>

しかし、彼女は前回同様、待ち合わせ場所に、なかなか現れません。おのれ! 焦らそうとする宮本武蔵作戦か!? それともすっぽかしか!? と、ヤキモキしていましたが、約15分後に登場。ε-(´▽`) ホッ

今回、ゆっくり一時間半ほど、食事しながら会話しました。
彼女はやっぱり家が相当お金持ちらしいですね。
車が好きで、カローラレビンを乗り回しているらしいです。都内で自動車をわざわざ使うのは、経済的に非効率ですが、これで海に行ったり、峠に行ったりするそうです。走り屋漫画のイニシャルDが好きらしく、僕もこの漫画の舞台が故郷なので、話が合いました。

ただ、軽い娘なのかと思いましたが、意外とガードが固く、彼氏を作るときは、何回もデートを重ねてから決めるそうです。その人の人間性をよく見極めてからじゃないと、エッチなどもしたくないようですね。

正直、僕は彼女に対して、性欲は持っていますが、あまり恋愛感情は感じていないので、長期交際を考えるとなると、いろいろ困った問題がおきています。

実は、今回、なかなかぎらつく機会が持てなく、最後の別れ際にやや強引にほっぺたにキスしました。その時、彼女の本音を聞いたのですが、

「私、彼氏にするなら、お洒落な人が好きなんです。今回、夏目さんはプレゼントも用意してくれなかったじゃないですか? 前に告白された彼は、財布を忘れたと言って席を立ったと思ったら、実は花束を用意していて、それを渡してくれたの。そいう演出に私、弱いんです」

「メールも、ぜんぜんくれないし。本気なら、もっとメールくれるんじゃないですか?」


彼女は、かなりメンテナンスに手間がかかる娘だとわかりました。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

一人でいるのに耐え切れず、誰かと遊んだり、会話してないと、ウサギみたいに寂しくて死んじゃうタイプのようです。
前に彼氏が仕事で疲れていて、ぜんぜん構ってくれなかった時に、怒って別れるということがあったそうです。メールすると、必ず返信をくれるので、妙に食いつきが良いなと思っていたのですが、おそらく人と繋がりたいという欲求が人一倍強いのでしょうね。

また、家がお金持ちなためか、付き合ってきた男性も経済的に恵まれていた人ばかりだったらしく、要求の水準が高いです。食事を奢るだけでも大変なのにプレゼントまで要求されるとなると、きついですね。身につけているいかにも高価そうなブレスレッドや時計なども、彼氏に買ってもらったそうです。

んでも、ルックスだけはかわいい娘なので、性懲りも無く、次のアポの約束をしてしまいました。
アホです。
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

今度は、僕の友達と、この娘の友達も呼んで4人で合コンみたいに、居酒屋で飲むことに・・・
類は友を呼ぶということで、友達を見れば、その人の人間性がわかるそうです。また、もし友達がいっぱいいるなら、そこから新たな出会いを芋ずる式で探していけると思うので、もう少し、この娘と付き合ってみようと思います^^;

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:23| Comment(13) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

最強の敵、天然お嬢様と交戦(>_<)

世界は広いぜよ。
オラ、すげー奴らばっかりで、なんかワクワクすっぞ! という気分になっている夏目です ・_・)ノやぁ♪
妙にメールでの食いつきのよい、パーフェクト美人女子大生と昨日、アポしてきました。

この娘は、ホント、外見だけは今まで出会ってきた女の子の中でトップに立つ、アイドルと言っても良いくらいのルックスでした。でも、中身はかなり特殊というか天然悪女でした。(;´Д`)

電車に乗り遅れたとかで、約束の2時より遅れてきた彼女は、身につけている服装、アクセサリーが、どれも明らかに値の張るであろうものばかりでした。特にネックレスが、いかにも高そうで、ハート型のシルバーの台座に小さなダイヤモンドみたいな石が詰まっていました。バックもブランドとかよくわかりませんが、いかにも高級そうな輝きを放っていました。
(*゚□゚*)ぎょぉぉ!

ルックスに投資しているお金と努力は、たぶん相当なものでしょうね。
メイクや髪型、ネイルアートもかなり凝っていて、さながら完全武装。
ここまで気合の入った格好をしてくる女の子は、アポした中では初めてです。

んで、こやつがどう天然悪女なのかと申しますと・・・
「私、男性と二ヶ月以上付き合ったことってないんです」
「なんか、飽きて、私の方から振っちゃいます。その後に未練とか、思い出すことってないですね」
「それでいつも彼氏から、お前のわがままにはもう付き合えないとか言われるの。なんか最後にいつも怒られるのだけど、どうしてかな?」


マジですか!? 
て、ふつう、デートしている男の前でカミングアウトする言葉ではありません。
Σ( ̄ロ ̄lll)

そんなことを言われた日には、例え僕でもちょっと引きますよ?
これはもしかして、暗に脈なしであることを伝えているのかな、と思いました。

しかし、「彼女とかいるんですか?」「年下とか好きですか?」と、こちらに気のあるような素振りの質問をしてくるのですね。
どうも年上で、がっしりした体つきの男性が好きなようで、それ以外の男はアウトオブ眼中らしいです。
防衛大学の学生とかにあこがれるとか・・・
なるほど、年上で元自衛官であるところに惹かれたわけですか( ^ ^ )Y

喫茶店で一時間ばかりトークした後、カラオケに行きました。
カラオケではもちろん、ぎらつくのが目的です。

夏目一等兵は人生初のカラオケぎらつき突撃を敢行したであります!
敬礼 (−−)>>

うまい口説き文句が思い浮かばなかったので、隣に座って、とりあえず背中に手を回して抱きしめてみました。前回、手つなぎと肩を抱くところまでいったので、おそらく大丈夫かな? と思ったのです。

「えー、カラオケに集中しましょうよ」
「カラオケとかで、抱きついたりするものなのですか?」
と、軽く嫌がる素振り。

それ以上、うまくぎらつけなくて、いったん離れました。
それで、一曲歌った後に、また彼女の腰に手を回して抱きしめ、「キスしようか?」とガンガン攻めました。
しかし、彼女はカラオケの方が歌いたいそうで、また彼氏などともあまりベタベタするのが好きじゃないらしく、胸まで触れましたが、それ以上は拒否 ><

「もう、しつこいのは嫌いですよ」
と言われて、スゴスゴ引き下がりました。
もっと、うまいぎらつき方のできる凄腕なら、ゲットできたかもしれません。

今回は、おっぱいを触れたので、そこで満足することにします。
風俗に行って触るより、なぜか数倍気持ちよかったです
( ̄Γ ̄) は・鼻血が〜〜

果敢に攻めることができましたが、おそらく言葉でうまく口説くことができなかったのが、敗因だと思います。その後は、ボディタッチはすることができず、帰りに手を繋ぐことも拒否されました。

彼女は夜から映画館のバイトに行くということで、カラオケを三時間した後、駅まで送りました。そして、次のアポの約束を取り付けようと、
「今度は、飯でも食べに行ってみない?」と誘うと、

「私はフランス料理か、回っていないお寿司がいいなぁ」
なんと、そんなセリフを真顔で言い放ちました。
(゜ロ゜) ヒョオォォ

ちょっと、待てー・・・この格差社会とワーキングプアが問題になっているご時世に、フランス料理かお寿司だと! ホテル代なら払ってあげても良いが、恋人でもない奴に、そんな高い食い物を奢れるか!?

この娘は、デートでは男が奢るのが当たり前と思っているらしく、これはもう紛れもないたかり発言です。しかも、冗談で言ってる素振りじゃありません。

「えー、居酒屋とかじゃダメ? パスタとかのイタリア料理なら、俺も好きだから食べたいけど」
「居酒屋とか嫌だ。フレンチか、お寿司じゃなきゃ嫌だな」

まさか、ドラマか漫画以外で、こんなセリフが聞けるとは・・・
どこのわがままお嬢様だ
 Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

「そんなら、多少、お金出してよ」
「えー」

そんなやり取りをして、アポの約束はしないで分かれました。
すると、分かれた直後、5分もしない間に

『今日は楽しかったです! シフト表調べて、日曜日バイトが入っていなかったら、ご飯食べ行きたいです』

とメールが来ました。
分かれた後、その日のうちに合計で3通のメールが来て、微妙に喰いつかれている感じ・・・しかし、どうも、ただの金蔓にされた上に、飽きられたら一方的に「別れましょう」と言われる線が濃厚です。

また、べたべたされるのは嫌だと、ボディタッチは、途中から頑なに拒否されているので、次からは、触ることもできないかなぁ、と思います。ぎらついてみた感触から、正式に恋人関係にならない限り、いや例えなったとしてもセックスするのは難しいような気がします。
ヾ( ̄▽ ̄;)カンベンしてよぉー

なんか抜けているところもあるけれど、おそらく自分の美しさの価値というのを良く分かっていて、うまく男をコントロールして、金蔓にしているような気がしました。

思わせぶりな態度やメールでの食いつきも、好意からではなく、そういった計算の上にやっているのではないか? と思います。美人から気のある態度を取られるのは、貴重な経験ですけどね。

どちらにせよ、今回の相手は、恋愛のスキルでは僕よりはるかに高いところにいると思います。ちょっと、今のレベルでは太刀打ちできないですね。主導権を向こうに握られてしまった感じです。

また、カラオケに行った際に、歌手などの話題を振られたのですけど、ぜんぜん分かりませんでした(*゜ロ°)ノ
歌は今年の3月までアニソンしか知らず、急遽いろいろ覚えたので、本音では、流行の歌とか、まったく興味がありません。

女の子と共通の話題が作れないと困るので、この点も要、反省です ヾ(_ _。)ハンセイ

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:45| Comment(16) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

即系なのかな?

先週の金曜日に番ゲした女の子と、明日デートするアポが取れました ・_・)ノやぁ♪

この娘は今まで会ってきたタイプとは違った不思議な娘でした。
現在、女子大生だそうだけど、グラビアに載りそうなえらい美人でした。
顔、スタイル、胸、すべてがパーフェクト(* ´∀`)

やばい、絶対にナンパは無理だろうなぁ、と思ったのですけど、やってみたら、あっさり番ゲ。
(」゜ロ゜)」 ナント

しゃべってみてビックリしたのですが、なんとも警戒心がゆるかったです。ほんわかした雰囲気を発散しており、失礼ながら頭の中に軽くお花畑が咲いている感じ。

これから帰るということで、番ゲした後、駅まで送りました。
話しながら、なんとなくこれは行けそうだなぁ、と直感したので、
果敢に手を繋ぐと、拒否されずにOK。最後は肩まで抱けました。

・・・い、いかん、( ̄Γ ̄) は・鼻血が〜〜

隊長! 我が大隊始まって以来の戦果であります。
敬礼 (−−)>>

本当は連れ出ししたかったのだけど、門限が21時ということで、そこまではできませんでした。

帰りにメールすると、その日のうちに絵文字をいっぱい散りばめたメールが来ました。
しかも、今までの女の子と違って、こちらに興味があるのか、
「お仕事されているのにスーツ着なくて良いのですか?」などという質問をしてきます。

次の日に質問の答えを返すと、
「お仕事お疲れ様。今、サッカー見ています。夏目さんは、どんなスポーツが好き?」
と、また即日に返信が・・・

今までこちらが質問をすることはあっても、質問をされることはあんまりなかったので、驚きました。そんなやり取りを毎日続けて、木曜日にアポすることが決まりました。

隊長! これってもしかして、喰いつかれている状態なのでしょうか? 
初年兵はわからないであります!

しかし、隊長、自分は怖いであります。
なんかこの娘、自分にだけ特別というより、すべての人に対して、こんな風に接しそうです。
もしかして、さびしいのかな? とも感じます。
それが怖いであります。(; _ _ )/ウーム

もしかして、隊長? これが世に言う即系の女の子なのでしょうか?
とりあえず、アポ時は喫茶店に行ってから、カラオケに連れ出してギラついてみようと愚考するであります!

敬礼 (−−)>>

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 16:05| Comment(12) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

雨上がり、完ソロで番ゲに成功。

今週は、ずっと雨が降ったり止んだりの悪天候が続いていたので、ナンパに出られず・・・アウトドア派なひきこもりの夏目はずっとパソコンの前に座ってたぜフゥハハハーハァー・・・ハゥ・・
悪天候はひきこもりを助長させますね(;´Д`)

昨日は、ようやく雨の降らない日となり、5日ぶりにナンパしてきました(=°-°)ノ ドモデス
でも、期間が開いた上に完ソロだっためか、いまいちテンションが上がらず街に出て30分くらい地蔵になっているというヘタレっぷりを発揮してしまいました。

その後、ぽつぽつと声をかけていきましたが、テンションが低いので、いつも以上に滑舌が悪く、うまくトークできません。
しかし、そんな状態の中、なぜか5人目くらいの女の子から番ゲ成功。

なんか最近、調子が良いようです。(^へ^)v

彼女は、ナンパされたのは初めてだということで、「こういうことにはあんまり慣れてなくて」と恥ずかしがっていました。初々しいです(#^_^#)ぽっ

後で、年を聞いたら、一つ年上でしたけどね。
27歳でも、こんなウブな人がいるんですね。

しかし、「いつもこんなふうに街で声をかけているのですか?」
と確信を突いた手痛い質問も浴びせられました。


アップ系ナンパに変えてから、ナンパに成功した相手にいつもこの質問をされています。
やっぱり女性としては気になるのかな?
フハハハ、でも、ちゃんと対応を練ってあるのじゃ!

「いや、こんなこと普段はやらないよ。だって、知らない女の子に声をかけるなんて怖いしね」

セリフの後半部分は真実なので、演技っぽくならずにすんでいると思います。
知らない女の子に声をかけるのは、何をされるかわからないし超怖いです。\(〇_o)/コワイヨー

「そうですね」
と彼女は、あっさり納得。
でも、アップ系ナンパをやっている時点で、ナンパ師だってバレバレかもしれませんけどね。(;´Д`)

それでも、「俺、ナンパ師だよ」とカミングアウトするより「キミだから声をかけた」と言ったほうが、印象が良いはずです。遊ばれたいと思う女の子は、たぶんいないでしょうしね。

彼女は、この後、美容院に行く予定があるらしく、連れ出しトークはせずに分かれました。この日はテンションがかなり落ちていたので、うまくトークできる自信がなかったのもあり、美容院まで送ることもしませんでした。

その後、メールしましたが、一日経っても返信は無し。
たぶん、今回は死に番の線が濃厚です。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:46| Comment(7) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

大人しいタイプの娘を連れ出しに成功

台風が来ていた時期は、なぜか絶好調だった夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪

池袋で友達と飲み会をすることになり、せっかくだからナンパもしてきました。この時は、運悪く台風四号が上陸しており、強めの雨が降っていました。

雨が降ろうが槍が降ろうが、お国のために命をかけて戦うのが真の兵士ですが、ナンパという戦場においては、天候の悪さは圧倒的不利な条件として働きます。人通りは少なくなり、女の子のテンションは落ち、傘はていの良い防壁となり、玉砕覚悟の突撃がごとごとく犬死となってしまうのです(´△⊂)

でも、池袋は駅構内やサンシャインの中でナンパすることができるので、雨の日でも大丈夫ですε-(´▽`) ホッ

しかし、実際に行ってみたら、休日であったためか、駅構内は、ものすごい人口密度で、ナンパしにくい状況にありました。そこで、最初は、ストリートでナンパしていたのですが、反応が最悪で、ほとんどガンシカ(無視)でした。

やっぱり雨の日は、反応が悪くなる傾向があるようです。

仕方ないので、最後の砦とも言うべきサンシャインの中に移動。
ここの地下は飲食店街と、ブティックやアクセサリーなどの商店施設があり、若い女性客がわんさかいます。

この中で、声をかけること約20人。
今回は、運良く連れ出しに成功できました!

彼女は、小柄で非常に大人しい感じの娘でした。
まるで、ウサギのような小動物を思わせる雰囲気で、服装も地味。
話しかけると、一応笑顔を見せてくれましたが、明らかに無理をしている作り笑顔。

このような奥手そうな娘は、連れ出しするのは難しい傾向があるので、ダメだろうなと思いました。案の定、最初はあまり乗り気じゃない態度を見せていました。

しかし、

「30分だけでもいいから、一緒にお茶しようよ」
と誘うと、
「・・・30分だけなら良いですよ」
という返事(」゜ロ゜)」 ナント

アップ系ナンパで、こんな大人しそうな娘からOKがもらえたのは初めてだったので、ビックリ仰天しました。反応が微妙でも、とりあえず粘ってみることも大切かもしれないな、と思いました。

2人で、近くのマクドナルドに入って、お茶。
ちなみに今回も手を繋ごうの一言が言えなくて、手つなぎは断念(´△⊂)。

最近、チキンになっています。

話を聞くと、彼女は23歳で埼玉で介護の仕事をしているらしいです。
介護の仕事とは偉いなぁ。
30分だけという約束でしたが、政治家の公約のごとくそんなことは忘れて一時間ばかり話し込みました。

話を聞くと、男性と付き合ったのは一回だけだそうで、聞けば聞くほど、まじめで奥手そうな雰囲気。
口説けませんΣ( ̄ロ ̄lll)
でも、なんとか口説きたい。ぎらついてみたいと思い、連絡先を交換し、別れる段階になって、

「会っていきなりだけど、一目ぼれしちゃったんだ。俺と付き合ってくれない?」
「抱きしめたいのだけど良い?」

と迫ったところ、最初は笑顔だったけど、かなり嫌がる素振り。
後でメールしたところ、

「私のことを魅力的だと言ってくれてうれしいです。でも、最後に抱きしめようとしたのは嫌でした。相手の気持ちを考えていないなと思ってしまいました」
とのお返事Σ( ̄ロ ̄lll)

うーん、おそらく段階を踏まずに無理に迫ってしまったのが、いけなかったのでしょうね。
ヾ(_ _。)ハンセイ

まだ、うまい口説きの流れというのがつかめていません。
一応、食事に誘いましたが、都合が悪いとのコト。
今後、アポが取れる可能性は低そうです;;

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:39| Comment(11) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

台風の中、アポしてきました。

この前、飲み会の席で「夏目さんは、なんのためにナンパをしているの?」と尋ねられ「それは愛のため」と答えて爆笑された夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪

いや、かなり本気なんですけどね(;´Д`)
いままで本気で愛し愛されるということを経験したことが無いので、愛というものを知りたいのです。

結婚は「顔と金の交換」とも言われますが、このような打算を超越した本物の愛とは、存在するものなのか? この探求に二十代の時間を捧げたいと考えておるので、ございます。

というわけで、この前ナンパした女の子とデートの約束ができたので、行って来ました(ノ^∇^)/

この娘は、たった2、3分しか話さずに番ゲして分かれたので、まさかアポに繋がるとは思わず、ビックリでした。しかも、当日、運悪く台風四号のせいで強烈な雨が降っていたので、もしかすると、ドタキャンやすっぽかしをされるかもなぁ、とあまり期待していませんでした。

また、実を言うと、今回のアポはそんな乗り気ではありませんでした。
台風が来ていたせいもありますが、相手の顔も満足に覚えておらず、性格もさっぱりわからないので、
「知らない女の子と2人っきりになるなんて怖いなぁ。何されるかわからないし・・・」
という、実にひきこもり的、ふつう逆じゃないの?的な不安が脳裏を去来しビビッていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

しかし、これも愛のため。ひいてはお国のため。憂国の士としての使命を思い出し、死なばもろともとばかりに戦場に赴くにことにしました。

午後二時に駅の改札付近で待ち合わせしたのですが、時間になっても彼女は現れず、そわそわしていました。女の子が待ち合わせに遅れてくるのは、一種の礼儀作法みたいなものだと心得ているので構わないのですが、さすがに十分経過すると、不安が大きくなります。
こちらは、相手の顔を良く覚えていないので、もしかすると、すでに来ているのに気づいていないのかも? と考え、待ち合わせしている様子の女の子にそれとなく近づいて反応をうかがったりしました。

ふーむ、イカンですね(;゜Д゜)

すると、携帯に彼女からメールが入りました。
どうやら、駅構内の別の場所で待っていたようです。
慌てて、そちらに移動して合流ε-(´▽`) ホッ

2人で近くのモスバーガーに行くことにしました。
移動する間、本当は彼女と手を繋ぎたかったのだけど、言い出せずに断念ヾ(_ _。)

せっかくデートできたのに、出だしで不快感を与えてはいけないと、チキンな慎重さが発揮されてしまいました。

話をすると、同い年であることがわかりました。すると、彼女は
「同い年ですか? じゃ、タメ口でいいよね」
と、フレンドリーな口調に変更Σ( ̄ロ ̄lll)

どうやら、ハキハキものをしゃべる元気の良い女の子らしいです。
僕としては、人見知りするせいもあって、こういう自己主張の強い女性は苦手で、ビビリでした。

その後、彼女は3時から英会話教室に行くということで、話をできたのは、30分くらいでした。この間、沈黙することはなかったのですが、どうにも話が盛り上がらず、口説くコトもできませんでした。

うむー、トークの切れがイマイチな結果だったと思います。

彼女はお酒が好きだということで、別れ際に「じゃ、今度、2人で飲もうか?」と誘うと、「機会があったらね」とスルー。女性の言う「機会があったらね」は、政治家の「前向きに善処しています」に匹敵するくらい信用できません。

帰りの電車の中でメールを入れると、
「今日はわざわざ雨の中を来てくれてありがとう」
という返事。たぶん社交辞令だと思いますが、心根の良い娘なのだと思います。

僕の場合、アポの時、昼間にお茶や食事に誘うことが多いです。この方が女性としても安心で、アポの確率が良いだろうと考えて、いきなり居酒屋や夜の食事などには誘えません。
ナンパでHしているナンパ師の人たちが、どういった流れで女の子を口説いてホテルまで行っているのか、未だにわかりませんヾ(_ _。)

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:07| Comment(11) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

完ソロで番ゲ

久しぶりに顔を出したNPOで、「ナンパ原理主義者」と呼ばれた夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪

ナンパ原理主義とは、ナンパを続けると、
●ルックスに気を使うので外見が良くなる。
●コミュニケーション能力が身につく。
●度胸、肝が据わる。
●社交性が身につく。
●他人の心情を察する力が高まる。
●成功を通して、自信、自己肯定感が得られる。
●かつ女の子とも遊べる。

と、社会生活に必要なスキル・能力が磨かれ、人間的に成長できる。だから、若いうちはナンパをするべきあるというナンパを人生修行の原点とした危険思想です。(゚д゚lll)

「原理主義」で「自爆テロリスト」って、なんだか、すごく過激派っぽいですね(;゚д゚)

でも、ひきこもりの社会復帰を目指すなら、自衛隊に強制入隊させるより、ナンパの方が効果的だと思いますよ(このあたりが原理主義)。

ところで、昨日、完ソロ(一人でナンパ)で女の子の連絡先をゲットできました。

約一ヶ月ぶりの成果ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆
しかも完ソロで、アップ系ナンパにしての成果とは、我ら革命の獅子にとっては、記念すべき日になりました。

駅構内で見つけた女の子に声をかけたら、最初はあまり反応が良くなかったのですが、なぜか話を聞く姿勢を取ってくれ、とんとん拍子に番ゲできました。

ただ、これから駅前の英会話教室に行くとかで、話ができたのは、その英会話教室に行くまでのほんの2、3分でした。ぜんぜん、お互いのことを話す時間も無く、まったく和めもしなかったので、なぜ連絡先を教えてくれたのか、謎です(・vv・)ハニャ?

こういったパターンの場合、たいてい死に番になることが多く、案の定、英会話教室が終わる時間に合わせてメールしたのだけど、返信は無し(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

一日経っても何の音沙汰も無いので、死に番決定ですね。

また、この前アポできた彼氏と喧嘩している女の子に、「今日も町田に行くから、また食事でもしながら話さない?」とメールしたところ・・・

「今日も町田でナンパですか? がんばってください。今日は忙しいので無理です」

という返事が来ました。
一応、誠実系ナンパで連れ出した相手なのですが、ナンパ師だって、バレバレだったようです。ヾ(_ _。)

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 14:36| Comment(14) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ぱくそんうんをナンパ

梅雨に入ったせいで、週末は天気が悪いことを知った夏目です( ̄_ ̄|||)どよ〜ん
おのれー、週末は連続でナンパに行こうと思っていたのに……
でも、日曜日は必ず出撃しようと思います。( ゚∀゚)ノ
雨が降ろうが槍が降ろうが、敵陣めがけて突撃する。それがナンパ自爆テロ魂。

さて、先週の話ですが、『ぱくそんうん』という中国人の女の子をナンパして、連絡先を聞き出しました。
o( ^_^ )o らっきー♪

東京だと、このようなアジア系の外国人の女の子も結構います。
外見は日本人とまったく変わらないので、声をかけてみるまで、わかりません。

片言の日本語で、
「私、日本語、うまく話せません」
と日本人もビックリの相手を傷つけないように配慮した、軽い拒絶のジャブを浴びせられて、初めて素性がわかります。

日本語、うまく話せませんって……あなた、十分日本語を理解して、話してるでしょうが!?
Σ( ̄ロ ̄lll)

今年の二月に台湾人の留学生をナンパした時は、相手がすごくノリが良くて、簡単にお茶することをOKしてくれたので、外国人の女の子はみんなフレンドリーで、誘いやすいのかと思っていました。

でも、実際は、そうでもありませんね。
多少ガードが緩い傾向があるかもしれませんが、シャイな娘や警戒心の強い娘もそれなりに多く、ふつうに拒否されます。


しかし、今回のぱくそんうんは、運が良かったのか、すぐに立ち止まってくれてトークできました。

「いつもこんなコト、しているんですか?」
という彼女に

「きれいだなと思ったから、勇気を持って声かけたんです」
「キミに一目ぼれしたの。アイラブユー」

のっけから攻め攻めの大攻勢!
というのも、ぱくそんうんは、これから友達と飲み会があるとかで忙しいらしく、じっくりトークする暇がなかったからです。

「そんなの有り得ないじゃないですか!?」
と、笑顔を見せる彼女に、
「人生には有り得ないことも起こるの!」
適当なことを言って、じゃあ連絡先を教えて、と切り出しました。

すると、ぱくそんうんはメールアドレスだけなら、教えても良いということで、メルアドゲット。
\( ^o^ )/ ヤ ッター♪

時間が無いらしく、彼女はこちらの携帯にメルアドを打ち込んだ後、慌てて走り去って行きました。

その後、帰りの電車の中で、こちらの日記、
●告白メールが成功
で使用した告白メールをさっそく、ぱくそんうんに送りました。

一度、成功した方法は、また成功するのじゃないかと、使っちゃうのですね。
すると、すぐに返信が来ました。

「今、友達とパーティしているよ。夏目さんも来る? なにかおいしいもの買ってきて」
とのこと。

しかし、残念なことにすでに帰りの電車に乗ってしまっている!
ぐおー、なんたることだ! 千載一遇の女だらけのパーティが・・・(妄想)。
でも、いまさら引き返すと、おそらく到着するのは一時間後くらいになってしまうでしょう。リスクが高いと判断し、

「ごめん、今夜は無理。明日、一緒に食事に行こう。ぱくそんうんのこと好きだから」
と、メールをすると・・・

それっきり、音信不通になりました(TOT) ダー
もう、なにを送っても返ってきません。


ちょっと、最初から攻めすぎたかも知れませんね。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:49| Comment(3) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

東大生をナンパ

東大生をナンパするために、先月、東大の学園祭に行ってきました(^-^)V イエー

人生の勝ち組のレールが約束された東大生を、ひきこもりが落とすという前代未聞の大逆襲!
これぞ革命、これぞテロ!


「日本の最高学府は我々が占拠した! 
総員ただちに武装を解除し・・・怒らないで指示に従ってください(;´д`) 」
と、弱気な声明を心の中で発表。
まあ、最近では東大を出ても、将来は安泰じゃないみたいですけどね。( ̄口 ̄;;

学園祭には、2人組みで来ている女の子が多かったので、最初は仲間とペアを組んでコンビナンパをしていたのですが、コンビは一人でやるより難しいです。相手を分断して一対一の対話に持ち込むのが、コンビナンパのセオリーなのですが、こちらの会話がぜんぜん弾まないのに、相棒の方が盛り上がっていたりすると、凹みますね(´□`川)ゝヵ゛-ン

これぞ、ナンパの光と影!

連絡先の交換を切り出して断られたりすると、「おい、やばいよ。相棒はあんなに調子良さそうなのに・・・もはや前線を維持できません! 早くここから離脱の許可を!」みたいな感じで、話題が続かなくなって気まずいです。Σ( ̄ロ ̄lll)

そこで、途中から一人でナンパしました。
と、言っても、屋台で買い物していたら、仲間とはぐれたのがきっかけですけどね・・・
「(≧ロ≦) アイヤー

以前、学園祭に一人でナンパに行って成功した経験があったので、今回も同じ方法を使いました。
( ̄ー ̄)ニヤリ

「こんにちは、ここの学生さんですか? 今回初めて来てみたけれど、盛大な学園祭ですね」
「実は、今回友達と来る予定だったのだけど、財布を忘れたなんて連絡が来て、今、一人で回っているんですよ」
「よかったら、一緒に見て回りませんか?」


このような声かけを一人でいる女の子を見つけたらしていきます。
何度か失敗を繰り返したのですが、5.6人目くらいで成功しました!
運が良いですV(^-^) ヤッタ♪

彼女は、ゆかりさん(仮名)といって、背の低い小柄な女性でした。
白衣を着て実験しているか、図書館で静かに本を読んでいるのが似合いそうな、まじめそうな外見。
ちなみに眼鏡っ子です。話を聞いたら、東大工学部の三年生でした。

「私、これからお世話になっている教授のいる工学部の出し物を見に行くのですけど、一緒に行きませんか?」
と言われ、二つ返事で承諾しましたヽ(^◇^*)/ ワーイ

やった! 今回の作戦目標である東大生をナンパに成功♪

工学部の出し物は、電気や光を利用した実験で、なぜかポケモンのピカチュウのイラストが実験装置に描いてありました。
「どうしてピカチュウなの?」
と尋ねると、
「子供を呼び込むためなんですけど・・・子供が来てくれません」
とのこと。なんか、東大生に親近感が持てました(^u^)プププ

ゆかりさんとは話が弾んで、
「ナンパされたのって、初めてです」
「そんなふうに褒められたのも初めて!」
と喜ばれました。

しかし、彼女はピアノの演奏会に参加するということで、残念、一時間ほどで別れました (>_<)

「また会いたい、今度、食事に行こう」と誘い、メールアドレスを聞き出すことに成功。
最後にゆかりさんの方から握手を求められ、手を握って別れました。
女の子の方から手を握られたのは、あんまり経験がないので、ドビックリです。(」゜ロ゜)」

気の合いそうな女性で、できるなら恋人は無理でも友達になりたかったのですけど、後日、本気でキミに一目惚れしたとメールすると、

「ナンパされたのも一目惚れされたのも初めてで、ビックリです!」
「気持ちはとてもうれしいけれど、ごめんなさい」

とのこと(T_T)

学校がメチャクチャ忙しいみたいですね。
彼女にとっては、この出会いは一期一会のアバンチュールだったみたいです。
o( _ _ )o ショボーン

学園祭ナンパの成果は、1連れ出し、3番ゲ、2ブーメランでした。

ちなみに連絡先を交換しても、どれもアポには繋がらず終いでした。
最近、アポがなかなか取れないです。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 12:04| Comment(7) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ナンパした相手に恋の応援をされる

前回、魔都『新宿』にて、ナンパに成功したと話しましたが、これには一つ秘密があります。( ゚∀゚)ノ

実は、同じ新宿でも場所が良かったのです。

もし、歌舞伎町で同じことをしていたら、無視やもっとひどい反応の連続、運が悪いと怖いお兄さんに目を付けられて「おう、兄ちゃん、ワシらのシマで何やっとるんじゃ?」と絡まれていたかもしれません。Σ(っ゚Д゚;)っヒッ

僕の思うナンパに適した場所の条件は、
1.ナンパをしていて人にぶつからない程度に人通りの多い場所。
2.平行トークしやすい、道幅の広い場所。
3.うるさい騒音の少ない、会話しやすい場所。
4.キャッチセールスやライバルのナンパ師がいない、落ち着いた雰囲気の場所。


でしょうか?
このうち、4がかなり重要だと思います。
キャッチセールスや広告の看板などが多い、ざわついた雰囲気の場所で声をかけると、女性は警戒心を持ちやすいです。あっ、にこやかに話しかけてきているけど、商売や宗教の勧誘かなと、思っちゃうのですね。

また、キャッチはナンパ師の天敵です。キャッチの縄張りでナンパしていると、商売の邪魔なので注意されます。彼らの背後には、怖い人たちが控えている可能性が高いので、キャッチのいるところでナンパをやっていると、トラブルになって事務所に連れて行かれ・・・言葉にできないような目に合わされることもあるようです。
((((;´゚Д゚)))アワワワワ

で、偶然、新宿で、上の4つの条件を満たした場所を発見しました。
つばく朗さんが、せっかく新宿に来たのだから、有名な●●を食べたいと言ったのが、きっかけです。
人通りはそこそこなので、キャッチがいないのはわかるのですが、なぜかライバルのナンパ師も誰もいない、非常にナンパに適したポイントでした。

でも、ネットに公開して広まってしまうとライバルが出てきてしまうので、ここでは公開しないことにします。すみません。僕と合流した方には、教えますよ。( ゚∀゚)ノ

その場所でナンパしていると、駅の東口や歌舞伎町とは、やっぱり段違いに女性の反応が良かったです。巧さんは、早々に番ゲに成功、つばく朗さんは、わざと失礼なことを言う実験を繰り返していました。

僕の方は、立ち止めトークできる娘やブーメラン(連絡先を書いた名刺を渡す)ができる娘は、現れたのですが、残念ながら成果には結びつかず、焦っていました。ヽ(≧Д≦;)ノ

しかし、最後の最後でラッキーに見舞われました。
22歳のOLの女性に話しかけたところ
「実は、あのドーナツ屋さんに並ぼうと思っていたのだけど、一人で並ぶのは大変だから、あきらめていたんです。一緒に並びませんか?」
と、誘われてしまいました。

新宿には、行列のできる有名なドーナツ屋さんがあって、多くの人が1時間待ち以上の列を作っています。彼女は、そこに行くつもりだったけど、列を見てあきらめていたらしいのです。

ほいほい、と二つ返事で承諾しました。
列は非常に長くて、おかげで、店の中でお茶した時間も含めて、二時間くらいも濃密なトークができました。
V(^-^) ヤッタ♪

彼女は、多少シャイな性格らしく、最初は名前を教えてくれなかったし、連絡先の交換も断られたのですが、二時間も一緒にいるチャンスに恵まれたので、トークしつつ距離を縮めて、両方、聞きだせました。ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

しかし、一つ下手を打ってしまいました。
口説くためにドーナツを食べながら恋愛トークをしたのですが、その時に

「実は、先月告白した娘がいるんだけど。どうも二回目のデートで失敗したらく、別れ際に次のデートに誘った時、忙しいので無理ですと言われちゃったんだよね。こっちに好意を持っているなら、忙しくても、別の日に会おうとか提案してくるでしょう? だから、もうあきらめて連絡とか取ってないんだ。別の新しい恋を探さないとね」

今はフリーですとアピールしたところ

「そんなことであきらめちゃダメだよ! 好きなら、もっと気持ちをぶつけていかないと。好きって気持ちは、ちゃんと伝わるよ」

と、なぜか、熱烈に応援されてしまうことに・・・

「え? いや、そうかな?」
「そうそう! 私も今、ちょっと気になる人がいるんだけど、その人は、メール欲しい時に連絡してくれたりして、とってもやさしいの。相手を想う気持ちって、ちゃんと伝わると思うよ」
はー、いや、そうですか? Σ( ̄ロ ̄lll)

ナンパして口説こうと思っていた娘に、なぜか終わったと片付けた恋愛の応援をされてしまいました。
なにをやっとるんじゃ・・・


その後、彼女にメールすると返事が返ってきたので、死に番にはならなかったのですが、うまくいっても、お友達路線になりそうな感じです。また失敗か・・・

しかし「気持ちはちゃんと伝わる」とは、ピュアな心を持った娘でした。恋愛は、こちらがいくら好きでも、相手にその気がなければ、ただのありがた迷惑で終わると思うのですが、そういった状況は想定していないのかな?
( ̄〜 ̄;)

と、思いつつも、もしかしたら、それでうまく行くかも、と一縷の望みを抱いてしまい、告白した佐奈ちゃんを電話で再度デートに誘ってみることにしました。

さてさて、それでどうなったかと言うと・・・
それは、また次回、お話したいと思います。(。・_・。)ノバイビー

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 14:59| Comment(4) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

漫画好きのお姉さんをナンパ

最近、ファッションセンスを鍛えるためにファインボーイズなるファッション誌を買って読んでいる夏目です。
(=°-°)ノ ドモデス

以前、お会いしたナンパ師のRTO2さんに「興味が無いかもしれないけれど、ファッション誌を半年は読み続けた方が良いよ」とアドバイスされ、それを実行しています。

自分より腕のある上級者の意見や技などは、片っ端からマネして行っていくつもりです。
取り合えず、トークはそこそこできるようになったので、今度はルックスの向上を目指してがんばっています。

『夏目はまだ自分のルックスのレベルを上げるという面での意識が足りていません』
『まず、ルックスのレベルを上げるということが、ナンパの成功率を上げる近道です』

上の黒文字のテキストは、僕が講習を受けたプロナンパ師・女好きさんの第13回ナンパ講習会記録からの引用です。上級者から見ると、僕のルックスは、まだまだ改善の余地がありまくりなようです。(;´Д`)
なら、ここを改善して、ナンパいっぱい成功させるぞ\(*´∇`*)/ イエィ

さてさて、今回、池袋で26歳の漫画好きのお姉さんを連れ出しに成功しました。この日は、ちょうど雨が降っているナンパには最悪のロケーションだったので、しかたなく最初、サンシャインの地下でナンパしていました。

しかし、15人くらいに声をかけてまったく成果が出ず・・・
( ̄□ ̄|||)

場所を変えようということで、池袋駅の構内に移動。
そこに長身でグラマラスな美人のお姉さんが歩いてきたので、彼女にターゲットロックオンして、すかさず声をかけました。

「すみません。すごいきれいな人だなぁ、と思って声をかけちゃったのですけど」
「はい?」
「きれいな人だから、話してみたいと思ったのです」
「ああ……」
どうも僕の声は聞き取りづらかったらしく、最初に聞き返されてしまいました。(;´Д`)

心理学的に、小さな声は自信なさそうに聞こえるらしいので、これは最初の出だしに失敗したかな? と思って、トークしていると、

「もしかして、お茶したいという事ですか?」
いきなりお姉さんが確信を突いてきました。

「そうです。お茶しませんか? 僕は五時から約束があるので、それまでの間で良いので」
「いいですよ。私も友達との待ち合わせが六時からあるので、それまで暇なんです」

なんと、OK。(」゜ロ゜)」 ナント
向こうから切り出す感じで、とんとん拍子で成功してしまったので、面食らってしまいました。

失敗する方が当たり前なので、たまに成功すると驚いてしまいます。

お姉さんは、コーヒーが飲みたいということで、東口を出てすぐのところにあるコーヒーショップに入って、40分ばかり話しました。

彼女は、なにかほんわかした掴み所の無い雰囲気をした人でした。初対面であるはずなのに、態度に硬さや警戒心が無く、抱擁力を感じさせる人でした。かといって抜けているわけではなく、結構鋭いところもありました。難しい言葉で言うと、『天衣無縫』。
しかし、

「いつもこんなことしているんですか? なんか手馴れてたけど」
と、聞かれた時は、ちょっと焦りました^^;

「慣れているように見えた? そうかなぁ。今日は、●●さんが、すごい美人だったから、思わず声をかけてしまっただけだよ」
このようにはぐらかすと、不思議そうな顔をしていたけど、それ以上、突っ込んできませんでした。

彼女は漫画が好きらしく、漫画の話で盛り上がることができました。
ちょうどマガジンにお互いが好きな漫画あったので、それで意気投合できました。
漫画などのオタク知識も、確実にトークに役立ちます。

その後、話題が途切れたところで、連絡先の交換をしました。
そして、僕の方から、
「じゃ、この後、約束があるから」
と先に席を立ちました。

デートでは、先に別れを切り出した方が、その後の主導権を握りやすくなるらしいので、今回はこのテクニックを試してみました。

その後、メールすると返信が来たので、これはもしかするとアポができるかなぁ、と、ちょっとばかし期待しています。ヽ(゚∀゚)ノっぱ

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 18:51| Comment(4) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。