2008年10月07日

最近、気になった記事

こちらの動画に出てくるハートマン軍曹は世界最高の鬼軍曹です|・ω・)ノ

http://jp.youtube.com/watch?v=ASTkl3HxGt0&feature=related

もし、ハートマン軍曹のナンパ訓練キャンプとかあったら、志願兵として参加したかったであります。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

地蔵になった時は、ハートマン軍曹と、
「口でクソ垂れる前に『こんにちわ』と声をかけろ! いいか目の前でお袋がファックされても笑顔を忘れるなよ! 分かったかウジ虫ども!」
『サー、イエッス、サー!』
というやり取りをしたかったであります。
地蔵になった時は、ハートマン軍曹から叱咤されていると思って、モチベーションを立て直すと良いと思います。


また、こちらの記事が、おもしろいと感じました。
「東大卒ニート/オナニート学科/ぼっち/喪」

大学は「セックスと酒!?」
企業はもはや、学生に学力を求めていない。
合コンをして女を口説く技術を専攻せよ!


企業はコミュニケーション能力の高いリア充を採用したがっているので、大学時代、友達も作らず一生懸命勉強に励んだ者は採用に弾かれ、合コンを専攻した者は生き残っていくという内容です。

「友達なんか作ったら、就職できないと思っていたが…」

こちらの記事を合わせて読むと良くわかります。

大学時代は合コンとナンパに励むのが、社会に出てから必要とされる人材になるための修練であるというのは、一抹の真理であると思います。
(女の子口説き学科・教授『ナンパ師』)

社会に出てからは、恋愛する時間も限られ、職場環境によっては出会いがまったくないということもあるので、大学時代に合コンを専攻しておかないと、彼女いない歴と童貞期間が長引き、心理的な弊害のみならず、社会的にも少子晩婚化といった問題を生み、我が国の国力を衰退させてしまうのです!
(遊び過ぎて単位が取れなくなると、まずいでしょうけどね^^;)
posted by リョウ at 23:08| Comment(7) | ひきこもりナンパとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

本当の勇気とは?

ネット上で「彼女を作るためにはどうしたら良いか?」ということについて書かれたブログの記事を読んだ夏目です|・ω・)ノオヒサシブリ

ブログ主は「出会いがない、だから彼女ができないんだ」と友人に相談します。すると友人は「とにかく女性にアッタクしなければ始まらない、出会いがないなら手伝ってやるから、今からナンパしてでも出会いを作ろう」と助力を申し出ました。

しかし、ブログ主は「ナンパで捕まるような娘は軽くてダメだ、それに相手に迷惑でしょう?」と、それを拒否します。
そんな彼に対して、友人は「だせぇ〜、要は傷つきたくないのだろう? だったら、自分には女の子に話しかける勇気がないんですって、素直に認めて文句言うんじゃねぇよ」とバッサリ一刀両断します。ブログ主はそれがショックで忘れなかったようです。

実は、このブログのコメント欄には「男の勇気はナンパで示すようなものじゃない」という意見もありました。これがちょっと、引っかかったのですね。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

じゃあ、本当の勇気ってなんだろう?
燃え盛る超高層ビルの屋上から、囚われの美女を救出することでしょうか?
重要施設を占拠した凶悪テロリスト集団に一人で立ち向かうことでしょうか?
そんな大それた勇気になんて、発揮する機会なんてないですよね。もし、そんな機会に恵まれても、スタコラ逃げた方が賢いです。というか逃げます。
実は、ナンパを始めたばかりの頃、他のナンパ師と交流するようになって、非常に意外だった点があります。

ナンパ師は、腕の良し悪しに関係なく『地蔵にならずにガンガン声をかけられる人』に一目置くのです。

僕は、スタート当初は、太っていて、ファッションにも興味が無く、外見はアキバ系オタクでした。
そのため、他のナンパ師に会うと、必ずダメ出しされていました。
しかし、意外とみんなナンパの技を教えてくれたり、ファッションについてレクチャーしてくれたりと、親切に協力してくれたのですね。
(ノ゚听)ノびっくり!!

ネット上だと「不細工に人権なし」というようにモテない人を差別する論調がありますが、ナンパ師はことさらモテない人間を差別したりはしません。そんな暇があったら、ナンパした女の子と遊んでいた方が建設的ですからね。
しかし、それを抜きにしても、どうして、みんなこんなに友好的なんだろうなぁ? とずっと疑問に思っていました。
( ・◇・)?



実は、ナンパ師はいい人なのです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆



それに加えて、『地蔵にならずにガンガン声をかける』のが、どれほど難しいか熟知しているのです。僕はこれができたので、親切にしてもらえたのだと思います。
(みなさん、ありがとうm(_ _)m)

世間には偏見がありますが、僕の眼から見ると、この世でもっとも勇気が必要なのは、女の子を口説くことです。

僕は恋愛には二面性があると思うのですね。
心を潤す崇高な行為である面と、子孫を残すための弱肉強食の生存競争という面です。
つまり、女の子を口説くということは、弱肉強食のバトルに参加することを意味します。
なので、弱ければ当然負ける。自分が弱いという事実を突きつけられる。自分の限界を知って、それでもなお戦い続けるのだから、これはもう神風特攻です。
天皇陛下万歳とも思わなければ、やってられません。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 00:53| Comment(9) | ひきこもりナンパとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

恋愛と劣等感について

中年男性の童貞率が40〜44歳で一割強という統計が出ています|・ω・)ノ

『中年童貞 ―少子化時代の恋愛格差―』より引用。

童貞というのは、男性にとって恥ずべき称号なので、見栄で経験済みと答える人が相当数いると予想されることから、実際にはもっとたくさんの人が童貞ではないかとが考えられます。
このことから晩婚化、少子化が深刻化し、非モテという言葉が最近、流行しています。モテないとうのはユーモラスな響きもありますが、実際には非常に辛いことです。自分の価値に自信がなくなり、劣等感に常に苦しめられます。
(×_×#

ただ、モテない人の多くは、モテないのじゃなくて、受身なんじゃないかと思っています。

僕も25歳まで、女性に告白したことも、デートしたこともないというひきこもりでした。しかし、特にそれを問題とは思わず、そのうち結婚できるだろうと根拠なく考え、二次元ワールドに耽溺していました。

しかし、二十代後半になってから、「あ、このままじゃ、一生、デートも、キスも、セックスも恋人もできないぞ」と気づき、自爆をする覚悟でナンパを始めることにしました。

すると、一年半ほどの活動で、セックスすることができ、今月は四人の女子大生とデートしてきました。努力すれば、KY星人・童貞オタひきこもりでも、なんとかなるものですね。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

「彼女いない歴=年齢」、あるいは童貞であっても、何も行動を起こさない人は「そこに興味がない人」であって、厳密に言えば「モテない」のとは違うと思うのです。

女の子から、いきなり「好き」とか「デートして」と言われるのを待ち続け、それが叶わないから非モテであると自虐し、自分の容姿を嘆いてみたり、内面に問題があると思い詰めたりするのは、不毛なことだと思います。

僕の知り合いに即ができない月は無い、月に最高で6人の女の子とナンパでセックスできたという上級ナンパ師がいるのですが、その人が、
「いや、俺なんか凄腕に比べたら、全然モテないから、死ぬほど努力するしかないんですよ」
と、語っていたのが印象的でした。

彼は背も高く、ルックスも良いイケメンで、トーク力もずば抜けていたのですが、その人ですら、自分から行動起こさなければ、ゲットはできないのが、実情のようです。
(ー.ー") ンーー

ただ、じゃあ勇気を出して女の子を誘ってみろと言っても、そんな簡単にはできません。

好きな相手、気に入った娘から拒絶されるのは、恐ろしいことです。
ガク((( ;゚Д゚)))ブル

それは自分の男性としての価値を否定されたに等しい。下手をすると、存在そのものを無意味なものと断罪されたかのように錯覚さえします。仲良くなった娘から、いきなり振られれば、こんなに想っているのに、なぜわかってくれないのだ! という苦しみに身を引き裂かれます。
なので、恋愛を放棄してしまうのも、致し方ないことだと思います。

また、例えナンパ師になって、童貞を捨てたり、毎月、違う娘とデートできるようになっても、劣等感というのは常に消えません。女の子の反応に一喜一憂し、他のナンパ師との結果の差に悩み、常に心が乾いているような渇望感が襲ってきます。
~(>_<。)\

ちょうど、ひきこもりが、死ぬほど努力してバイトを始めてフリーターになったら、今度は正社員と自分を比べて、悩んでいるような状態です。
女性と縁が無くても劣等感で苦しい、毎月違う娘とデートできるようになっても劣等感で苦しい・・・

恋愛というのは、人生最大の喜びであると同時に、人を苦しめる呪いのようなものだと思います。

劣等感を感じずに恋愛を楽しめたら、最高なんですけどね。
( ̄。 ̄)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:49| Comment(13) | ひきこもりナンパとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

ナンパ自爆テロ

「若者よ、セックスを嫌うな 自信喪失男と潔癖すぎる女」(『アエラ』2004年5月3日号、編集部・内山洋紀)の記事で、

「若者の性行動は二極化しています。恋人の他にセックスフレンドを持つような活発な人がいる一方で、とても消極的な人も増えているのです」

ということが紹介されています。
テレビでは、援助交際だ、できちゃった結婚だと、若者の性的モラルの低下や奔放さを嘆くような報道ばかりされていますが、恋愛やセックスを忌避する人も実は大多数いるのでは? と思います。

事実、40代男性の童貞率が1割といったデータもあり、恋愛に消極的な男性が多いことがわかります。また、25歳から29歳の女性において、処女は7人に1人いるというデータもあります。<("0")> ナント!

男性も女性もテレビや雑誌で言われているほど、性に対して開放的という訳ではなく、自信の無さや潔癖性が災いして、恋愛できない現実があるのではないでしょうか?

お見合い婚が激減し、恋愛結婚が社会の常識となった今、日本は少子化が急激に進んでおり、このままでは将来の国力の衰退は不可避と言えるでしょう。
ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー

そこで立ち上がったのが……


我々ナンパ自爆テロリストである!


我々はこの国の将来を憂う、憂国の士である!
ひきこもり問題、少子化問題……
この国を覆うこの二つの暗雲をナンパという手段を用いて粉砕せしめ、
すべての人々に愛を振りまく、崇高な理想のために奮闘している!

そのために我々は常に鍛錬を怠らない!
実戦を交えた過酷な訓練を、毎週、都内各地で敢行しているのである!

ここに記されるのは、我々の過酷な戦いの記録である!

人気blogランキングへ
↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひきこもりナンパとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ひきこもりナンパとは?

このサイトに来て、ひきこもりナンパってなんぞや?
と、疑問に思った方が多いと思います。
単刀直入に言うと、


ひきこもりだけどナンパする人、

またはその行為のことです。



どうも、自称『ひきこもり界のアルカイダ』リョウちゃんです。
(=°-°)ノ ドモデス

今の社会は恋愛資本主義の世界です。

恋愛がモノを売るための大きな要因になっています。
だから、恋愛ができないとダメな人間という風潮を社会全体がつくっています。

30代を過ぎた未婚の女性を負け犬と呼んだり、童貞の男性を欠陥人間の敗北者のように蔑んだりすることが、当たり前になっています。

恋愛ニートなんて差別用語もありますよね。

現代社会では、恋愛しない人間……恋愛資本主義に参入しない者は、
人間扱いされない生きづらい世の中なのです。
二次元美少女と仮想恋愛を楽しもうものなら、
キモイオタクのレッテルを貼られて弾圧されます。~(>_<。)\ イタタ


ああ……恐ろしや、恋愛資本主義!


今や恋愛も勝ち負け、競争原理の中に組み込まれてしまいました。
その中でもひきこもりは、恋愛資本主義の最底辺、最下層に位置づけられています。

なんてったって、恋愛しようとしないからです。

そこで立ち上がったのが、ひきこもりナンパです。
えー、なにを隠そう僕は25年間、彼女を作ろうとも思わない、対人恐怖症のひきこもりオタクでした。

しかし、25年目にして、生まれて初めて女性に告白しました。
結果、振られました。
でも、彼女の反応がとても新鮮で、好きな女の子を口説く快感に目覚めしてしまいました。
(V^−°)イエイ!

それから女の子に積極的に話しかけるようになり、ついにはナンパまでしだしたという訳です。この戦いの中で悟ったのは、

恋愛ってのはお互いが幸せになれるように楽しむモノで、
勝ち負けにこだわる今の恋愛資本主義はおかしいということです。


しかし、童貞ひきこもりオタクがこんなコトを主張しても、負け犬の遠吠えとしか思われないので、ナンパしまくって恋愛資本主義の勝者になってから、恋愛資本主義そのものを否定することにしました。

そう腐りきった恋愛資本主義を最底辺層であるひきこもりがナンパをすることによって混乱せしめ、ついには完全否定するのが我々の理想です。

そのためにナンパという自爆テロを都内各地で敢行しています。
ひきこもりナンパとは、普段はひきこもっていて、女の子と遊びたくなったら外出してナンパするという、なんだか矛盾している21世紀の新しいライフスタイルです。
まあ、根底にあるのは、

人間嫌いだけど、女の子とは遊びたいという、超わがままな思想ですけどね。Σ( ̄□ ̄;)

でも、良いんです。
ひきこもって、自我の中の苦しみに果てるくらいなら、ナンパして人生エンジョイしてやりましょう! なんだか激しく他人に迷惑かけそうな気もしますが、ひきこもりは悪で恋愛は正義なんですから、イイのです!


許せ! 我らに大儀あれども正義無し!


現在、共にナンパ自爆テロをしてくれる同志を募集中です。
一人じゃ勇気が出せなくてナンパできないと言う方、上記連絡先より応募してください。
m(_ _ )mオネガイシマス
posted by リョウ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ひきこもりナンパとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。