2007年02月20日

自分を知るということ。

僕の所属しているNPOには、自分のことを「オッパイの妖精たん」と呼んで憚らない男がいます。

果たして彼は、女性たちにキモイと思われているでしょうか?
いないでしょうか?

……


彼は女性からモテることはあっても気持ち悪がられることは、まったくありません。
一方、こんな言葉をリョウちゃんが口にしたりすると、女の子たちはドン引き! 変態扱いされるでしょう。だから、口が裂けても言いません。(×_×;) シユン

実は、同じ言葉を使っても、女の子に受け入れられる男性と受け入れられない男性が存在するのです。

言い換えれば、何を言ったかが重要ではなく、誰が言ったかが重要なのです。

男性の容姿、態度、雰囲気により、彼の言葉に対する女性の許容度は変化します。なので、下手をすると軽い冗談のつもりで言った下ネタがセクハラに該当したり、気持ち悪いと思われたりするわけです。

この罠にはまらないためには、自分の態度、雰囲気を変化させ、女性の許容度を上昇させるか、自分を客観視して爆弾となる言葉を言わないように注意する他ありません。

これを恋愛資本主義の格差問題と勝手に呼称していますが、人間関係において、このような不平等は当たり前に存在します。重要なのは、このような不文律、人間関係を支配する裏のルールを一つでも多く理解し、その罠にはまらないように行動することだと、最近になってようやく気づきました。( ̄-  ̄ ) ンー

勘の良い人間、社交性が生来備わっている人間は、これを当たり前のように理解して行動できるのでしょうが、僕のような社交性0の内気超人は、試行錯誤を繰り返しながら不文律を覚えていくしか他ありません。

ひきこもりナンパ道は厳しいっす。

人気blogランキングへ
↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 16:03| Comment(4) | TrackBack(0) | モテるようになるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!きたねえ ついにきた感じ!
Posted by りう at 2007年02月21日 20:29
りうさん、こんにちわー。
どうすか、女性の目から見て、僕の意見合っていますか?
Posted by リョウ at 2007年02月22日 10:45
うん絶好調に合ってると思う 笑

女の子は残酷かもしれないけど
人によって言われてOKになったりNGに
なるとっても我ままな生き物だから。
Posted by りう at 2007年02月22日 22:01
おおっ。やはり、そうですか〜。
でもだからこそ、女性と付き合うのは楽しいのですけどね。
どうもありがとうございます。
Posted by リョウ at 2007年02月23日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34205101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。