2007年05月30日

複数の女性を追うメリット

「現在、二股かけていて、キープの女が3人いる」
と言うナンパ師に会った夏目です。(=°-°)ノ ドモデス

きゃー、なんて悪い男なのかしら、女の敵、テキー!
という感じがするかもしれませんが、僕は非常に理にかなった恋愛戦略だと思います。

恋愛は美しいモノ、心癒されるモノというイメージがありますよね。
昔の僕も、そのような恋愛に対する幻想を持っていました。
でも、実は、それは建前で、その内情は、喰うか喰われるかの駆け引き、狐と狸の化かし合い、敗れた者は一片の同情すらされない、過酷なサバイバルゲームです。\( ;・_・)/

まず、認識しなくてならないのは、恋愛において、男性は常に弱い立場に立たされているということです。

女性にアプローチして、彼女がNOと言ったら、取り合えず、そこで退かなくてはなりません。もし、女性のNOを無視して、攻め続けると、それは恋愛行為ではなく、セクハラ、ストーカーと受け取られ、社会的なペナルティを与えられます。ヾ(。><) ナント!!

男性は基本的に追う性であり、女性は基本的に選ぶ性です。

いくら相手のことが好きでも、女性に受け入れてもらえなければ、恋愛は成立しません。ただのキモイ奴、ストーカーと言われて嫌われておしまいです。

だから、男性は複数の女性を追うのが正しい姿だと思います。

一人の娘がだめだったら、また違う娘を狙っていくようにすれば、トラブルはおきません。一人の娘を追いかけるのが純愛で、正しい行為などと思っていると、いつの間にかストーカー扱いされて、お巡りさんから注意されるなんてことになりかねません。
Σ( ̄ロ ̄lll)

女性の心理として、自分が恋愛対象として見ていない男性からの好意は、不快に感じるようです。

好きでもない男からの好意は、ひたすらうざく、うっとうしく、気持ち悪い。だから、こちらが好きになればなるほど、相手に嫌われていくという、非常に残酷な現象が起こります。
(。。lll)ガーン

「二股をかける男なんて、最低!」
と言う女性は、自分が好きな男に二股をかけられたくないのであって、恋愛対象と見てない男が、誰と誰に狙いを絞っていようが、別に関係無いというのが、実情だと思います。

例えば、僕のことを恋愛対象として見てない女性に、こう言ったとしましょう。
「ごめん、実は今まで君と、●●ちゃんに二股をかけていたんだけど、これからはキミだけを愛するようにするよ」
一発で、キモイ奴、ナルシストくん認定です。
いや、私はいいから、別の娘狙いに行ってよ、という感じでしょう。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

だから、まだ特定の恋人がいない男性は、ばんばんいろんな女性にアプローチして、相思相愛になれそうな娘だけを狙っていくのが正しいと思います。

また、女性に捨てられて泣くのを防ぐために、二人以上の恋人とキープの女性を作り、こちらが恋愛の主導権を握れるように立ち回らなくてはいけないと思います。

一人がダメでも、もう一人恋人がいるとなれば、余裕を持って女性と接することができるようになり、こちらが主導権を握りやすくなります。モテる男が、ますますモテるようになるのは、おそらくこのあたりに秘密があるのでは? と思います。

恋愛は、どちらが主導権を握るかの争奪戦、惚れた者の負けという側面があります。
惚れた人は奴隷、惚れられた人は王様、という絶対的な身分関係が出来上がります。奴隷は王様から、どんなひどい仕打ちを受けようが黙って耐えなくてはなりません。
だって、惚れちゃったのだから・・・・

バカ正直に恋愛に挑んでも、よほどのイケメンでない限り、相手には勝てないと思います。男性より女性のほうが、心理戦の駆け引きには、はるかに長けています。なので、恋愛に対する幻想を捨てて、こちらもそれ相応の戦略を練って、女性を陥落させていかないとダメだと考えるようになりました。

しかし、なかなかふつうの社会生活をしていると、複数の女性にアプローチするというのは難しいです。組織に内でそれをやると、危険人物扱いされて、人間関係に大ダメージです。

そこで、ナンパはとても良い! というのが僕の持論となります(笑)。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 16:17| Comment(8) | モテるようになるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男は自分の好みに合う女性だけにアクセスすべきです。最初に男が選択する。次は女性が選択する番です。男女は対等です。
Posted by やま at 2007年05月30日 16:24
やまさん、こんにちわ。
アップしてすぐにコメントが付いたので、ビックリしました^^
なるほど、確かにそうですね。性犯罪者にされてしまうのは、常に男性の側なので、男性の方が弱い立場なのだと考えていました。
Posted by リョウ at 2007年05月30日 16:38
途中まではほぼ同意ですが、
恋愛において男が優位に立つ瞬間なんてのもありますよ。
惚れられた時とかいうのは、当たり前すぎて無視して、付き合った後なんかそうではないでしょうか?
立ち回り次第では、かなり男優位になります。
「釣った魚(女)に餌をやらない」なんて言葉もあるくらいですし。

あと、厳しいようですが、
男=モテない奴
女=モテる人
に変えても今回のブログ読めますね
ただ、モテるようになればいい話では?

ただ、女のほうが男よりも理想が高いので、基本的には女のほうが男よりもモテると思いますけど。
(男がセックスなしでも、純粋に付き合いたいと思う場合は同じ位になると思いますが)

男が性犯罪者と決め付けられるのも、男の方が圧倒的に、性犯罪率が高いという統計に基づいてるからだと思いますが。

性犯罪の被害者になる可能性が高いからこそ、守られてるんです。
視点が逆ですよ。

ナンパするのには、自己中心的にならないといけないとは思いますが、
自己中心に物事を考えすぎるのもどうかと思いました。
Posted by あお at 2007年05月30日 17:48
好きでもない男からの好意は、ひたすらうざく、うっとうしく、気持ち悪い←
そんなことないと思いますよ。
良く思われて悪く思う子のほうが少ない。
その証拠にナンパ声かけで断ってく子でも
かわいいから声かけたってのには笑顔なりますよね^^
Posted by むう at 2007年05月30日 20:49
 男はヤッタ後は優位に立つとはいいますよね。 同じ位のレベルの男女なら、やる前は土下座してでもヤリテーって男は思うけど、やった後では逆転して男は次の女に行ってみよーみたいなのはありますよね?? だから海○蔵さんみたいな男が出現するのかな?   あと・・・女性はしばしば『良く思われて悪く思う子の方が少ない』って言うけど、残念ながら対象外の男はそのセリフの『適応対象外』らしい。
 でもその対象ってのは精神的なものが大きいと思います。無茶苦茶ホレテシマッタ後では(一目ぼれみたいな)イケメンでも避けられてしまうし、なんとも思ってない段階だったらブサ男でもキモがられることは無いと思います。(当たり前か??) 
 よく・・・もてない男で『ブスやデブとは仲良くなれるのに〜』って場合はブスにはもてるってよりも、その女性に対して特別に緊張もしてなくがっつく事も無いから好かれるのだと思う。逆に可愛い子に対してはどうしても下心が見え隠れしてしまって、いわゆる『ひたすらうざく、うっとうしく、気持ち悪い』状況になってしまう。  『モテル人は最低限の見た目と冷静な大人な対応ができる人』だと思いました。 だから『度胸と場数』が物を言うと思います。 とく言う、可愛い男、母性本能をくすぐるタイプってのはイケメンであることが条件ですよね。
 
Posted by ひそひそ at 2007年05月30日 21:41
どうも、みなさん、こんにちわ^^;
最近、失敗続きで多少、鬱屈しているようです。今回、ずっと考えてきたことを吐き出してみました。
愛されないというのは残酷なことだと思います。ポジティブにモテを目指したいものです。
Posted by リョウ at 2007年05月31日 00:05
がんばって下さい! いつの日か・・・伝説のナンパ氏になれるといいですね
Posted by ひそひそ at 2007年06月01日 12:56
どうもありがとうございます^^
Posted by リョウ at 2007年06月01日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。