2008年06月14日

女友達に相談に乗ってもらう

彼女に「内向人間すぎて付いていけない」と振られたナンパ師の夏目です|電柱|・ω・`)ノ ヤァ

拙者は、結構、アグレッシブで外交的な面も出てきたと思っておったでござるが、もしかして内向人間だと他の娘にも思われているかもしれないでござる・・・
拙者はいったい何者でござろうか? この答えを見出さなければ、前に進めぬでござる。


と悩み、ナンパした娘とアポしたり、女友達と食事に行ったりして、尋ねてみました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

まずは、4月に番ゲした女子大生と、猫喫茶に行ってきました。
一ヵ月以上、メールのやり取りをしてアポしたという、珍しいパターンの娘です。最近、メールメンテの技術が向上したようで、女の子とのメールが続くようになりました。

猫喫茶につくと、まず最初に
「僕は実は、超内向的な性格で、前に付き合った彼女にも『内向人間すぎて付いていけない』と言われたよ」
と、ぶっちゃけトークをしました。
どうせ長く付き合えば、メッキが剥がれるので、最初に暴露してしまえという作戦でもあります。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

「ええ? とてもそうには見えませんよ」

と、彼女は冗談だと思って笑っていました。
まあ、確かに路上でナンパして、デートに誘っている訳で、第一印象だと、みんなそのように感じるでしょうね。
( ̄~ ̄;) ウーン

彼女とは、一緒に猫と遊んで、その中で、自然にスキンシップもできました。次のアポの約束もできたので、もしかすると関係が続くかもしれません。
V(^-^) ヤッタ♪

次に、以前、NPOで知り合ったライターをしている女友達とお茶をしました。
「付き合った彼女に『内向人間すぎて付いていけない』と振られたよ」
と相談すると、

「でも、以前に比べたら、ぜんぜん普通に人としゃべれるようになりましたよね」
「彼女の意見は、ひとつの意見でしかないと思いますよ」
「内向人間だから悪いという訳でもないし、相性の問題だったのじゃ、ないですか?」


あ、なるほど。
そうかも、知れませんね。
しかし、

「彼女に毎日電話がしたいと言われて、負担に感じていたよ」
と話すと

「夏目くん、それは男の理屈だね」
と、たしなめられました。
ヾ(_ _。)ハンセイ…

さらに別の会社員の女の子と食事して尋ねると、

「私も彼氏と食事の好みが合わないし、彼は私の買い物に付き合ってくれなかったりするけど、うまく付き合えているよ。欠点を見せ合っても、許容できる関係じゃないと、うまくいかないよね」

いろいろ話を聞いてもらって、女性の視点から見て、彼女さんにも問題があったとフォローされて、ほっと一息。元カノさんと付き合って、一番違和感を感じたのが、「前の彼氏は●●だった。何々してくれた」というセリフだったのですね。
これは内心、嫌だったなぁと相談すると、「それは禁句だね」とのこと。うっ、なるほど、これは嫌だと、はっきり告げても良かった類のことのようです。思えば、僕は彼女に対して、あまり要求とか、自己主張をしなかったなぁと思いました。

「彼女からは、受け身な人だとも言われたよ」
「それは確かにあるかも。彼女さんは、夏目くんがナンパ師だと知っていたから、もっと、ぐいぐい引っ張ってくれることを期待していたのじゃない?」


あ、そうかもしれませんね。
また、この娘にとっては、僕が恋人から指摘されたような欠点は、あまり気にならないようです。

世の中は、いろいろな人がいるし、感じ方も人それぞれなので、一人の意見だけ聞いて、自分は駄目だと思わない方が良さそうですね。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:45| Comment(7) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

地蔵は深刻な問題

最近、女性に対する飢えが満たされてしまい、ナンパ師としてピンチな夏目です|・ω・)ノ

常に攻めの姿勢で自爆を続けてきましたが、彼女から同棲したいとも言われており、それなら、がんばって金を稼ぐことを考えていかねばなぁ、という守りの姿勢に入ってしまっています。
夏目は年収200万以下のワーキングプアなので、結婚を想定した付き合いをするなら、収入アップは至上課題。もっと仕事に専念せねばならないでしょう。

また、セークスしたり、彼女ができたりと、ひきこもりには不可能と思われていた目標を達成してしまったために、倦怠期が訪れている感じです。

あ、あれ? これって、まともな社会復帰に向かっているということでしょうか?
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ともあれ、たまにはナンパをしないと腕が落ちてしまうので、この前の週末、ゆうすけさん、北村ポン太さんと合流してきました。ゆうすけさんは、東大の学園祭で初合流したネットナンパ師の方で、モチベーションが非常に高く、ストリート初挑戦にも関わらず、果敢に声をかけていました。

「これがストリートの洗礼ですか、さすがに厳しいですね」
「でも、結果が出るまで、帰らないつもりです」


ストリートナンパでは、ガンシカや冷たい態度が基本です。
この洗礼を浴びたにも関わらず、ゆうすけさんは、逆にやる気を出していました。さすがにネットナンパで成功してきただけあって、基本的な恋愛スキルが高い人です。

「俺はナンパと書いて自爆と読むのだと思っていました」
「最近は、週に3、4回はストしています」


北村ポン太さんは、このように豪語し、レベルの高いお姉系にばかり特攻を繰り返し、連れ出しに成功してしまいました。自爆しても、まったくめげずに強めのお姉様ばかり狙うとは・・・その姿は、まさにお国を守るために生きては帰れぬ空へと出陣した旧神風特攻隊の勇姿を連想させます。
思わず、最敬礼で見送りたくなってしまう気分。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

「どんな冷たい態度を取られるか、ちょっと楽しみにしているんですよ。夏目さんも特攻隊長の手本を見せてくださいよ」
「いやー、なんか今、飛行機Uターンさせたい気分なんです」

と、ナンパ自爆テロリストとは思えぬ発言をしてしまいました。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

そんなこんなで、結局、地蔵気味になってしまい、10人くらいにしか声をかけられませんでした。
ただ、やっぱり、会話が成立してある程度、女の子と話せるとおもしろいですね。反応が良い娘が2人いたので、それなりに楽しめました。
( ̄ー ̄)v ブイ!

今回は、宗教の勧誘をやっている女性にも知らずに声をかけてしまい、黙ってUターンされました。あれ? Uターンガンシカとは、反応最悪だなぁと思っていると、なぜかその娘は、その場をうろうろしだしました。最初は気まずかったのですが、その娘が、同じく通行人に声をかけて、ガンシカを喰らっているのを見て、勧誘のお姉さんであることが判明。
お仕事、ご苦労様です。
(*´・ω・`)ノオツカレサマン♪

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 13:32| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

東大ナンパ自爆テロ再び

人生の勝ち組のレールが約束された東大生をひきこもりがナンパするという革命的テロ活動を行ってきた夏目です|・ω・)ノ

去年も激しいバトルを繰り広げた東大の五月祭に出撃してきました。
学園祭というのは、言ってみれば『釣り堀』です。
まずガンシカされることがなく、みんなが非日常のお祭り気分でいるため、ストリートに比べると成功率が格段に上がります。

僕もナンパを始めたばかりの頃、学園祭でナンパに成功して自信をつけたので、初心者の最初のステップアップの場として最適だと思います。

しかし、今回、集まったメンバーの5人は初合流の人ばかりで、みんな初心者でした。
(」゜ロ゜)」 ナント

初心者ばかりで固まってしまうと、地蔵になったまま終わってしまう可能性が高いです。学園祭ではソロの娘が少ないので、基本がコンビナンパになります。
コンビの一人が、それなりの経験を積んだナンパ師であれば、初心者も安心感を持ち、背中を押してもらえるのでナンパしやすいのですが、両方とも初心者だと、二人で固まり続ける恐れがあります。

事実、僕と組んだYさん以外の組の方々は、あまりアタックできず、結果がでませんでした。
ウーム (; _ _ )/

僕と組んだYさんは、ネットナンパでかなりの成功を収めている方で、女性とのトークが驚くほど上手でした。

「ネットのチャットで女性と会話して覚えたのですが、相手から良い反応を引き出す会話のパターンや流れというのがあるんです。それを現実のナンパでも使えるかと思ってやってみたのですが、応用できましたね」

実は驚いたことにYさんも、昔は対人恐怖症で女性とうまくしゃべれなかったらしいです。それを克服するために、まずはネットで女性との出会いを求め、試行錯誤を繰り返しいている間に腕が上がって、今ではキープの女性が10人くらいいるような状況になっているそうです。
(゜▽゜;) オドロキー

「女性とうまく付き合うには、とにかく経験が大切だと思いますよ。俺も、昔は全然ダメで、かなりの失敗を繰り返してきました」

ただ、Yさんが言うには、最近、ネットで出会うのが、やや難しくなってきているため、リアルのナンパにも挑戦したくなったそうです。どこの世界も恋愛しにくい状況になっているようですね。
( ̄◇ ̄;) ハゥー

Yさんは、コンビで二番ゲという結果を残しました。
コンビナンパは難易度が高いので、最初から、コンビで二番ゲできるのは、すごいです。

僕はチャットでの会話で、対女性コミュニケーション能力がここまで鍛えられるとは思っていなかったので、驚きました。ネットがひきこもりを加速させるとか、現実の対話をしないと真のコミュニケーション力は磨かれないという話を聞きますが、これらは案外、三次元至上主義の思い込みかもしれませんね。

また、Yさんはネットナンパ出身なので、メールメンテにも強く、番ゲした女の子と○○○でも繋がり関係を強化する作戦に出ていました。
メールメンテというのは、難しいですからね><
今度、じっくり教えてもらおうと思います。

僕は、Yさんとコンビで一番ゲ。その後、ソロで一番ゲとブーメランを投げました。

今回は、ソロの娘が少なかったので、屋台の客引きの娘にも声をかけてみたのですが、予想に反してうまくいき、番ゲできました。普通の店員さんナンパは、相手も本気で仕事をしているので、難しいかもしれませんが、学園祭の客引きであれば、まったりしたものなので、立ち話に付き合ってもらいやすいと思います。

学園祭では、客引きの娘をターゲットにしてみるのも有効だと思いました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:57| Comment(8) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

店内ナンパは恥ずかしい><

ちょっと前の話ですが、Akkieさんとナンパに行った時のことです|・ω・)ノ

その日は、例によって、路上でガンシカを食らいまくり、さあ帰ろうかという時になって、Akkieさんが「本屋に寄って帰りたい」というので、最後に店内ナンパをして終わることにしました。

しかし、店内ナンパって、やりづらいのですよね。
本を読んでいる人の邪魔をしてまで、声をかけれる図々しさがないもので、結局、地蔵で終わってしまうパターンが多いです。なにより、他の人の目もありますからね。
(´〜`ヾ) ぽりぽり・・・

でも、今回、寄った店は、地下街のショッピングモールの一角にあり、売り場が通路に面していました。そのため、通路側に立って雑誌を立ち読みしているような娘や、本を選んでいる娘は、半分、ストリートにいるような状態だったのです。

ストリートであれば、僕のフィールドです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ちょうど、ナンパを二時間ほどやってきた後であり、声をかけることに抵抗のない精神状態だったことも幸いしました。結構、かわいい女子大生くらいの娘が雑誌を手に取ろうとしていたので、

「一人でお買い物ですか?」

と声をかけました。
すると、彼女は「はい、そうですが・・・?」と返事をしてくれ、会話をしてくれる姿勢を取ってくれました。
路上ではガンシカでしょうが、やはり店内だと反応は断然良いですね。
( ̄ー ̄)v ブイ!

「すごい好みのタイプだったので、声をかけちゃったんですよ」

と、いつものパターンで攻めましたが、店内ナンパは慣れていなかったこともあり、緊張してしまって、うまく舌が回りませんでした。そのため、さしてトークで和むこともできず、彼女が明らかに帰りたそうだったので、

「よかったら、友達になってください」

と、番ゲトークに入ろうとしましたが、
「ごめんなさい、お断りします」
すっぱり撃沈(_ _,)/~~白旗〜
やはり、打ち解けていないのに番ゲしようとしても無理ですね。

しかし、ここで驚いたのが、僕の隣でAkkieさんが、他人の振りモードで雑誌を広げながら、忍者の如く聞き耳を立てていたことです。
ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

曲者! お主、伊賀者か!?

ここで、番ゲに成功していれば「どーだ、俺様の番ゲトークは!?」と得意になれるところでしたが、ヘタレなトークで失敗してしまったので、恥ずかしかったですね。
(。_。*)))

ナンパしている最中は、会話に神経を集中させているので、周りが見えにくくなってしまいます。なので、彼がすぐ隣にいたのに、まったく気付きませんでした。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:48| Comment(16) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

地方都市で惨敗

日本の出生率が1.3%台という低い水準を維持し、子供の数が27年連続減少し続けているそうです|・ω・)ノ

出生率が1.3%ということは、2人の夫婦から、二人未満の子供しか生まれないということです。とすると、必然的に人口が減少し続け、100年後には人口は半分以下になっているとも言われています。

にも関わらず政府は根本的な少子化対策を行うことをせず、海外からの移民で税収を賄うために移民庁なるものを作ることを検討しているらしく、このままでは日本民族が崩壊、絶滅してしまう危機すらあります。

この国家存亡の危機にあたって、我々は再び日本民族の誇りである大和魂を呼び覚まし、一億総玉砕の覚悟で、ナンパ神風特攻を行い、「産めよ増やせよ地に満ちよ」を実践せねばなりません。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

これによって、世界的優等民族である日本民族の血を後世に伝えることが・・・(以下検閲)

というのは冗談ですが、恋愛、結婚のしにくい状況になってきているので、ナンパでもして無理やり出会いを作らないといけません|・ω・)ノ

そんなわけで、ゴールデンウィークに実家に帰った際に、田舎の地方都市でナンパしてきました。

今回は、まーさんというナンパ初心者の方と合流。
まーさんは、今回、はじめてナンパを体験するということで、傍目にもわかるほどガチガチに緊張していました。
僕の方も、慣れていない街でのナンパだったので、テンションが上がらず、2人で40分ほど地蔵になっていました。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

これ、すんごい気まずい状況です。
まーさんに「ナンパ師って、どうやって声をかけるのだろう? わくわく」と思われているようで、プレッシャーがかかります。魔都東京のガンシカ地獄を潜り抜けているはずなのに、身体が動けなくなるのです。

一度、こういう状態になると、ひきこもりが長期化すると外にますます出にくくなるのと同じで、女の子に声をかけられなくなる地蔵状態が強化されていきます。
(>w< )

また、GWの地方都市は、親子連れの女の子の数がとても多かったです。

最初に声をかけた娘の後ろを歩いていたおばさんがその娘のお母さんで、めっちゃビビりました。
また、友達連れである場合も多く、ソロで歩いてる娘が、ほとんどいませんでした。

駅前の人通りの多い場所は、怖いキャッチのお兄さんが固めており、そこから少し離れると、人通りがガクンと少なくなるという状況・・・

アタックチャンスが少ないこともあって、街をグルグル歩いてばかりで、不毛な時が過ぎて行きました。
( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

そんなわけで、二時間でたったの4人にしか声をかけらないという結果になりました。まーさんは、一度、2人組の娘にコンビで声をかけたのですが、会話に入って来れず、ソロでも声をかけられずに終わってしまいました。

地方都市、意外と手ごわいです。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:13| Comment(6) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

GWナンパ自爆テロ

不浄な恋愛資本主義に汚染された魔都東京を大混乱に陥れるべく、ゴールデンウィークのスタートとなる29日に、同志と共にナンパ自爆テロに行ってきた夏目です|・ω・)ノ

今回、なんと初合流の人も含めて8名の同志が集まり、かなりの大所帯でした。
そのうちの2人は、上級者クラスのナンパ師だったため、開始して一時間くらいで女の子を連れだしてしまったらしく、消えてしまいました。
今回、合流したほっとさんの話によると、どうやら夏目は、ルックスの方は改良されましたが、トークがダメなようです。

「もしかして、連れ出し打診が早いんじゃないですか? 和んでから、打診しないとだめですよ」

ずばり、図星です。
( 〃..)ノ ハンセイ

しかし、トークの膨らませ方というのがまだ下手で、「○○(町の名前)には何しに来たの?」「どこ住んでいるの?」「今、女子大生?」といったお決まりのパターンの質問をした後、会話のネタに詰まることが多々あります。反応が良ければ、これで何とかなることも多いのですが、和んでいないうちに連れだし打診しても警戒されて逃げられてしまいますね。
あまりにお決まりパターンの無難な質問をしすぎると、最初に興味を持ってくれた娘も飽きてきて、反応が悪くなり、フェードアウトされることも多いように感じます。
~(>_<。)

また、今回、凄腕のナンパ師のnightloverさんのグループとも街で偶然会いました。
nightloverさんのお仲間の話によると、ナンパした女の子とホテルに行って、記念に写真を撮るそうなのですが、その時、「俺、変態だから」とぶっちゃけてしまうそうです。ぶっけちゃるという戦法はかなり有効らしく、「実は、俺、ナンパ始めたばかりで」と、カミングアウトした相手2人と、友達づきあいが長く続いているという人もいました。

ぶっちゃけるというのは、心を開くということなのでしょうね。
だから、逆に相手も安心するのでしょう。


また、nightloverさんに、ネックレスを褒められました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

彼はトークもうまいですね。
他の人のことも褒めていました。ほめ上手です。
「あの人なら、即れるわー」
と、みんなで噂しました。

ゴールデンウィークのためか、ガンシカ(無視)が少なく、街の反応は上々でした。
その後、自衛隊の制服らしきものを着た5人連れの女の子を見かけたので、彼女らにも声をかけました。
グレーのお揃いの地味な服に、短く刈った髪をしていたので、胸のふくらみがなければ、女性とは気付かなかったですね。

「こんにちは、海自(注・自衛隊用語『海上自衛隊』)の人ですか?」
「いえ、違います。防衛大学です」

なんと、未来の上官殿でした。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

防衛大学は、自衛隊幹部を養成するいわば士官学校です。
噂によると、学校生活は超地獄らしいです。かわいそうです。
また、考えてみたら、海上自衛隊はセーラー服が制服でしたね。

「実は、僕も昔、自衛隊にいたので、なつかしくて声をかけたんですよ」

と、アプローチしましたが、未来の上官殿たちは、お互いに顔を見合せて、苦笑いしながら、フェードアウトしていきました。
上官殿、自分は上官殿たちと酒を酌み交わしたかったであります。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

その後、同志の元に帰ってくると、
「夏目さん、よく逆6ナンパとかできましたね」
「まさか、特攻するとは思いませんでした」
と、驚かれましたが、相手と共通の話題があると、声をかけるのは明らかに楽ですね。

結局、今回は成功しませんでしたが、なかなか楽しめました。
ゴールデンウィークは、街の反応が良いので、狙い目だと思います。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 15:06| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

これからの時代は店内ナンパ

今年になったあたりから街の女の子の反応が極端に悪くなったと感じる夏目です|・ω・)ノ

ガンシカの嵐。トークさえ、まともにできない。
この前、ナンパに行ったら、20人以上に声をかけて、まともな会話ができたのは2人だけでした。去年は一か月に一度は連れ出しができていましたが、最近は三か月も連れ出していません。
(・_・。)) マイッタナァ

ナンパの腕や経験は、以前より上がっているハズなので、これはどうもおかしいと違和感を持っていました。そこで、「一喜一憂ナンパSTREET 〜Joy & Sorrow〜」のたくみさんに駅で偶然会った時に、尋ねてみました。

「なんか、最近、街の反応が極端に悪くなった気がするのですけど、どう思います?」
「あれ、夏目さんも、そう思いますか」


どうやら、たくみさんも街の反応が悪くなってきていると感じているようです。「のりまきあつしのパーナン日記」のあつしさんと合流した時も、同じ質問をしてみましたが、彼も同じように感じているそうです。

ナンパに成功しないのは、腕の問題もあるでしょうが、社会状況が変わってきたのも大きな要因であると思います。

つまり・・・


僕がモテないのは、社会が悪いんだ!
みんな、社会のせいなんだ、うわーん!!



という訳です|・ω・)ノ
おそらく、マスコミによる犯罪不安の煽り、日常的なストレスと他人への不信感の増大などが、人と人とのコミュニケーションを断絶させつつあるのだと思います。

しかし、社会のせいにして逃げていると、ダメなので、生き残りをかけて次なる作戦を練っています。環境が変わったのなら、その環境に適応するように進化するのが生物の正しい姿・・・
日本の少子化対策に貢献するため、笑顔で声を掛け合う明るい地域社会の実現のため、ここであきらめるわけにはいきません。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

僕が目をつけているのは、店内ナンパです。
これからの時代は店内ナンパかなぁと、思っています。


この前、書店でやったら、あっさり番ゲできたので、路上よりはるかに相手に安心感を与えやすく、偶然の出会いと思ってもらいやすいのだと分析しています。

ただ、店内ナンパは、数を撃つことができないのがネックです。
ワンフロアで、せいぜい2人くらいにしておかないと、店員さんの目もあるし、良くないでしょう。


そんなこんなで、この前、東急ハンズでナンパしようとしたのですが、地蔵になってしまい、できませんでした。店内で声をかけるのは、なかなか心理的な壁がありますね。
結局、路上に逃げてガンシカの嵐・・・
進化をするのは、大変です。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:46| Comment(25) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

店内地蔵

日曜日に街にナンパに行ったら右翼団体の『大日本愛国党』の方々が、駅前で演説していました|・ω・)ノ

「教育勅語復活」
「天皇陛下の元に団結せよ」
という旗を掲げて、大音量で君が代を流していましたが、街行く人々からは徹底的に無視されていました。

正直、ナンパスポットである駅の近くで騒音を流されると、会話ができなくなるので困ります。こちらも愛国心から、日本の少子化をなんとか救おうと神風特攻を繰り返しているのですから、邪魔しないで欲しいものです。
(>_<" )

しかし、他人の迷惑や冷たい視線をものとせず、自分の世界に浸って叫んでいる彼らは、ある意味、ナンパ師として理想の姿かもしれません。

ナンパ師というと「とにかく自分さえ楽しければいいんだ、他人の迷惑など知るか!」という厚顔無恥なチャライ兄ちゃんのイメージがありますが、実際には多くの人が女の子に声をかけられなくなる地蔵問題に悩んでいます。

「恥を掻きたくない。冷たくされたくない。変な奴だと思われたくない」
という相手から被害を受ける不安と、
「相手に迷惑をかけてしまうのではないか?」 
「悪人になりたくない。」
という加害不安の両方があるからです。
( ̄~ ̄;) ウーン

ナンパにおいては、地蔵が最大の敵です。

この前、街で偶然会ったとある有名なナンパ師が
「駅でずっと地蔵していました」
と言ったので、驚きました。
すでにナンパでセークスを何度も繰り返しているような実力者でも陥ってしまうことがあるくらい、地蔵は深刻な問題なのです。

漫画に出てくるような自己中心的な面の皮の厚いナンパ師というのは、実はかなりの少数派だと思います。もし実在したら、関わり合いにはなりたくないですが、尊敬の念さえ抱いてしまいそうです。

街で演説している右翼団体はそういう意味ではエライ!
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

今回は、前回書店ナンパで成功したのに味をしめて、再び店内ナンパに挑戦しようとしたのですが、地蔵になってしまい、結局できませんでした。

「この前は、よくやりましたね。マジで尊敬しますよ」

と合流したナンパ師から言われてしまいました。
店内ナンパは周りの目もありますし、女の子は買い物に夢中になっているので、声をかけづらいです。地蔵の原因である「恥を掻きたくない。相手に迷惑をかけたくない」という気持ちが強くなってしまうのです。
また、彼氏が店内の離れた場所にいる危険性も高いです。

正直、ストリートの方が、何倍も声をかけやすいですね。

店内ナンパもできるようになれば、出会いの幅が広がって、それだけ結果が出やすくなると思うのですが、なかなか壁は厚そうです。
結局、今回は路上で大学院生の女の子にブーメランしただけで終わりました。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:21| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

つばく朗さんと合流

西日本の田舎から東京に遠征に来た『ナンパ寺の修行僧』のつばく朗さんと、ナンパしてきました|・ω・)ノ

彼は過疎化の進む田舎で、農家の跡を継ぐためにナンパで嫁を探しているというナンパ戦士です。
今回、東京の某所でナンパしたのですが・・・
反応が悪くてガンシカされまくり、まったく結果がでません。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

つばく朗さんは、テンションが上がってくると、片っぱしから女性に声にかける通称『無差別自爆テロ』ができるらしいのですが、ガンシカが続いたために、気分が落ち込み、これができませんでした。
このままでは、まずいということで、ストリートではなく店内でナンパしてみることにしました。
ここでつばく朗さんが、東京遠征のために考えたコンビナンパの秘策を炸裂させました。
それは、

「あの、すみません。実は友達がどうしても君のことがタイプだと言うので、俺が代わりに声をかけたんですけど」

と、二人組の女の子に声をかけるキラーパス作戦です。
「(≧ロ≦) アイヤー

これは確かにうまい作戦だと思ったのですが、実際にやってみると、女の子たちは笑顔を浮かべながらフェードアウトしてしまいました。この作戦で失敗すると、『女に声もかけられず、友達の力を借りて失敗してしまったヘタレ』という気分になるので、自分でナンパするよりダメージが大きかったです。

しかし、良い作戦だと思うので、今後、コンビでナンパする時に活用できると思います。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

次に、今度はソロで本屋にいる女の子に声をかけました。
本屋ナンパは以前にもやったことがあるのですが、結構難しいです。

店内は基本的に静かなために、声が周りの人にも聞こえてしまう。
本の立ち読みに夢中になっている娘に声をかけて邪魔をしてしまうのは、悪い気がしてしまう。


という理由からです。
また、好みの子が見つかっても、相手が立ち読みしていて声がかけられない状況にあると、自分の中でナンパに対する不安や恐怖心が増大していき、声がかけれなくなってしまいます。

今回は、路上と同じく、
「一人でお買い物ですか?」
「すごく好みのタイプだったので、声をかけてしまったのですけど」
というパターンで行くと、反応が良く、パッと笑顔を浮かべてもらえました。

店内の方がストリートより反応が良いですね。

しばらく本に関する話などした後、
「もしよかったら、友達になってもらえないですか?」
と申し出ると、
「いいですよ。どうしたら良いですか?」
「では、連絡先を交換しましょう」
という形で、番ゲに成功しました。

帰りの電車の中でメールすると返信が来たので、良かったです。
\(^ ^)/ バンザーイ

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:35| Comment(12) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

もっさり系ナンパ

「夏目さんは、以前はもっさりしている感じがしましたが、今はオタクっぽさが抜けて、カッコ良くなりましたね」
と、久しぶりに合流したナンパ仲間に言われた夏目です|・ω・)ノ

彼によると、以前の僕は、オタクファッションを着て、明らかに落ち着きのない様子で、ショルダーバックをぱんぱん叩きながらナンパしていたそうです。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

今考えると、怖いもの知らずでしたね・・・
この神風特攻が日本の少子化を救うのです。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

ただ、8キロ痩せて髪型も変えて、良い服を着るようになったからといって、成功率が劇的に変わったわけではありません。
むしろ、以前より成功しない月もあります。

本当のイケメンがナンパすれば、あっさり連れ出せることが多いので、おそらく、まだルックスが中途半端なのだと思います。

「今は、微妙にプロっぽい感じがするので、逆に警戒心を与えるのじゃないですか? ナンパしないような人がすると、女の子も安心するのかも」
と彼に言われました。
ナンパ道は奥が深いですね。
( ̄~ ̄;) ウーン

ここで、ダサい格好をしてするナンパを個人的に「もっさり系ナンパ」と名づけました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

初心に帰って、一段グレードを落とした服で、ナンパしても良いかもしれません。
ただ、あまり格好悪くすると、初合流した人から「夏目はダメだ」と思われたり、自分を客観視して自信がなくなり、地蔵になってしまうかもしれないので、匙加減が難しいところです。

格好良さを追求するなら、中途半端ではなくトコトン。
もっさり系ナンパをするなら、高度な戦略と演技力に裏打ちされた自信が必要になるのでしょうね。


どちらの方向に進むにせよ、極めなければ、コンスタントに成功できるようにならないと思います。
ナンパ道は険しいです(^-^;

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:07| Comment(13) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

番ゲした後に怒られる

昨日の夕方、横浜にナンパに行ってきた夏目です|・ω・)ノ

今回は、いつもワンパターンだった声のかけ方を変えてみようと思いました。
今までは、第一声はいつも「こんにちは」でした。
以前、これで何度か番ゲや連れ出しをしたことがあったので、これが最も良い第一声かと思っていましたが、最近、めっきり成功しなくなっていたので、変えてみることにしました。
(ー.ー") ンーー

「『すみません、ずっと前から好きでした』と声をかけてみようと思うのですが、どうですか?」
と、今回、久しぶりに合流したイケメンナンパ師のTさんに相談してみました。

「いや、やばいすね、やばいすね、それはできないですね」
Tさんは苦笑していました。
うーむ、エイプリルフールという状況を利用すれば、こういった声かけも許されるかと思いましたが、さすがにこれは自爆した時のダメージが大きすぎるために断念。
ヾ(_ _*)

そこで、「これからお帰りですか?」と声をかけてみることにしました。夕方で、帰宅途中の女性が多かったので、状況に適した声のかけかたと言えるでしょう。

意外と、これは「こんにちは」より使える第一声で、ガンシカ率が減りました。
そして、一時間後に眼鏡っ娘の女性大生から番ゲできました。

\(^ ^)/ バンザーイ

イケメンのTさんより先に番ゲできたこともあって、テンションが急上昇。
マリオがスターを取った時のような一時的な無敵状態になり、気分良く、次の娘に声をかけました。

次の娘も反応が良くて、恥じらうようなそぶりを見せてくれたので、これは行ける!と思ったのですが・・・
なんと、彼女の前を歩いていた男が彼氏だったらしく、

「なんすか? なんすか?」

と反転して、ものすごい喧嘩腰で詰め寄ってきたので、めっちゃビビりました。
(*゜д゜))) ぁゎゎ

僕はもともと内気なひきこもりのため精神の防御力が紙ぺらなので、他人から怒られたり、絡まれたりすると一発でメンタル崩壊です。
「すみませーん」
と言って、慌てて逃げました。
ε=ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ ニゲロォ!!

こういう場合は、その場を離れるのが正解だと、事前知識で知っていたのでよかったです。

もっとも相手の男も、とんでもないDQN野郎と遭遇したと思っているかもしれませんが・・・
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

このためテンションが一気に最高値から、最低値に落ちてしまい、その後の声かけはまばらになってしまいました。Tさんは、その後、すぐに女の子を連れ出してしまい、完ソロになってしまったこともあって、今回は、ここまでにして帰りました。

番ゲした娘からは、返信があったので、よかったです。
アポれると良いなぁ。


人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:49| Comment(12) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

女の子に電話するの巻

一昨日、四回デートしている攻略中の彼女と電話で15分ほど話した夏目です|・ω・)ノ

ひきこもりが女の子に電話する・・・これはジュラ紀に巨大隕石が落ちてくるくらいの大事件です。

ナンパ師として活動してはいますが、僕の正体は準ひきこもり歴23年、ひきこもり歴2年のエリート内気超人なので、まだところどころにひきこもり体質を残しています。
一年半ほどナンパしても、なかなか本来の気質は変わりませんね。
ヾ(_ _*)ダメー

この娘は、春休みに全部バイトを入れてしまっているらしく、アポが取れなかったので、ここは電話で話してみようかと思いました。もう四回もデートをしているのだから、電話くらいしても不自然ではないし、心の距離を詰めるための有効な手段だと思いました。
そこで、彼女から、

「今日は雨が降って寒いですね。風邪には気を付けてください」
とメールが来たので、その返信で
「どうもありがとう^^。よかったら、明日の夜、電話で話したいのだけど良い?」
と聞きました。
すると、九時にはバイトが終わって家に帰ってきているので、良いですよ、とのお返事。
やたー、電話フラグが立ちました。
\(^ ^)/ バンザーイ

しかし、その時はうれしかったのですが、すぐに難題に気づきました。
ありゃ・・・電話でなにを話したらよいのだろう?


実際に会っての一対一の対話であれば、まだ周囲の状況や持ち物などを利用して、会話のネタをひねり出すことができますが、顔の見えない状況では、そういったことはできません。
完全に声だけのやり取りというのは、案外、難しい気がします。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

電話そのものは、ナンパ仲間と連絡を取り合ったり、女友達と話したりするのにも使ったことがあります。その時は、まったく何の緊張もなく自然とできていました。

しかし、それは、明確な目的のある会話だからです。

ナンパ仲間だったら、ナンパの待ち合わせやナンパ中に「どこどこに移動してるから合流しましょう」「今どこにいますか?」程度の会話。女友達にしても、なにかの相談といった明確な目的があって、電話しているので、それに沿って会話すれば良いわけです。

でも、だた話したいから電話するという「会話のための会話」というのは、どう話を展開して良いのか、さっぱりわかりません。
(ー.ー") ンーー

そこで、9時になるまでに、今まで彼女と話したこと、彼女が何が好きで、バイトは何をやっているといった情報を、パソコンのメモ帳に書き出して、会話のネタになりそうな情報をまとめました。
そして、会話の出だしは、
「こんばんは、夏目です。今日もバイトお疲れ様」
にしようと決めて、イメージトレーニング・・・

しかし、家にひきこもっていると、気分が内向してうまくしゃべれなくなる可能性があるので、彼女に電話する前に、弟に電話してオタクトークでもしようと思いましたが、大学院生の弟は忙しいのか電話に出ませんでした。
お、おのれー!

運命の9時が近づくにつれ、動悸がバクバク、額から汗が噴き出るようになりました。成功すれば心の距離が縮まるでしょうが、失敗すれば、それで攻略ルートが閉ざされる可能性のある極限状態です。
リアル世界の恋愛は、なにか失敗するとそれでゲームオーバーになる糞ゲーなので、まったく鬱になります。

(´口`)↓↓

しかし、ナンパ自爆テロリストとして鍛えてきた神風特攻の精神を思い出し、これも日本の少子化対策に貢献するため、ひいては天皇陛下のためだと愛国心を呼び覚まし、意を決して携帯の通話ボタンを押しました。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

彼女も電話が来るのがわかっていたので、3コール目くらいで出ました。
超緊張しましたが、事前に準備していた
「こんばんは、夏目です。今日もバイトお疲れ様」
のセリフをなんとか自然に言いました。

それからどう会話を展開したのか、良く覚えていないのですが、彼女もゲームや漫画が好きなインドア派だったので、ゲームの話などしました。
ここでついつい、「信長の野望が最高なんだよ」みたいな濃い目オタトークをしそうになったり、自分ばかりがしゃべってしまったりして、今考えると、もうちょっとゆっくりと、相手の反応をうかがいながら会話するべきだったなぁと思います。
ヾ(_ _。)ハンセイ

電話を終えてみると、暖房もつけていないのに、全身に汗をかいていました。
すごく緊張していたみたいです。


人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 14:07| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

番ゲできました。

最近、ひきこもりネガティブスパイラルに陥っていた夏目です|・ω・)ノ

ナンパできるようになって、男女問わずいろんな人と交流する機会が増えた結果、ひきこもりの基本スキルである『孤独に耐える』能力が落ちてしまったようです。

土曜日に友達の女性とご飯を食べに行ったのですが、その後、ひきこもってパソコンの前で仕事を続けていたら、持病である『他人とコミュニケーションさせろ病』が発症してしまいました。
最近は、ナンパの成果が出ておらず、以前ナンパした女の子のほとんどに放流されてアポれなくなっていたのも、症状を悪化させる原因になりました。
(´口`)最悪↓↓

三日に一度は他人とある程度の会話をしないと禁断症状が現れるこの病気の治療法は、今だ確立されておらず、他人と会話することで、症状を一時的に和らげるしかありません。
麻薬みたいな感じですね。

ヾ(_ _。)

しかし、天才的KYである僕は、どこか組織に属するという選択肢がなかったりします。聞けば、今の職場環境ではパワハラ的ないじめが蔓延し、仕事ができなかったり、空気が読めない人間は、徹底的に弾圧されて排除されるそうではありませんか? 自衛隊でのトラウマもあって、アルバイトではなく自宅でできる仕事を続けるしかないのですね。
もはやこれは、魚類が陸上で生活できないくらいの不適応で、無理に修正しようとすると、自殺という名の窒息死をしそうです。お魚は水の中で暮らしましょう。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

そこで、急遽、ナンパ仲間にナンパのお誘いをかけたのですが、急過ぎたために人が集まらずに完ソロをすることになりました。

しかし、気分が鬱屈した状態からのスタートだったので、地蔵になってしまい、一時間で四人にしか声をかけられませんでした。
その後、学校が終わったナンパ仲間の一人と合流。
さらに、アポで街に来たナンパ仲間ともばったり会って、地蔵トークをした結果・・・

ひきこもりネガティブスパイラルが解消され、テンションが急上昇。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

卒業式帰りの着物姿の女子大生に
「その着物きれいですね」
と声をかけたところ、反応が良く、粘って番ゲしました。

「私、人見知りなので、こういうのはちょっと・・・」
「そうなんだ俺も人見知りだよ」
「えー、そうは見えませんけど」
と、彼女の目からは、とてもひきこもりに見えなかったようで、楽しかったです。

ただ、かなり粘って番ゲしたので、おそらく死番でしょうけどね^^;

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:24| Comment(18) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

依存しないように

本命の彼女と四回目のデートをしてきた夏目です|・ω・)ノ
この前、この娘に告白して失敗したので、もうダメかなと思っていたのですが、意外にデートに応じてくれました。

ダメになる時は、なにも言われずに音信不通になるのが通常のパターンなので、まだ脈があるっぽいです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

ただ、さすがに四回目になると、もう話すネタが無いので、今回は、最近話題になっている猫喫茶に行ってきました。猫喫茶とは、猫がいる喫茶店です。猫が主役で、飲み物は脇役、猫を愛でて癒されようというコンセプトの店です。

猫喫茶きゃりこ(参考)

彼女は、動物好きらしいので、結構喜んでくれました。
猫と遊んで、それをネタに会話を繋げることができるので、気不味い沈黙に陥いることもなかったです。
(=´∇`=) ニャン♪

店を出てから、今度は二人で食事に行く約束をして別れました。
その後、帰りの電車の中でメールしたところ・・・

二時間経っても返事が来ません。
Σ( ̄ロ ̄lll)

彼女も電車の中にいるはずなのに、なぜ返事が来ないのだと、ソワソワ・・・
例え、どんなに反応が良くても、口ではまた会いたいと言っても、腹の底では何を考えているのかわからないのが、女の子という生物です。ナンパ自爆テロリストたる者、いつ相手が死に番になっても動じないように覚悟していなければなりません。

しかし、仲良くなればなるほど、距離が縮まれば縮まるほど、関係を切られた時のショックは大きくなります。

「ああ、チクショー、あの娘に振られたら嫌だなぁ、頼むよ、頼むよー」

と、もはや神頼み状態になっていました。
ここで、はたと気づいたのですが、これはもしや彼女に依存している状態ではないでしょうか?
彼女と繋がっていれば精神が安定し、デートに応じてくれたら有頂天、メールが返ってこなければ不安になるというのは、まさしく依存です。
こういう感情が昂じてしまうと、それはやがてストーカーという極端な行動に結びついてしまうかもしれません。

女性を好きになることと、女性に依存することは似ているようで違うと思います。
(ー.ー") ンーー

交際していたかつての女生徒を脅迫した罪で捕まった校長先生は、
「どうして返事をくれないのか? あなたは悪魔だ」
というメールを女性に送り付けていたそうです。

これは怖いですね・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガク
女性を愛するのではなく、依存してしまうと、自分の立場や社会常識も忘れて暴走してしまう好例だと思います。

彼女のことを想うなら、身を引くのが真の漢道。

というわけで、彼女に依存しすぎないように、他の娘とも交友関係を深めるようにがんばります。
ちなみに、彼女からは三時間後にメールが来ました。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:32| Comment(24) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

愛とはなんぞや

埼玉県の校長先生が、交際していたかつての教え子の女性を脅迫した容疑で逮捕されました|・ω・)ノ
校長先生は、「人を殺すことは平気だよ」「何があっても知らないよ」と、復縁を求めて、彼女を脅していたそうです。

なんたること・・・

この校長先生に『死に番になった娘を復活させるのは、まず無理』というナンパ師としての常識が備わっていたらと思うと悔やまれます(18歳以下の娘に声をかけないことも重要)。
(хх。)

というのは冗談ですが、恋愛は一歩間違えると、犯罪になってしまうので怖いです。
ナンパを始めたばかりの初心者の方が、
「恋愛と犯罪の境界が良くわからない」と語っていました。
僕もKY星人なので、まったくわかりません(>_<)

ただ最近、理解してきたのは、「女性が迷惑と感じたらダメ」ということです。

こちらがいくら好きでも、相手にその気がなかったり、重荷に感じていたりすると、それは恋愛感情ではなく、『身勝手な気持ち』として断罪されてしまいます。ストーカーは、ある意味、究極の純愛を貫いている人ですが、相手の気持ちを無視しているので、犯罪者扱いされてしまうのです。
(>_<。)

そこで、いくら相手を好きになっても、決して依存するほどのめり込んだりせず、常にリスク対策をしておくべきだなぁ、と考えるようになりました。上級者クラスのナンパ師になると、彼女が二人、キープが三人いるという人が、ごろごろいます。
ある上級ナンパ師は、

「クリスマスイブに仕事があって、どうしても抜けられなかったから、彼女に23日にデートしようと言ったら、クリスマスに一緒にいてくれないなんて信じらない! と怒られて、音信不通になりました。一年間付き合ってきたのに、たったそれだけでご破算になるとは・・・ショックでした」
と、悲しい過去を語ってくれました。
(;_;) グスングスン

「女心と秋の空」というように、女の子の感情はコロコロ変わるので、まったく信用できません。なので、こちらもそれを見越して、複数の女の子と付き合っておくのが、正解だと思います。

もし彼女の気持が変わって、別れを切り出されたら
「君のことがこんなに好きなのに!? どうしてわかってくれないんだ・・・絶対に別れないぞ!」
などと絶叫して、未練たらしく付きまとったりはしません。
まして、復縁を迫って脅迫するなど、もっての外!
「あ、そう。じゃあ、俺も新しい彼女と、よろしくやるから、バーイ」
と、すぱっと関係を絶った方が、お互いのためになるでしょう。

道徳的な視点から見ると、決して褒められたことではないでしょうが、複数の女性と付き合い、その中から真の信頼関係を築けるベストパートナーを選ぶというのは、決して悪いことではないと思います
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:01| Comment(18) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

初心者との合流のこと

ひきこもり界のアル●イーダこと、夏目の元には、我が国の少子化・晩婚化になんとか歯止めをかようという愛国心に燃えた若者たちが、義勇兵として名乗りをあげて集まってきます。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

祖国存亡の危機にあたっては、己の命を犠牲にするのも厭わない、神風特攻の精神です。
ただ、実際にナンパという戦場に立つと、多くの初心者は地蔵になってしまい、動けないまま時だけが過ぎていくというのが実情です。
(_ _,)/~~白旗〜

せっかく遠いところから電車賃をかけてやってきて、長時間なにもしないで立ちっぱなしのまま終わるのでは、もったいなのいで、背中を押してあげます。

「天皇陛下バンザイという気持ちで、玉砕すればいいんだよ」
「……俺、天皇嫌いなんで」
「玉砕しちゃ、駄目じゃないですか」

どうやら、愛国心が足らないようです(T_T)
というのは、冗談ですが、このようにナンパできない理由を述べ始めるのは、危険な兆候です。

ナンパは一年以上続けた経験者でも、かなりの抵抗を感じるのがふつうで、ブランクがあると、地蔵になってしまうことがあります。

どう声をかけようか? と考えた時点で、失敗した時の不安や恐怖が襲ってきて、行動できなくなってしまうからです。頭をからっぽにして、かわいい娘がいたら、条件反射的に声がかけられるようになるのが最高だと思います。
この状態を勝手に『無我の境地』と呼んでいます。
恐れを、不安を、懊悩を消し去り、水鏡のごとき心根に至って、ようやくナンパとはなるもの・・・

つまり、バカにならないと、なかなかできません。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

昔、一緒にナンパを初めて、途中でやめてしまった同志が
「僕はバカになりたい、バカになって行動したい」
と言っていたのが、印象的でした。

しかし、目の前で、どんどん女の子に声をかけているナンパ師がいると、初心者も安心するようです。
あっ、あんな風に声をかけても大丈夫なんだと、わかるからだと思います。
すると、最後には一声かけして終われる人が多いです。

でも、ナンパを続けるのは、バカになるのは、かなり難しいです。
多くの同志が、道半ばにして去っていきます。
そういう時には、一抹の寂しさを感じますね。
(*_*) シュン

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:34| Comment(14) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

またまた活人ナンパ

「こんな風にナンパされたのって、初めてです! 記念に握手してください」

と、女性から握手を求められた夏目です|・ω・)ノ
ドビックリのレアケース。ナンパして喜ばれたのは、去年の12月にも一度ありましたが、これで二回目です。
彼女は、大変、珍しい経験をさせてもらったと、はしゃいでいました。

「今までナンパされたことがないなんて、信じられないな。ナンパ師も、女の子なら誰もで良いわけじゃなくて、かわいい子にしか声をかけないからね」
と言うと、さらに笑顔になっていましたが、
「ごめんなさい、今、病気で通院していて、友達や恋人を作るような余裕がないのです」

と、連れ出しや番ゲはさらりと拒否。
完全にボランティアをしてしまいました。
がっくし(*_*)

しかし、これこそ、4000年前から連綿と受け継がれてきた至高のナンパ体系・・・活人ナンパなのです。活人ナンパとはナンパを愛に至る手段とし、人を活かすことを求道するものです。

ただし、活人ナンパの伝承者になると、毎週、敵対する殺人ナンパの流派から刺客が送られてきたり、武術大会に参加させられる羽目になるので、ならない方が賢明です|・ω・)ノ

さらにこの日は、駅前で地図を見ていた女の子にナンパ目的で
「どこか探しているのですか?」
と声をかけたところ、たまたま知っている地名を言われてしまったので、懇切丁寧に教えてあげました。
すると、そこからナンパにつなげるのがなんだか悪い様な気分になってしまい、彼女が「どうもありがとうございます」と言って去っていくのをただ見送ってしまいました。

なんたる不覚!
ナンパ自爆テロリストともあろう者が、またまたボランティアをしてしまいました。
ヾ(_ _。)ハンセイ

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:13| Comment(14) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

告白に失敗しました><

本命の彼女に告白して失敗した夏目です(>_<)

デートの最後に「俺、●●ちゃんのこと好きだから、付き合って欲しんだ」と言ったら、
「ごめんなさい、しばらく友達のままじゃ、駄目ですか?」とノーを突きつけられてしまいました。

(;_;) グスングスン

彼女は去年の10月に学園祭で声をかけて、仲良くなり、今回で三回目のデートでした。
バイトして自分で大学の学費を出しているという真面目な苦学生で、バイトが忙しいためになかなか会えなかったのですが、メールは好反応で、連絡を取り合っていました。

だいたい三回目のデートで告白するのが、タイミングとしては妥当だと考えて、凄腕ナンパ師の長さんにも相談しました。
「何の好感も持っていない男と、わざわざ三回も会う娘はいないだろうし、次回のアポで告白しようと思うのですが、どうですか?」
「そうですね。あまり何度も会いすぎると、お互いの嫌なところも見えてきてしまうので、三回目くらで決めるのが良いと思いますよ」
とのこと。

よーし、では死を恐れず突撃するぞ。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

という訳で、前回は別の女子大生を動物園に誘って失敗したので、今回はペットショップに行きました。
ペットショップに女の子と二人で行ったのは初めてです。
ケージの中に入れられたワンコやニャンコ、ウサギを見たのですが・・・
二人で動物を見るというのは、意外と気を使いますね。(ー.ー") ンーー

彼女が目の前の動物を興味を持って見てくれているのか?
別の動物を見たいのに、無理に付き合わせていないか


ということを考えながら、動物たちを見たので、普段のようにリラックスして楽しめませんでした。彼女も、こちらに気を使って、後を付いてきてくれたっぽいところがあるので、デートでペットを鑑賞するというのも意外と難しいかもしれません。

一時間ほど、ペットショップで買い物などした後に、ドトールコーヒーに入って、お茶しました。彼女もペットが好きだそうで、動物の話などで盛り上がりました。
(*´∇`*)

ここで告白しようかと考えましたが、意外と店内が混んでいて、隣の席とも近いこともあって、彼女が変に周りの目を気にしては良い結果を生まないだろうと考えて、店を出た後にしました。

ナンパ自爆テロリストとして、恋愛紛争地帯最前線で戦っている身ではありますが、やっぱり告白するのには、かなりの勇気が必要でした。

言おうか、言わないべきか、土壇場になって、迷いが生じてしまい、
「ぬぉー、やばいいっすよ、なんて切り出そう!」と考え込んでしまいました。
しかし、やらないで後悔するより、やって後悔するべきだ、という神風特攻の精神を思いだし、思い切って告白しました。

結果は、失敗( iдi ) ハウー
でも、

「私、そういうのって、実はかなり遅れていて、良く分からないです。もう少し、友達としてお付き合いしたいです」
「夏目さんに会えて、毎回、今まで行くことのなかったところに行けて、楽しいです」


とのこと。彼女は19歳なのですが、今まで、恋愛をしてこなかったらしく奥手っぽいです。
それなら焦ることなく、もう少しデートを重ねてから、改めて挑戦しようと思い、次回は噂の猫喫茶に行こうと約束して別れました。帰りに電車の中でメールすると、すぐに返事が来たので、一応、脈はあるっぽいです。

告白に失敗して、次回から音信不通というパターンにならず、これらもデートを重ねることができるなら、挽回する機会もあると思いますが、さてさてどうなることやら・・・

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:44| Comment(20) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

すぐにあきらめない

久しぶりに合流したナンパ師の人から
「なんか、前より下手になっていませんか?」
「夏目さん、前のような勢いがなくなっていますよ」
と、言われた夏目です|・ω・)ノ

今月はアポが5つ入ったり、合コンに行ったり、パーティに参加したり、風邪を引いて寝込んだりと、ナンパ以外の用事がたくさん入ってしまって、あまりナンパに行きませんでした。
そのおかげで、10日くらいナンパの間隔が空いてしまいました。
やっていない日が多くなると、感覚が鈍ってしまうようで、全然結果が出せませんでした。
(>_<)

また、大目標であるセークスを達成したことと、アポが順調に取れていることから、満足してしまって、前のようにガツガツ行けなくなってしまったようです。

こみあげてくる飢餓感が無いと、自爆できないのかしら? と思います。
(ー.ー") ンーー

ナンパ自爆テロを可能にする原理主義の原動力・・・それは悪しき恋愛格差の是正と、日本の少子化対策を真剣に考える正義の心です(危険思想)。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

ちょっと声をかけて、反応が悪いと、すぐにあきらめて離脱する傾向が強くなってしまい、
「すぐにあきらめすぎですよー」
と、仲間に言われました。

そこで、やや粘ってみるようにすると、番ゲできないまでもトークが長続きする場合が増えました。やはりある程度、女の子と会話が続かないと、こちらもテンションが上がりません。

ガンシカやヒットアンドウェイばかり繰り返していると、気分が下降気味になって、数が打てなくなり、結果から遠のく悪循環になります。
o( _ _ )o ショボーン

すぐにあきらめすぎというのは、メールメンテやアポ申請にも言えることかな? と考えて、この前、アポ申請して返事が来なかった地味系巨乳女子大生にメールしてみました。すると、

「すみません! 今、就職活動と引っ越し作業で忙しくて、返事できませんでした。落ち着いたら、連絡します。また会いましょう」

という返事が速攻で返って来ました。
死に番になったというのは、こちらの思い込みであったようです。
ε-(´▽`) ホッ

確かに一度メールが返ってこなかっただけで、もう縁が切れたと思うのは早計だっかも知れません。
(もっとも、女性の言うことは信用できないので、向こうからまた連絡が来るなどとは半分も信じていませんが・・・)

「社会人になると女の子もみんな忙しくて、反応が良くても都合が合わないと、なかなかアポれませんよ」
と仲間のナンパ師も嘆いていました。

相手が、たまたま忙しい時期であることも考えられるので、『返事が来ない=嫌われた』と早合点して、自分からチャンスを潰すのは避けるべきですね。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 14:09| Comment(4) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

地味系巨乳女子大生と交戦

またまたデートした女の子に振られた夏目です|・ω・)ノ
今回の相手は、今月初めのパーティで知り合った22歳の女子大生です。

このパーティは僕の友達の女の子が卒業記念に行ったもので、部外者ながら幸運なことにお呼ばれして行ってきました。
「ナンパはしないでね」
と言われていたので、ふつうにパーティを楽しもうと思いましたが・・・

すごく好みの地味系美人がいたので、運命をジャジャジャーンと感じてしまい、話しかけたところ、良い反応。
清楚で小柄、かつ、すごい巨乳で、思わず唾をゴクリと飲んでしまいそうな娘でした。内気で、明らかに恋愛経験が少なそうな感じでしたが、話してみると、意外と話が合いました。
そこで、そのままいつもの流れで番ゲしてしまいました。
\(^ ^)/ バンザーイ

しかし、これは愛なのです! 運命なのです! 決してナンパではありません。
もはや、心が愛の複雑骨折で重傷だ。
僕は、まじめに付き合いますよ。はうはう(別の意味で危険な発想)。

「実は、すごく好みのタイプなんです。よかったら、今度お茶しましょう」

とその場でアポ申請すると、OKのお返事。
僕だけかもしれませんが、意外と出会いの初期段階では婉曲な表現をせず、ストレートに好意を伝えた方が、うまく行く傾向があります。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

その8日後の日曜日、女友達から教えてもらったお洒落な喫茶店でお茶しました。
隠れた名店を知っている男って、ポイント高いそうです。
彼女は、待ち合わせ場所にすでに五分前から来ていて、待っていてくれました。
パーティの時とは違って、地味なコートを着ていたので、パッと見、彼女とわかりませんでした。
女性はイメージチェンジすると、まったく外見が変わるので驚きますね。

喫茶店に入って、二人でケーキを食べました。
実のところ、パーティでけっこう話していたので、話題があまりなく会話が一時間ほどしか持ちませんでした。
彼女がオンラインゲームが好きとカミングアウトしてくれたので、ゲームの話などして、そこそこ楽しかったのですが、内気な女性だったこともあって、うまく会話が盛り上がりませんでした。

「前に会った時から気になっていたので、今日は会えてうれしかったな」

と、前回、別の女性とアポした時に使って反応の良かったセリフを使うと、うれしそうな笑顔を見せてくれました。
そこで、次回は二人で動物園に行こうと約束して別れました。
帰りの電車の中でメールすると10分後に返信が来て、

「私も楽しかったです。またお会いしましょう」

というお返事。
おおっ、これはいけるじゃないか!
と、思わず小躍り。
脳内ではすっかり恋人同士になったあとのバラ色の妄想を膨らませていました。
(ノ*゜▽゜*)ニパパパ

しかし、5日後に、
「来週の週末、○○動物園に行かない?」
とメールすると、返信なし。


ありゃ・・・
このパターンは死に番フラグというか、まさに死に番ですね。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

断るにしても、その日はダメと言ってくれるなら、まだ救いがあるのですが、無視とは・・・
また、ほとぼりが冷めたあたりでメールしてみるつもりですが、復活は期待せず、駄目になったと諦めて、次に向かいます。


戦争(いくさ)する身はかねてから
捨てる覚悟でいるものを
鳴いてくれるな草の虫
東洋平和のためならば
なんの命が惜しかろう

敬礼☆-(ノ゚Д゚)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 18:52| Comment(15) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。