2008年03月03日

ひきこもりダイエット法

また体重が一キロ落ちた夏目です|・ω・)ノ
去年の四月の終わりごろからダイエットを始めて、当初、80キロあった体重が71キロまで落ちました。このままのペースで行けば、おそらく一年間で10キロの減量に成功できるでしょう。

急激なダイエットで一気に落としたのではないので、おそらくリバウンドの心配もないと思います。
意外と、理想的なダイエットに成功してしまいました。

ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

では、ここで根性の無いふにゃふにゃな、ひきこもりの僕でも減量に成功した方法をご紹介したいと思います。
まず、約一年前、ナンパを本格的に始めるようになって、いろんなナンパ師から

「ナンパをするなら、まずは痩せなきゃダメですよ」

と言われました。
それまでは『人は外見より中身である』『真剣な想いはきっと伝わる』という幻想を真実だと勘違いした、幸せなおとぎの世界に住んでいたのですが、それは間違いだと気付きました。
ヾ(_ _。)ハンセイ

そもそも中身などという観測不能な不確かな物に頼って、努力せず、かつ自分は中身が優れているなどと無条件に思いこむのは、とんでもない怠惰で傲慢な考え方です。

人間の中身など、聖職者も、政治家も、経営者も、ヤクザもワーキングプアもあまり変わりはしません。だた、己の快を追求し、不快を回避するという生物の本能的な行動理念に従って生きているだけです。そこに善悪の尺度を持ち込んでも、ただ利害の衝突を助長するだけで、あんまり意味がありません。

また、もし道徳的な人間だけがモテて、不道徳な人間が嫌われて、その遺伝子が排除されているのなら、人間社会はもっとユートピアになっているはずです。
(ー.ー") ンーー

つまり、道徳や正義、人間の中身などは、異性を獲得する上で、あまり重要な要素ではないのです。

もし、道徳的な人間だけが結婚できるなら、ドメスティックバイオレンスや児童虐待、育児放棄が社会問題になるのはおかしいです。
じゃあ、なにが重要になるかというと、

『コミュニケーション能力』と『ルックス』でしょう。

また、この他に人間同士の相性や、お金、社会的地位なども絡んできます。
愛という物質を構成する元素は、こんなもんです。
(年収と結婚率の比較データを見ると、現実がさらに良くわかります)
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

そこで、少しでもルックスを良くする努力をしなければダメだと、考え方を変えました。ただ、ダイエットというのは初めてだったので、女友達にダイエットの方法を聞いてみました。

「炭水化物が一番太る原因になるから、ご飯の量を減らした方が良いよ。まずはご飯の量を半分にしてみたら? それに慣れてくると、胃袋が小さくなって満足できるようになるから、そしたら今度は三分の一にしてみるの」

な、なるほどー。
というわけで、僕が実行した方法というのは、実はコレだけです。
今まで一日に三合のご飯を食べていましたが、最終的に一合に減らしました。

また、そもそも食糧をあまり買わなくしました。
冷蔵庫に食糧が入っていると、どうしても食べたくなってしまいます。でも入ってなければ食べようが無いです。
そこで、一日の食費は米代は別として、500円以内とし(外食した場合は別)、その中で買い物をするようにしました。

食欲を我慢できないのであれば、食べられない環境に自分を置いてしまおうという考えです。
\(^ ^)/

ただ、どうしても辛い時は、蜂蜜を買ってきて、これを舐めるようにしました。
蜂蜜は砂糖より太りにくい健康食品だそうです。

実家にひきこもっていたら、親がご飯を用意してくれるので、誘惑に負けてダイエットできなかったしょう。でも幸か不幸か、
「自衛隊をやめるなら、実家に帰ってきてはいけない」
と言われて、自分のお金で借りたアパートに引きこもっていたので、このようなことができました。
(稼ぐしかなかったので、自然とできる範囲で在宅の仕事を探してするようになったのも良い傾向です)

すると、だいたい一か月に一キロのペースで体重が落ちだしました。
後半になるつれて、減量ペースが落ちだして、最近は、なかなか落ちなくなりましたが、それでも一年間で約9キロというのは、良い成績だと思います。

最終的に65キロまで落としたいと思っているので、まだまだ挑戦を続けます。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

(適正体重は68キロです。あと3キロまで迫っています)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 09:46| Comment(8) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

美容院に行ってきました

美容院に行って、髪型を変えてきた夏目です|・ω・)ノ
僕は昔から短髪が好きで、今までずっと、スポーツ刈りで来たのですが、長髪の方が絶対にルックスが良く見えるというアドバイスをナンパ師の方たちからもらい、去年の九月から、今まで髪を切らずに伸ばしてきました。

男の外見は、髪型、体型、服装の三位一体で決まってしまうものだと、ナンパ師になって知りました。
この三要素を鍛えることで、誰でも人並み以上のルックスを手に入れることができます。

(°д°;;) ナント!

先天的な要素に左右される部分は、顔や、身長などがありますが、これはよほど大きな欠陥がない限り、問題ないようです。身長が低くても結果を出している凄腕、上級者もいますし、顔は女性ほど優劣が現れにくいものです。

外見に自信がなくて、女性にアプローチできない方もいらっしゃるでしょうが、「自分はキモイ」というのは、まず思い込みに過ぎず、努力次第でいくらでも克服が可能なものだと思います。

僕の師匠のプロナンパ師アイズさんによると、男の顔の印象は髪型で5〜7割決まるそうです。

つまり、整形などを手がけるより、髪型の研究をした方が、よりローリスクで、顔の印象を良くすることができるという訳です。
僕も、今までおしゃれとは無縁の生物でしたが、このままではイカンと思い、政府の役人より重い腰をどっこらしょとあげて、髪型の研究・改良にも着手することにいたしました。
\(^ ^)/

ナンパ師になって気付いたのですが、人間というのは、先入観と第一印象でしか他人を判断しないものです。

例えば、NPOで
「この人、ひきこもりです」
と紹介されるのと、
「この人、ナンパ師です」
と紹介されるのとでは、相手の態度がガラリと変わります。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

ひきこもりですと、紹介されると、相手も気を使って、腫れものに触るように扱ったり、あんまり関心を持ってくれず、よそよそしかったりします。
ナンパ師ですと紹介されると、男性でも女性でも、ものすごく興味を持ってくれる人が現れますが、女性と話しているだけで、ナンパしているのだと思われ、邪魔されることがあります。

両方経験していると、とてもおもしろいのですが、最近はナンパ師としてしか周りの人間に思われなくて、ひきもり時代とは別の偏見にさらされているので、困ります(^^;

また、男性の場合は露骨ですが、異性を好きになる要因は、外見が最重要です。
いくら性格が良くても、誰も80歳のおばあちゃんを性的対象として好きになったりしません。
二次元の世界を覗いてみても美形・美少女であふれています。

相手の人間性を正確に見抜き、それをもとに対応を変えることができる人は、まずいないと思います。人間は、その人、個人ではなく、個人の持つ属性、外見からの情報で相手を判断しているだけです。

つまり、外見、第一印象はそれだけ重要。
美男美女は人生のあらゆる面で得をし、不細工・ブスはあらゆる面で損をしてしまうのが、この世界の厳然たる法則だと理解しました。これを知ったときは、さすがにショックでしたが(^^;

外見が良くなれば、ナンパの勝率が、今まで旧日本軍が旧式歩兵銃で、連合軍相手に万歳突撃していたのが、最新型アサルト・ライフルで突撃するくらい変わってくると思います。

なので、少しでも外見を良くする努力をした方が人生を楽しく過ごせますね。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:31| Comment(16) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

女友達と遊んで得られる情報

以前、凄腕の長さんが「女の子と遊んで得た情報を他の女の子に使っていくと効果的」と話していたのが印象的でした。[壁]・_・)ノ やぁ♪

そうすると、女の子から引き出しの多い男と好印象に取られるそうです。

例えば、やっぱり多少なりとも、デートで使えるような良い店の情報を知っておかないとアポの時、困るなぁと思います。チェーン店ではなく、穴場のようなお洒落な店とか知っているとポイント高いです。

僕もまったくお洒落とは縁遠いひきこもりなので、女友達と遊ぶときに彼女らから得られる情報が大変貴重なものとなります。こういった生の情報は、ネットから得られる情報よりも精度が高い気がしますね。

ネット上の情報は、ある種の偏見のフィルターがかかった物が多いと感じています。例えば、オタクはモテない、オタク趣味は引かれる。といったことが常識とされていますが、カラオケでアニソンを歌う女の子は現在では珍しくありませんし、歌ったことで引かれることはむしろレアケースです。
漫画好きな娘というのは結構な割合でいるので、漫画の知識も話の種に知っておくと有利に働くくらいです。オタク話っておもしろいと真顔で言う娘もいて、ビックリしました。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

そういうわけで、先日も女友達のたーちゃんと、二人でカラオケに行ってきました。
彼女はすでに長年付き合っている恋人がおり、僕もその仲に割り込もうなどとはさらさら考えていないので、恋愛感情が介在しないとても付き合いやすい関係になっています。

女の子とデートする時、下手に相手を落とそうなどと考えていると、立ち振る舞いなどに気を使って結構疲れますが、最初からそのような色気を出さないと、自然に付き合えて大変楽しいと思います。

恋愛感情の介在しない異性の友達は貴重です。

「カラオケでは、なるべく大きな声を出して歌うのがコツだよ。声が小さいと自信がないように感じるし、音程がずれているのがモロバレちゃうの。でも声が大きいと、それをごまかせるし、自信があるように感じられるから良いよ」
ほー、ほむ、ほむ。

僕は歌のレパートリーが少なくて二時間で尽きてしまうので、それ以後は思い切りエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』などのアニソンを歌いました。
(ノ*゜▽゜*)ニパパパ

彼女はアニソンも好きだというので、こちらも気取らなくて良いです。はい。
しかし、演歌の『兄弟船』『命くれない』を歌ったら、
「演歌はネタに一曲くらいなら良いけど、二曲以上だと、笑えないよ」
と言われました。アニソンより演歌の方が引かれるようです。
このあたりはTPOをわきまえるということで気をつけます。
ヾ(_ _。)ハンセイ…

その後、彼女と喫茶店に食事に行き、そこで話し込みました。
「この前、日記でイケメンでも女の子と付き合ったことの無い人の話があったけど、イケメンだからモテるとか、外見がすべてというわけじゃないよ。モテる能力は、もっと別の部分だと思うの」
そうなんですか?
「外見がすべてとか言われると、お姉さん悲しいなぁ」
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

また、彼女は今までナンパされたことがかなりあったようですが、相手がどんなイケメンでも、頭を下げて無視して逃げたそうです。
「ナンパって怖いよ。リョウくんのことは応援したいけど、女の子とHした数を自慢したりするなんて、信じられない。私は絶対嫌だな」
「彼氏が童貞だったりすると、逆にうれしいよ。私の友達もそう言ってた。安心できる気がする。さすがに30歳過ぎて童貞とかは、きついかもしれないけど、なんで男の人って、そんなことを気にするんだろう?」
なるほど、こういう意見もあるわけですか・・・

男は恋愛の過程よりセークスした結果を重視し、それによって自分のオスとしての価値を確認するので、恋愛観のズレがあるのだと思います。


追記。
明日、14日に新宿のロフトプラスワンで開かれるイベント『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』の第二部に出演して、恋愛格差社会の打倒という我々の理想について話すことになりました。

http://www.allneetnippon.jp/2007/09/914super.html

元々ひきこもりなので、大勢の人の前に出て話すのはナンパより緊張しますね。
(´Д`ι)アセアセ

夏目に会いたいという珍しい方、もしいらしたら来てください。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 15:36| Comment(32) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ナンパ修行

最近、ナンパのやり方をいろいろ試行錯誤している夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪
今年の●月、上級者ナンパ師のTさんと合流しました。

Tさんのナンパスタイルは、女の子に声をかけて反応が悪かったら、すぐに切り上げて次のターゲットにどんどんアタックするとうモノです。

彼はナンパに行くと最低でも50人に声をかけるそうです。w(°0°)w オォー
僕は2、3時間ナンパして、せいぜい20〜30人なので、これはすごいですね。

このやり方はナンパの効率を考えると、非常に合理的です。

ナンパは、女の子の最初の反応で決まると言っても過言ではありません。ぱっと笑顔になる、うれしそうな顔をしたら脈ありで、高確率で番ゲや連れ出しができますが、それ以外の反応では厳しいです。無理にトークをして食い下がっても成果なし、番ゲできたとしても死に番になる可能性が高いです。
Σ( ̄ロ ̄lll)

ナンパではルックスを上げることが成功の近道だと言われますが、これは「第一印象ですべてが決まる」ということが、厳然たる経験則としてあるからです。

このためナンパの効率を上げることを重視すれば、こちらに興味を示さない反応の悪い娘はさっさと切り捨てて、反応の良い娘を探して口説くのが正解となります。僕はこのスタイルを今まで参考にしてきたのですが、最近、トークの腕を上げるためにやり方を変えることにしました。( ̄ー ̄)v ブイ!

ガンシカ(無視)されなかったら、とりあえず粘ってトークすることにしています。

相手の女の子が明らかに拒絶の姿勢を見せたら、それ以上攻めるとトラブルに発展する危険があるので止めますが、そうでなければ、できるところまでトークします。案外、きっぱりとノーの態度をとらない女の子も多く、こちらが相手の軽い拒絶のサインを気にせずトークを続行すると、会話を続けることができます。

コミュニケーション能力と、恋愛の能力はどうやら比例するようです。

最近、『中年童貞 ―少子化時代の恋愛格差―』という本を買って読みました。
この本によると、中年になっても恋愛経験が無い人、童貞の人は、コミュニケーション能力が低く、喜怒哀楽の表情に乏しい人が多いようです。

IT技術者や、公務員にこの傾向があるらしく、パソコンと一日中にらめっこしている職場の人は、コミュニケーションの機会が奪われ、自然と会話が苦手なってしまうそうです。
在宅ビジネスをやっている僕も、ひきこもって一日中パソコンの前にいるので、危ないですね。
Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

凄腕のナンパ師には二つのタイプがあって、めちゃめちゃルックスの良いイケメンタイプと、ルックスはそこそこだけど、会話の能力が突出して高いタイプがいます。

僕が講習を受けた女好きさんが前者、アイズさんが後者ですね。
カリスマナンパ師と言われたサンジさんも後者です。
サンジさんの写真を見せてもらったことがあるのですが、ひょろりと背の高い、どこにでもいそうな気の良さそうな兄ちゃんでした。

なので、コミュニケーション能力を意識的に鍛えることも必要だと考えて、現在、効率ではなく、訓練を主眼にしたナンパをしています。

会話がうまくなれば、ナンパ以外の出会いでもおそらく有利に立てるでしょう。(^-^)v エヘヘ

昨日は、そんな感じでナンパして、かなりの数の女の子とトークできました。例え失敗しても、それなりの時間、女の子と会話ができれば、なかなか楽しいです。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:11| Comment(4) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

4キロ痩せました(* ̄ー ̄)v

いろんな人から、キミはもっと痩せたほうが良いよ、と言われている夏目です(=°-°)ノ ドモデス

ナンパは第一印象がすべて。
ルックスが良ければ、それだけで成功率が上がります。


しかし、僕は太っていて、身長175センチに対して、体重は80キロでした。適正体重は65キロ前後なので、明らかにヤバイです。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

身体が大きく、小さな折り畳み傘を持って立っているところが、宮崎 駿の『トトロ』を彷彿とさせるというところから、コードネーム『トトロ』とか言われていました。
なんか強いのか弱いのか、わからんコードネームです Σ(・□・ )

しかし、最近、ダイエットに挑戦し、二ヶ月で4キロ落ちました。
ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪

行っているダイエットの内容は、
●ご飯の量を3合から1合に減らす。(ご飯が一番太る原因)
●出ているお腹を引っ込めるために、一日腹筋を百回する
●ナンパに行った際は、なるべく足を止めずに歩き回る。


主にこの3つです。
ご飯の量は、自衛隊を辞めてからも、部隊にいたときと同じくらい食べていました。運動をしないのなら、その分、ご飯の量も減らさなくちゃならないのが道理です。
でも、習慣とは怖いもので、一定量食べないと満足できず、不摂生な生活を続けていました。
ヾ(_ _。)ハンセイ

また、僕はお腹が出ており、お腹を引っ込めるためには、腹筋が一番だと聞きました。

腹筋は、両足を階段の二段目に引っ掛けて、膝を曲げた状態で行います。
こうすると、より純粋に腹の力のみで、身体を持ち上げることになり、腹筋が鍛えやすいです。
ただし、めっちゃ疲れます ( ̄◇ ̄;) ハゥー

また、ナンパは必然的に歩き回るので、ダイエットに最適です。
有酸素運動で、体脂肪がどんどん燃焼。
あなたも今日から初めてみませんか!?
(* ̄ー ̄)v


ダイエットの成果が出つつあってうれしいのですが……
やっぱり食べないと、お腹が空きます( ̄□ ̄|||)

お腹が空くと人間は野性の本能がカモーンになり、戦争を起こしてしまうというのもうなずけますね。
結構、きついです。

なので、誘惑に勝てず、ついつい食べてしまう今日この頃……
特に、なにか食後に甘いものを食べたくなってしまうのじゃー! Σ(ノ°▽°)ノハウッ!
アイスのおいしい季節だしね。

目標は、あと10キロ減量です。

痩せれば、もっとナンパの打率も上がると思うので、がんばります。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 20:41| Comment(6) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

モテる努力はカッコ悪い?

毎日、腹筋、背筋、腕立て伏せの筋肉トレーニングをしている夏目です(=°-°)ノ

理由は、もちろん、モテるため (´∀`)

贅肉の付いたボディじゃカッコ悪いですから、徐々に引き締まった身体にしていくつもりです。なんか自衛隊にいた時より、当社比200%増しで、熱心にやっています(笑)

女の子にモテるために努力するのって、昔はなんか不純でカッコ悪いと思っていました。「女なんか気にしない」って態度の方が、熱血硬派でかっこいいという風潮がありました。

でも、女にモテたいという本能に根ざした動機の方が、自衛隊で仕事として身体を鍛えなければならないなんて動機より、圧倒的にモチベーションが上がるんですよね。

ファッションの勉強をしたり、カラオケのレパートリーを増やしたり、トークの訓練をしたりと、以前では考えられなかったくらい、積極的に自己改造を行っています。

自己成長するなら、動機がなんであろうと、良いのじゃない? というか、なぜ女にモテようとすることを不純な動機と世間では言うのか、ちょいと不思議ですね。

男が女を求めなければ、人類滅亡しちゃいますよ。(;´∀`)

性というのは、人間が繁殖していく上で絶対的に必要なことで、もしかしたら人間の、あるいは生物の行動は、そのためにプログラムされているのではないかと、考えられているくらいです。

昔の日本は、性については比較的寛容で、混浴風呂なんて、ふつうにあったそうです。でも、明治以降に入ってきたキリスト教文化の影響で、性に対するタブー意識が芽生えました。キリスト教では、性は「穢れたもの」「不道徳なもの」という考え方があって、その考え方が、少しずつ入ってきた。
結果、18歳以下の年齢での男女交際は、不純異性交遊とみなされるようになってしまったのです。

性を不道徳なモノとして禁止されて育てられた若者は、異性との交際の仕方を学ぶ機会を奪われたまま結婚適齢期を迎えてしまいます。すると、いざ恋愛して結婚しようと思っても「恋愛ってどうやるだよ? わらねーよ、コンチクショー!」という恋愛不能ケースになってしまうことが多いようです。
ここにも一人、夏目涼介という、25歳になるまで女性に告白もしなかった男がいますしね。
(T_T)

だって、女の子を口説くのって、怖いだもん!
失敗したら、超悲惨じゃないか!?


日本人は、西洋人と違って、元々、人付き合いが苦手な自閉的な気質の民族らしいです。アメリカ人は知らない人にも陽気に話しかけますが、日本でそんなことをやっているのはナンパ師かキャッチくらいです。ひきこもりという現象も、アジアの文化圏にしか起こっていません。

このような民族性の上にキリスト教圏の性のタブー意識と、恋愛しないと結婚できないという恋愛至上主義が重なると、結婚できない人が大量に生まれてしまうのじゃないか? と思います。

それが、現在の晩婚化、少子高齢化を招き、緩やかな日本滅亡のカウントダウンが始まっているのじゃないでしょうか?

これを防ぐためには、モテるために努力するのはカッコ悪いなんて、言ってはいられません。憂国の士たらんとするなら、がんがん、モテる努力をしましょうヽ(゚∀゚)ノっぱ

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 12:51| Comment(9) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

服を買いに行きました。

新宿で会った凄腕ナンパ師の方に、服装の悪さを指摘されたリョウちゃんです(=°-°)ノ

そのため、しばらくブルーになってナンパのモチベーションも落ちていました。
ヽ(´〜`;)ウーン

人は見た目です。見た目が9割です。
恋愛ノウハウ本とか読んでも一向に効果が無かったのは、単純にルックスをあげる努力をしていなかったからだと、ようやく悟りました。

遅すぎますね。(;´Д`)

恋愛ノウハウの本には、どうして「ルックスをあげろ! そうしたら、モテる!」という真実が書かれていないのでしょう? 不思議です。

しかし、ファッションセンスなど0に等しいので、ゴールデンウィーク中に、女友達のYさんに頼んで、服の買い物を手伝ってもいらいました。
m(_ _)m アリガトォ〜★

彼女は、以前アパレル関係に勤めていたので、ファッションについてはプロ級です。それに女の子にウケる服装は、やはり女の子に選んでもらうのが一番でしょう。

久しぶりに会ったYさんは、髪を伸ばし、白いノースリーブのワンピースに肩掛けをし、日傘を差したお嬢様っぽいファッションでした。

ふむー。キャラに合った服装をやっぱりチョイスしていますね。
彼女の清楚な雰囲気にマッチしています。

「リョウさんの服を選ぶのに、どんな男性、どんな服装が好みか、女友達25人と、モテる男友達に聞いてみたよー」

にゃに!? そんな事前のリサーチを!
w(°o°)w おおっ!!

お店に入って、その場で決めれば良いやと考えていたので、驚きです。まさか、そこまでしてくれるとは、感激に涙が・・・(T-T) グスッ

Yさんは、どこか喫茶店に入って、作戦会議をしたいということで、マックに入り、アンケート結果を見ました。すると、

好きな感じ「さわやかな服装」「スーツ」「笑顔が素敵な人」
嫌いな感じ「チャラチャラした服装。お兄系」「やたらルックスに自信を持っててナルシストな人」と答えた人が多かったです。


その他、「キャラに合ったファッション」「タンクトップきもい」「不潔なのは問題外」「大人なのにバックがちゃちいのはダメ」などの意見がありました。

Yさん自身も、チャラチャラした感じの人は好きではないらしく、僕のキャラでもないので、さわやかな感じの服装にしようという方針になりました。

でも、さわやかな服装などは、一歩間違えると、秋葉系になってしまうので、難しいです。( ̄-  ̄ ) ンー

2人で、東京のお店を梯子して、えっちらほいさ。
雑誌には必ず出ているお店を回りました。
ジャーナルスタンダード、SHIPS、アローズ、ラグシー etc…

しかし、良い服は高い……

「違うっ! この中で店員さんとかの着こなしをみるべし!
そして欲しい服の安いバージョンを探すの!」


な、なるほど。
Yさんによると、目立つアウターを高い服にして、インナーなどを安い服すると、安い服まで高く見えるので、良いとのこと。

ということでユニクロへゴー!
ちょうどTシャツフェアみたいなのがやっていたので、そこで二枚ほどTシャツを購入。

さらに、アイズさんから、ナンパでオススメのジーンズを●●●ですと教えられていたので、彼女にも見てもらって、探しました。

ユニクロを出てから、アローズで季節感を出す為と、全体的に垢抜けさせる為に 紺の麻のシャツをゲット。

今回は、ここまでにしました。
後は、自分で勉強しながら、徐々に服装をそろえていくことにします。

「夏目さん、表情が以前より柔和になったね。
話も上手になって、おもしろかった。特訓の成果が出ているね」
褒められたノ(´д`) ヘヘヘ

「でも、前より太ったね」
次は、痩せる努力をせねば!Σ( ̄ロ ̄lll)

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 19:32| Comment(19) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

無理の無いダイエット。

リョウちゃんは元自衛官の傭兵崩れです。(=°-°)ノ ドモデス

日本の有する傭兵部隊で5年もの間、戦場を渡り歩かなかった男です。だから、ときどきうらぶれた酒場でバーボンを飲みながら、「古巣の戦場が俺を呼んでいる」などと思うことは、ありません。というか、お酒は高くて買えません(汗)。

そんな感じなので(どんな感じ?)、僕の経歴を知ると、筋肉ムキムキの体格の良い男をイメージするかもしれませんが、ひきこもり生活が2年も続いたので、すっかり体力は衰え、やや太っています。Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

身体が大きいので、小さな折り畳み傘を持って立っている姿が宮崎駿の『トトロ』にそっくりだといわれます。ほめ言葉?( ̄◇ ̄;) ハゥー


さてさて。この前、いつもお世話になっている女友達のたーちゃんと、二人で下北沢に服を買いに行きました。デートみたいなもんですが、彼女はすでに恋人がいるので、残念ながら恋愛の射程圏外です。

そこで、たーちゃんに服を選んでもらったり、オススメの喫茶店や小物屋さんを教えてもらったりと、デートで役立つ情報をいろいろ教えてもらいました。大変、ありがたいです。また今度、お礼します。

そこで、彼女に
「リョウくんは、ちょっと太っているから痩せたほうがいいね。
顔の肉とか落ちて引き締まれば、もっとかっこよくなるよ」
と言われました。(^〜^;)ゞ イヤァ〜

ふむー。ナンパではやはり、ルックスを良くすることが重要です。

しかし、頭ではわかっているのですが……
ご飯が大好きなもので、いつもバクバク食べてしまうのが、ネックなのです。
ダイエットはかなり辛いっす!

「いやー、ご飯が好きなもので、いつも三合くらい炊いて食べているんだよね。そうしないとお腹すいちゃって」
「三合!? って、それ多すぎだよ。私なら毎日、一合も食べないよ。ご飯って、太る元なんだよね。これからはご飯を二合に減らしてみなよ。

徐々に食べる量を減らして、胃袋を小さくするの

あっ、いいこと聞いた!w(°o°)w おおっ!!

このダイエット法は無理なく使えそうなので、さっそく次の日から、ご飯を二合に減らしました。最初のうちは、きつかったですが、今では結構慣れてきています。

さらに、お腹を引っ込めようと、毎日腹筋の筋肉トレーニングをすることにしました。
そのおかげか、久しぶりに会った娘に、ちょっと痩せた? と言われました。
うれしいですーヽ(´∇`)ノ

この調子で、夏までにはなんとか痩せて、海やプールで水着ギャルをナンパしたいです!

たーちゃん、良いことを教えてくれて、どうもありがとうございました。m(_ _)m

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

音楽の知識を身に付ける!

ナンパした女の子と、後日、カラオケに行けたのは良いけれど……
待ち合わせ場所で、うまく落ち合えなかったり。約束した人数を集められなかったり。
アニソンしか歌えなかったりと、数々のミスを犯してしまったリョウちゃん……

●カラオケでアニソンしか歌わずに失敗。

とどめの「もう一緒に遊びたくないです」という言葉の弾丸を心臓に浴びてしまい、三日三晩生死の境をさまよいました。というのは、オーバーですけど、さすがに次の日は、一日ずっと凹んでいましたね。(。_+)\イタ〜

でも、兵士は例え傷ついても戦場に帰っていくモノです。
今回の敗戦を教訓とし、自分の弱点がいろいろわかったので、弱点克服のための特訓を開始しました!

まずは、いくらなんでもアニソンしか歌のレパートリーが無いのは致命的です!
ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

これでは、今後、女の子をカラオケに誘うことなどできません。
そこでナンパ同士のジョシュさんや、池さんにオススメの音楽を借りて、聞くことにしました。基本的にリョウちゃんは、家にいるときは、実に模範的なひきこもりで、誰とも口をきかずに朝から晩までパソコンの前にいるので、パソコンをやりながら、音楽をほとんど一日中聞いています。( ̄+ー ̄)キラーン

今も、ブログ書きながら、「宙船」とか「三日月」とか流しています。
最近は、これがお気に入り。

今までの僕は、アニソンやゲームミュージック以外、音楽にはまったく興味がありませんでした。

他人に合わせて聞きたくもない音楽を聞くより、例えマイナーなアニソンでも、自分の好きな音楽を聞くのが楽しいし、正しいことだと考えていました。

しかし、これでは他人と共通の話題が作れません。Σ( ̄ロ ̄lll)

最近、ようやく気づいたのですが、ほとんどの女の子は音楽が大好きで、歌手や好きな音楽の話題を振ると、ぜんぜん知らない未知の言葉をたくさん聞かせてくれます。そう音楽の知識は、女性と仲良くなるために知っておいて、損がないのですね。
当たり前なのですが(汗)。

他人と仲良くなるためには、なるべく多くの人が興味のある分野の知識を持っていたほうが有利に決まっています。
そのためには、くだらない我執など、喜んでドブにすてる!

女の子と遊びまくる楽しい人生のために修羅と化す。
モテるための思考、行動に純化せよ。
それを阻む考えこそ、煩悩、愚考。その他一切夾雑物!


でも、今まで溜めてきた美少女ゲームは絶対に捨てませんが……(くだらない我執)
Σ( ̄ロ ̄lll)

また、カラオケの機械の操作や、お店のシステム、場の雰囲気に慣れるために、最近は機会があれば、友達を誘ってカラオケに行っています。
とにかく場数を踏んで、慣れておかないと、歌を歌うことに精一杯で、女の子とトークを楽しむどころじゃありませんから……。

もちろん、特訓はこれだけじゃ、ありません。
他にも並行して、あることを開始しました!
それがなにかは、また次回、お話します。(。・_・。)ノバイビー

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 23:43| Comment(5) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

オフ会で修行

「上手く会話するためには、

上手く会話しようと思わないことだ」


という言葉を出典は忘れたのですけど、どこかの本で読みました。
どうも元ひきこもりナンパ師リョウちゃんです。(=°-°)ノ ドモデス

女の子とデートしたり、ナンパしたりするにはコミュニケーション力が必須ですけど、僕は自分のトークに自信が全くありませんでした。ハッキリ言って、今でもコミュニケーション力はたいしたものではありません。

女性を前にして、たまにポロッと失言をしてしまったりして、
相手を不快にさせてしまうことが多々あります。(;´д` ) トホホ

昨日の日曜日、東京都内で行われた飲み会のオフ会に参加してきました。
女性と話す機会は自分から作らないと、ぜったいにやってこないので、
コミュニケーション力を磨くため、こういう場には積極的に参加しています。

飲み会時の最初の重要チェックポイントは、
女性の正面、または隣に陣取ることです。
これはもー、絶対の法則だと思います。


なぜか、こういう場ではみんな遠慮して、最初は男は男同士、
女の子は女の子同士で集まってしまうものです。
昔の僕もそうだったのですけど、
女性と話したくても自分から近づけない男性って、結構いるのですね。

恥ずかしいなぁ、変に思われたくないな、恥を掻きたくないなぁ、という不安や自意識がその原因だと思います。

だけど、女性の側に座らなければ、絶対に彼女らとは話ができないのです!

だから、僕は当然のごとく女性陣の正面に陣取りました。
これはもー、相当勇気が要る行為です。
でも勇気に対する見返りは大きいです。うふふ♪ (* ̄ー ̄)v

案の定、最初はみんな遠慮して、側によって来ません。
女性三人に対して僕一人の状態で、ラッキーと思っていました。

が、一人トークのうまいヒロポン(仮名)という男性が、
「ちょっとここいいですか?」
と、さわやかスマイルでやってきました。( ̄◇ ̄;) ハゥー

ヒロポンは女性達に軽い冗談を言って、場の流れの主導権を掴もうとします。うーむ、これは手慣れているなという感じです。
ここで負けちゃなるまいと、僕も取り残されないように積極的にトークに混じりました。

ここで、僕は同じ質問を何度もしてしまったり、女性の年齢に関して失礼なことを言ってしまったりと、ダメな失敗もしました。

「ちょっと、それ失礼なんですけど……」
と二十歳のかわいい女性に顔をしかめられたときは、結構ヤバイと思いました。ああ、やっぱり僕のコミュニケーション力は低いなーと、内心、凹んだものです。
以前までの僕なら、この時点で萎縮して、話ができなくなってしまうところでしたが、

うまく話す必要なんてないんだ。ダメで元々。じゃんじゃん話して経験を積んでやろう。

と思っていたので、わりと平然とトークが続行できました。
萎縮したり、自信のないところ見せるても、百害あって一利なしです。

また、軽妙なトークで、いかにも話慣れている感じのヒロポンも、失敗をやらかしていました。

「○○さんは、お母さんみたいな感じだね」
「ちょっと、どういう意味ですかそれ? 老けて見えます?」
「いや、ホスピタリティが高いってことだよ」

という感じで、失言に対して笑顔でフォローしているところが印象的でした。うーむ、ひきこもりとは縁もゆかりも無そうな社会人でもやっぱり失敗はするものですね。
んで、僕は女性を喜ばせるために、女性を褒めることも研究していますので、お母さんみたいと言われて、ちょっとご機嫌斜めな女性に思いきって、

「○○さんは、肌がキレイだから、若いってすぐわかるよ」
と言ったら、口元を押さえて照れるという好反応を見せてくれました。

この飲み会では誰から電話番号を聞き出すとか、後日の約束を取り付けるとかのナンパアクションはできなかったのですが、良い経験になりました。
でも結局無難は話しかできなかったので、今度は冗談も積極的に言えるように努力したいです。


今回の収穫

リョウちゃんはレベルがあがった。お世辞がちょっとうまくなった!
posted by リョウ at 15:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

カッコイイ服を買いに行きました。

こんにちわ。元ひきこもりナンパ師、リョウちゃんです。(=°-°)ノ ドモデス

リョウちゃんは、自慢じゃありませんけど、自分の外見をあまり気にしない人間です。
取りあえず、不潔じゃない格好をしていればイイやと、
服や髪型などにはまったくお金をかけてきませんでした。(´ ▽`).。o♪♪ ボケ〜

ギャルゲーの女の子は、僕の外見とかまったく気にしないしね。
ひきこもっている間は、とにかくパソコンの前にいればご機嫌だったので、なんの問題も感じませんでした。
インターネットとパソコンは人類最大の発明さ〜\( * ´ ∇ ` * )/ WA−I

しかし、


……


ナンパするにはそれでないかんだろう!!


と、自分で自分に突っ込み……
NPOで知り合った友人にも、
「リョウさん、女の子にモテたいなら、もっとカッコイイ服を選んで着たら?」
と、指摘されました。
まあ、当たり前のことですね。はい。

カッコいい男と、格好悪い男がいたら、どちらがモテるかは一目瞭然ですから。

でも、ここで一つ問題が……

……


カッコイイ服ってどんなのか、

さっぱりわからんよ!?

どうすればイイの?



そう、リョウちゃんは26年間、ファッションとかにはまったく興味がなかったので、カッコイイ服とか着こなしとかさっぱりわかりません。
ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

そこで、NPOで一緒に働いている女子大生たーちゃん(仮名)に、
「一緒に服を買に行ってくれない? ファンションのこととかさっぱりわからないから、選んで欲しいんだ」
と頼みました。

たーちゃんは、ファッションセンス抜群の美少女です。
ちょーかわいいです。

昔の僕なら、おたおたして話もできなかったでしょうが、数々の修行を積んだおかげで、自然に話すことができています。
でも、たーちゃんには彼氏がいるので、僕のナンパの対象外です。( ̄。 ̄)ボーーォ

NPOスタッフメンバーの娘は、あくまで仲間として付き合っているので、恋愛対象にはしていません。みんな僕がナンパやっていると知っているしね。♪〜( ̄ε ̄;)

こういうこと頼んでもたいていの娘は、「忙しいから、予定があるから」と断ります。
だから、どうせダメだろうなぁと、ダメもとでお願いしました。
でも、たーちゃんはなんとOKしてくれたのです!


天使のような娘だ!


と、感涙にむせぶ思いです。(T_T) ウルウル
世の中の人のほとんどは、何の見返りもなく相手のために働こうなどとはしてくれません。

正直に「女性と話すのが苦手だから練習のためにちょっと話し相手になって欲しい」と頼んでも、「私はアンタの踏み台じゃない!」と、けんもほろろにされるのが常です。(;_;)

あー、世の中の人間ってのは、きれいごとは言うけれど、結局は自分のため以外には動こうとしないんだぁ、と思っていたので、感謝感激でした。

たーちゃんとは、東京の水道橋と、新宿のお店に行きました。
「リョウさんは、目が大きくて顔がかわいい感じだから、服はシックな方が似合うよね」
「無地の服と模様やガラがついた服を組み合わせた方が良いよ」
「黒と赤はよく合うんだよ。でも赤はちょっと冒険だねー。ここは緑の方が無難かな?」
と、いろいろアドバイスしてもらい、かなり奮発して2万5千円くらい使いました。

いままで服と言えば、ユニクロしか買ったことがなかったのですが、
今回初めて、ユニクロ以外の高い服を買いました。

良い服を着ると、なんか自分に自信が持てるようになりますね。
鏡を見て、今までとは違う自分に出会うと、別人になったかのように錯覚するのです。
外見が変わると、内面にまで影響があるようです。

たーちゃんにも、「なんかリョウさん、街にふつうにいる男の人みたいに見えるよ。すごい、すごい」と言ってもらえました。



うん? ちょっと待って……それじゃ、



今まではふつうじゃなかったのですかい? 



「今までの格好で、女の子にガンダムの話とかしたら、秋葉系の人に見えたかも……」


はい?


自覚がなかったけれど、ちょっとやばかったらしいです。

今までまったく興味がなかったのですが、服を選んで買うというのもおもしろいですね。
違う自分になれる、格好良くなれる、というのを実感できました。

たーちゃんには服装以外にも女の子にモテるためのアドバイスをいろいろいただきました。これはまた後日、詳しく書きたいと思います。

彼女にはまさに大感謝です。
☆⌒(*^-°)v Thanks!!
posted by リョウ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

メイドさん相手に特訓

寒くなって、朝、布団から出るのが辛くなってきました。
元ひきこもりナンパ師、リョウちゃんです。(=°-°)ノ ドモデス

リョウちゃんは、パソコン、ゲーム、インターネット大好きです。
元自●官だけど、外でスポーツなどして身体を動かすより、
お部屋で遊んでいたいタイプの人間です。

自●隊には、キャバクラとか、スナックとか、風俗とか、
そんな女遊びが好きな人たちがなぜか多いのですが、
僕はそういうことには、ぜんぜん興味がありませんでした。(´Д`) ハゥー

先輩に無理矢理キャバクラに連れて行かれたことがあったのですが、
そこで女の子がいくら話しかけてきても、緊張状態でまったく話せませんでした。
そもそも、高いお金を払って女性と遊ぶより、
一人でパソコンに向かっている方が楽しかったのです。
まったく、なぜ、こんなことをみんなしたがるのか、不思議でたまりませんでした。

しかし、ひきこもりになり、誰とも接しない生活を続けていると、強烈に人恋しくなりました。
とにかく誰かと話したい、それも女の子と遊びたいという気持ちが強くなっていったのです。

どうせこのまま野垂れ死ぬなら、やりたいことやって死にたい!
と、ナンパすることを決心した僕ですが、
ナンパするためには、とにかく女性と話すことに慣れなきゃなりません。

しか〜〜し、そうそう都合良く会話できる女性に恵まれたら苦労はしませんよね。
ヽ(ー_ー )ノ マイッタ

そこで、目を付けたのが、秋葉原のメイドさんマッサージのお店です。
秋葉原では、今、空前のメイドさんブーム!
メイド喫茶を初めとして、さまざまなメイドさんのサービス店が乱立して、
しのぎを削っています。

そんな中に、メイドさんがマッサージをしてくれるというお店があるのです。
言っておきますが、風俗店じゃないですよ〜。
単に女性がメイドのコスプレして、ふつうにマッサージしてくれるだけです。
しかも35分で2800円という安さです。
この間に、メイドさんとマンツーマンでお話できまくるという訳です!
(ノ*゜▽゜*)ニパパパ

この店を最初に発見したとき、うわっ、なんじゃこれは……
という感じで、入ろうか否か、そうとう迷いました。
でも、これもひきこもりを脱出してナンパ師ライフを楽しむための第一歩だ!
と、割り切って中に入りました。

中はちょっと少女趣味な癒し系の音楽が流れ、
リラックマなどのぬいぐるみや、メイドさんの写真などが飾られており、
なにか少女チックな異空間と化していました。
これはおもしろい。雰囲気からして、良いなぁ、と、
ウキウキしながら自分の番が来るのを待つことに。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

メイドさんマッサージ店は、大変人気があって、
ひきこもりの特権を利用して平日の昼間に行っても、
15分くらいは順番待ちをさせられることになります。

でも一番最初に行ったときは、気遅れしてしまい、
メイドさん相手に始終敬語で話してしまって、
あまり打ち解けられませんでした。
く、くそ〜、ご主人様という設定なのに……!(T∇T) ウウウ

「ご主人様は、こちらは初めてですか?」
「は、はい。実はメイド喫茶を探していて、ここに来ました……」
「お仕事はなにをされているのですか?」
「えっと……ITコンテンツの配信です(個人サイト持っているので)」

そんな感じで冗談の一つも言えず、相手を褒めたりすることもできず、
真面目でおもしろくもない受け答えを……。

これはダメだ!
と、帰りの電車で猛反省しました。

次に行ったときは、ぜったいに砕けたタメ口で話そう。
冗談を言ったり、お世辞を言ったりしよう! と、心に決めました。
多少、相手に失礼に思われても、とにかく会話の修行することが大切なのじゃ!\(`0´)/

そして、リベンジマッチ。

「へ〜、君は●●さんって言うの?
こういう店の試験に受かるだけあって、さすがにかわいいね。今、大学生?」
「普段はどんなところで遊んでいるの?」
「実家はどこ? 栃木かぁ〜、東京って人がたくさんいて、すごいよね。
初めて新宿とか行ったとき、驚かなかった?」

と、こちらからとにかく積極的に話しかけました。
人が苦手なひきこもりなので、
ときどきメッキが剥がれてどもり気味になったりしましたけど、
最後まで結構楽しく会話できました。(*^▽^*)

いや〜、やればなんとかなるものですね。
もちろん、相手は商売なので、
こちらの気分を害するようなことは言わないのは当然ですけど、
女性と話すのに慣れるにはもってこいでした。

と言うわけで、なんだかこの店が気に入ってしまって、
今でもときどき行くような常連と化してしまいました(笑)。
でも、この前は、メイドさん相手に

「もしよかったら、今度一緒にご飯でも食べに行かない?」

と、誘って、

「それはダメです。そういうことは、お店の規則で禁止されています」

と怒られちゃいましたけどね。
posted by リョウ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

デパートの店員さんに話しかけまくる。

全国の女子高生のみなさん、お手紙待っています。
元ひきこもりナンパ師、リョウちゃんです。(=°-°)ノ ドモデス

リョウちゃんは、将来が真っ暗になるくらいの正真正銘のひきこもりでした。
1日中、誰とも話さないなんて朝飯前。
というより、人間嫌いなので誰とも話したくありませんでした。
たった1人で好きなパソコンや読書ができれば、1日ごきげんでした。
(=´∇`=) ニャン♪

こんな僕が、「一度の人生、やりたいことをやって死んでやる!」
と、開き直ってナンパを志したのだから、さあ大変です。

ハッキリ言って、リョウちゃんはコミュニケーション能力0でした。
( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

女の子どころか、同性とさえうまく話せず、いつも沈黙しているような人間。
冗談も言えず、自分を主張することもできず、
仲間とうまくやっていくのにかなり苦労してきました。

自●隊の営内隊舎で、共同生活をしていたころは、3〜4人部屋で、
常に他人が側にいるという環境だったので、まさに毎日が針のむしろ状態でした。
上級者への敬礼や挨拶は別にして、よっぽどのことが無い限り、
自分から他人には話しかけませんでした。

同性に対してさえ、これなのですから、女性を相手にするとなると、
もはやお手上げです。ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー
緊張でがちがちになって、なに一つしゃべれなくなります。

運良く女の子と二人っきりになれるようなシュチュエーションに恵まれても、
頭の中で、どう話しかけたらよいかグルグル考えるだけで、無言で通します。
も〜〜、アホです。

これは身内に対してすら同じで、従姉妹にまぶしいくらい美人の三姉妹がいたのですが、
彼女らとリラックスして話したためしがありませんでした。
「あ、あのお姉ちゃん……」
「なあにリョウちゃん?」
「……う、うん、何でもない……」
「?」
のような状態でした。
今考えると、もったいなくて血の涙がでます。(T_T) ウルウル

しかし、リョウちゃんは、ひきこもって仙人のように1日座禅を組んでパソコンに向かっていた結果、ある時、悟ったというか開き直ったのです。

「アホか! 別に上手く話せなても、ええ、じゃろが!? めちゃめちゃ空気の読めないデリカシー皆無発言して、女に迷惑かけまくったろうじゃないかい!」
と、思ったのでした。

他人に嫌われたらどうしよう……?
バカだと思われ無くないなぁ……

と、これまでビクビク考えていたのが、開き直ることにより、
バカで結構、嫌われても全然構わない。他人に迷惑かけまくってやれ!
という心境に変わったのです。

だって、どうせ、ひきこもりだもの。
人類最底辺の社会の爪弾き者なんだから、恥を掻いたところで、
他人から嫌われたところで、0が0になるだけで、何も現状は変わりません。

だから、やりたいことをやりたいようにすることにしたのだ、うははは!

そこで、女性とのコミュニケーション能力を高める特訓のため、
デパートの若い女性店員さんにご迷惑をかけることにしました。
真面目に働いている女性店員さんに商品を買うつもりもないのに話しかけ、
あれやこれやと世話を焼いてもらうという、
まさにまさに他人の迷惑なんのそのの極悪非道の地獄の特訓です。
ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー

僕はパソコンが好きなので、ビックカメラやヨドバシカメラといった店に向かい、
そこで特訓を行いました。

若くてキレイな女性店員さんに、
「すみません。マウスを買いたいのですが、どこで売っていますか?」
などと話しかけます。
相手は商売ですから、邪険に扱われることはありえません。
会話の練習相手にはもってこいないのです。ヾ(*^。^*)ノ いえぇ〜い

しかし、これでは「マウスはあちらになります」と、
親切に教えてもらってジ・エンドです。
そこで、少しでも会話を引き延ばすため、
「マウス売り場まで案内してください」
「僕はマウス買うのは初めなんです。
 どういったモノがオススメなのか教えてくれませんか?」
と、いろいろ質問してみます。

あまり専門的なことを聞くと、経験豊富な男性店員にバトンタッチされるので、
注意が必要ですけどね。

恥を掻いてもぜんぜんOKと開き直っていると、案外ふつうに話せます。
こうやって、女性との会話経験値をハードルの低いところから積むことにしました。

ただ、あまりにもマニュアルな対応する店員さん、例えば、携帯電話売り場の娘とかは、
会話をしているという感じじゃないので、やめておいた方が良いです。
ほぼマニュアル通りの対応しかしてこず、おもしろ味に欠けます。

あとキャッチセールスの娘とかも、商品を売るための会話しかしてこないので、
ついていっても100害あって一理無しでした。
posted by リョウ at 21:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。