2007年03月16日

人は誰しも愛されたがっている。

ナンパをするようになって知った意外な事実があります。

それは、ナンパをすると喜ぶ女の子が、だいたい3割くらいはいるということです。

なんかナンパというと、女性からすると、かなり迷惑な行為で、無視されたり、冷たい言葉をかけられるのが9割以上なのじゃないか? と、勝手に思いこんでいました。( ̄〜 ̄;)

ちなみに僕がナンパに使っている流れというのは、

「すみません」
「ちょっと、話をしてみたいと思って、すごく好みのタイプなんですよ」
「今日は買い物とかですか?」
「僕は●時から●●で仕事があるんですけど、それまで暇なんで、池袋に遊びに来ているんですよ」
「キミみたいなかわいい女の子と友達になれたら、すごくうれしいで、よかったら、友達になってもらえませんか?」

というものです。ナンパの本を読んで研究しました!
相手を「好みのタイプ」「かわいい」と褒め、女性として魅力的であることを承認してあげるのですね。すると、にかーっ、と良い笑顔を返してくれる娘が10人中3人くらいはいます。
( ̄ー ̄)v ブイ

もし、あなたが、女の子から「好みのタイプ」「すごくかっこいい」「友達になりたい」と言われたら、相手が誰であれ、うれしくなりませんか?

僕は、いじめが原因でひきこもりとなり、そこから抜け出してナンパ師になった人間なので、人は誰しも自分の価値を認められたい、愛されたいと感じているのだということを痛感しています。

現代社会では、完璧な人間になれという周りからの圧力が強く、どんなにがんばっても、他人から荒を探され、批判されることが多いです。( ̄ロ ̄lll)

リョウちゃんも精神の限界ギリギリのところまで自分を追い込んでナンパしているのですが、

「それで、まだホテルまで行けないの?」
「彼女もできないの?」
「どこか、人間として欠陥があるからじゃない?」

と、他人から言われることがあり、かなり凹みます。
がんばっても他人と比較される、まだダメだと言われる、認められない。これほどの苦しみは無いでしょう。(T_T)

人間関係のトラブルというのは、そのほとんどが、愛されない、価値を認められない、軽視されるといったことが原因で起こります。


なので、相手の価値を認める言葉が威力を持つのだと思います。


一見、楽しそうに生きている女の子とて、男性からモテたい、愛されたい、価値を認められたいという渇望を必ず持っています。なので正しい声のかけ方をすれば、良い反応を返してくれる娘が、かなりの率でいるのですね。

ナンパ師はフェミニストたれ、女性を喜ばせ楽しい思いをさせてこそ、男としての価値があるのだと、初心者ながら考えております。

人気blogランキングへ
↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:48| Comment(5) | TrackBack(0) | ひきこもり心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでてなるほどと思いました。
俺も最近ナンパの本を購入して読みましたが同じこと書いてありました。
褒めることはいいことだそうで。
ちょっと気になったのは、色々な人に「君がタイプなんだ」って言って回るのはなんか軽く見えそうですけどね
Posted by 7 at 2007年03月16日 14:17
納得できます><
僕はナンパしたいけど、
勇気が出なくて。。。
勝手に師匠と思わせていただきます。
Posted by 猫 at 2007年03月16日 23:16
atさん、こんにちわ。
うーん、ナンパ師は基本的に軽い人種ですからね(汗)。ただ、どうしても好みのタイプの女性にばかり声をかけてしまうことになるので、あながち嘘ではありません。

猫さん、こんにちわ。
僕もまだまだナンパの恐怖を克服することができず、昨日は3時間で3人にしか声をかけられませんでした(汗)。勇気を持つのって大変です><
Posted by リョウ at 2007年03月17日 15:08
いつも読んでるHTBって言います。
すごく面白いのでウチの記事で紹介させてもらいますm(__)m
Posted by HTB at 2007年03月24日 03:28
HTBさん、ブログで紹介していただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by リョウ at 2007年03月24日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。