2007年10月01日

ファーストメールがダメだった

先月から、6人連続死に番(音信不通)記録を更新している絶不調の夏目です|・ω・)ノ やぁ♪

今回、なぜ死に番になってしまうのか、その原因と思われる驚愕の事実が判明しました。

それは・・・


次回に続く!!!"( ^ - ^ )ノ~~マタネー☆


あっ、物を投げないでください!
ちゃーんと、タイトルに「ファーストメールがダメだった」と書いてあるではありませんか!?

金曜日にNPOコトバノアトリエのWEBラジオ『オールニートニッポン』に出演するために水道橋に行ったので、ついでに新宿でナンパしてきました。

放送がオンデマンド版で配信されてますので、よかったら聞てくださいね。
http://www.allneetnippon.jp/2007/09/3_11.html

今回、新宿駅南口あたりで、なにかウロウロしている美人の黒服お姉様を発見。
街中にある地図を見たりして、どこか探してるようだったので、
「こんにちは。なにか探しているの?」
と声をかけました。

「郵便局を探しているのですが、知りませんか?」
新宿の郵便局なんて、知らないので硬直。
「いや、知らない」
「そうですか、それでは」
お姉さんは去っていこうとしました。
(´□`;)

一瞬、あきらめようかと思いましたが、ここは勇気を出して粘ってみることにしました。
「よかったら、探すの手伝いますよ。実は僕は5時半までに仕事で水道橋に行かなければいけないのだと、それまでは暇なんで」
「いえ、悪いですし・・・」
「大丈夫、大丈夫、僕はこういうの得意なので、ちょっとその辺の人に聞いてきますよ」
と言って、近くを通りかかったおじさんに道を尋ねて、彼女を攻略するための重要な軍事機密を入手することに成功しました。
敬礼 (−−)>>

ナンパの練習として、道を聞きまくる訓練を積んできているので、道聞きに関してはプロ級です。
(* ´∀`)

これがきっかけで、多少打ち解けられたので、郵便局に行くまで平行トークしました。
話してみたら、なんと彼女はスチュワーデスをしているというでは、ありませんか!?
しかも、年齢も同じでビックリしました。
郵便局に行った後、お茶に連れ出したかったのですが、買い物をするということで、やんわりと断られました。でも、また会いたいので連絡先を教えて欲しいと言うと、承諾してくれましたのでラッキーでした。
( ̄ー ̄)v ブイ!

最近、気づいたのですが、どうも僕は二十代後半から、三十代前半くらいまでの女性に好かれる傾向があるようです。ナンパできたり、好印象を持ってくれるのは、だいたい年の近い人が多いです。なぜでしょうかね?

その後、二時間後くらいにファーストメールを送って、水道橋のNPO事務所まで行きました。
ラジオの収録が終わって、簡単な打ち上げの飲み会になったのですが、この時間になっても、スチュワーデスのお姉様からは返信が来ませんでした。ヤバイ、これは死に番の線が濃厚です。
(・_・、) グスン

先月から数えて、これで6連続死に番で、まったくアポが取れない状況が続いているので、これはもしかして、ファーストメールが悪いのではないかと考え、その場にいた女友達に尋ねてみました。

「今日、実はナンパに成功してきたんだ」
「おおっ、すごいじゃない!」
「で、こういうメールを送ったのだけど、どう思う?」



・・・・・・



「ナンパ師のくせに、こんなメール送っているの!?」

Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!


「これ、ぜんぜんダメ。重いっていうか、絶対に引く。その上、なんて返信して良いか困るよ」
「なんと・・・」
ちなみにこれが僕が送っていたファーストメールです。


タイトル 夏目です。

新宿で会った夏目です。今日は新宿に来て良かったです。おかげで●●さんのような素敵な女性に会えました(^-^)v



女友達の解説によると、素敵な女性とか、言ってはイカンらしい。
お世辞が見え透き過ぎている上に、性的な対象としか見られていないようで、不快感を感じるそうです。

「メールではさりげなく相手のコンプレックスに触れないところ、例えば趣味とか、身につけているアクセサリーのセンスとか、そういうところを褒めると良いよ」

とのこと。
ちなみに彼女が実際にもらってうれしかった好印象なファーストメールというのも教えてもらいました。


タイトル ●●です!

昨日はお疲れちゃんですー
○○見たよ。写真の感性が素晴らしい!
完全に負けた(>_<。)
絶対に続けた方が良いよー(^▽^)
来週宜しくー



メールの文章は重くならないように、軽快な言葉を使うのがポイントのようです。

僕は元々、超堅物の内気超人だったので、メールの短い文章に本来の地の部分が出てしまい、硬く、重くなってしまう傾向があったようです。重いというのは女性に嫌われるのですね。
ε=( ̄。 ̄;)

僕の心情としては、チャラチャラした軽い感じというのは、どうも不誠実のような気がして、嫌いだったのですが、女性の視点から見ると、このような接し方の方が安心するようです。まじめさとは重いと紙一重であり、気持ち悪いと思われて拒否されてしまうとは悲しいですが、気をつけようと思います。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 00:08| Comment(10) | メール術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼さんこんばんは(^-^)/
ホントに『なるほど〜』って感心させられました(笑)
Posted by タカシ at 2007年10月01日 02:19
りょうさん、こんにちは。

しつこいナンパの場合、番号を渡して
開放してもらおうと思う女の子も
けっこう居るのでは?
Posted by ミキオ at 2007年10月01日 10:50
タカシさん、こんにちは。
はいー。良いことに気づかされました。

ミキオさん、どうもです。
かなりいますよ。後で、速攻でメルアド変更や着信拒否といった対策を取って来る娘もいます。
(>_<。)
Posted by リョウ at 2007年10月01日 15:46
涼さん、こんにちは。

やはり同姓の方のほうがよく分かってますね。
夏目さん、がんばってくださいね!!
Posted by K・M at 2007年10月01日 16:06
自分もファーストメールの返信は良い方ではないですが自分の意見を。

自分の意見をと言っても、凄腕の方に聞いた話ですが、ファーストメールは相手にどれだけ自分を印象付けているかであって、送るメールの内容はあまり関係ないようです。
それを聞いて思い返したのですが、十分和んだ女の子とは、コピペメールでちゃちゃっと短文返信でも、十分食いつきますし、あまり和んでなくて無理矢理聞いた感じの子とは、いくら丁寧に送ってもムダなようです。

返しやすいメールを送っても、アポれるかどうかは別問題だと思うので出来るだけ和むのが吉だと思います。
Posted by ao at 2007年10月02日 00:33
K・Mさん、どうもです|・ω・)ノ

aoさん、こんにちは。
たまに連れ出しできても、死に番になることがあるので、難しいですよね。
Posted by リョウ at 2007年10月02日 09:39
はじめまして。

このブログを見て,すごい共感しました。
自分は21歳の若手ナンパ氏見習いってトコです。
初めてナンパしたのは14の頃ですが本格的なナンパ暦はまだ3年程度です。

共感するとともにとても勉強になります。また足を運ばせてください!!
Posted by キヨシ at 2007年10月02日 10:04
連れ出しして死に番は尚更、連れ出しの自体が失敗しただけじゃないか?と思います。
アポで成果を出していないだけに、連れ出しで成功しているとは考えづらいですわ。
Posted by ao at 2007年10月02日 19:40
こんばんは、久しぶりにコメントします。

> どうも僕は二十代後半から、三十代前半くらいまでの女性に好かれる(以下、略)
私見ですけど、30歳前後の女性はナンパを許容する傾向にある気がします。「20歳くらいの時はよくされたけど、ナンパなんて何年ぶりだろう(*>m<*)」という風に。

私も性格上、固いメールになりがちですけど、ao氏の意見には同意します。自分のブログでも初期のほうに書いたと思いますが、「アポの可否はトーク(和み)次第」です。メールで誘うのが上手ならまだしも、そうでないなら「対面してる時が全て」くらいの気持ちで、警戒心を解いたり笑わせたりするのがよさそうです。
Posted by エヌリオ at 2007年10月03日 02:38
キヨシさん、こんにちは。
今後ともよろしくです^^

エヌリオさん、どうもです。
なんかうまくアポれる時と、アポれない時があって、結構、時の運的感じになっています。トーク技術を磨く必要が、まだまだありそうです。
Posted by リョウ at 2007年10月03日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。