2007年01月26日

キモイという心理

現実の場では滅多に使われないのですけど、「キモイ」という言葉があります。
「気持ち悪い」の略です。

え〜、この言葉、他人を傷つけるメガトン級の破壊力を持ちます。

キモイなんて女の子から言われた日には、今日はどこで自殺しようか?と、死んだ魚の目で街をうろつく、悲しいブルースな気分になります。(。_+)\イタ〜

僕のようなひきこもり内気超人は、自分がキモイかキモくないかを過剰に気にし、対人恐怖症へと発展します。そして、そのような状況がさらにキモイと呼ばれて、際限なく攻撃されるという訳です。
(ここはテストに出るので、覚えておこう!)

しかし、このキモイという言葉、実は単に個人の主観を悪意混じりに述べているだけで、これを絶対的な価値評価と受け止めるのは愚かです。キモイという言葉を使う人間は、相手がそれによって傷つくのを見て楽しみたいだけです。Σ( ̄ロ ̄lll)

そこで、今日は、誰かからキモイと呼ばれたときの対処法、僕なりの心構えを紹介します。もしもナンパした女の子から、キモイと言われたら?

「ちょっと声をかけられたくらいで何勘違いしているんだ? お前なんざ、俺のゲームの対象、単なる踏み台に過ぎないんだよ」

と、思い切り言って!……やることはできないので ( ̄▽ ̄;) ヌオー
心の中で唱えるだけにして、さっさと次の女の子を捜し出して口説きます。
これが、ひきこもりナンパ師の心得です。

エヴァンゲリオンの碇シンジくんのように、
「やっぱり僕はダメなんだ。誰からも好かれないんだ」
と、いじいじ悩んでいても、楽しいことは一切ありません。

ま〜、現実にはこんな失礼な言葉を使う人は滅多にいませんけどね。
これまで半年くらいのナンパ歴しかありませんが、ナンパした相手から「キモイ」と言われたことは、まだ皆無です。なので、この言葉を過剰に恐れる必要はありません。

もし、キモイなんて言葉を軽々しく使う女がいたら、ロクな人間ではないので、こちらからさっさとバイバイしましょう。

大切なのは、ちょっと他人から否定的なことを言われても、それを柳に風と受け流せる面の皮の厚さを持つことですね。

アダムとイブが楽園を追放された時から、人は不完全な存在であることを余儀なくされています。欠点なんてあって当たり前、欠陥だらけで当たり前。誰もがゲームの主人公のように格好良く生きられる訳がないのですよ。( ´ー`)フゥー

もっと言えば、キモくない人間など、この地球上には存在しません。
誰もが、う●こするし、オ●ニーだってします。人間って、汚い存在でしょう?
(放送禁止用語、すみませーん ^^;)

だから、自分にどんな欠点があろうが、それを悲観することはありません。

なにか恋愛できる人間、結婚できる人間は、道徳的に高潔で、社会的にも認められた人格者であるような幻想がありますが、これは嘘です。生まれた子供を虐待して殺すような冷酷な人間でも結婚できます。

大切なのは自分の欠点、欠陥を許容することです。
キモくて結構、コケッケッコー! 
くらいの勢いで、女の子を口説きまくりましょう。


すると、僕のような、どうしようもないようなひきこもりオタクでも女子高生をナンパしてデートすることが可能です。実際、できました。ぴーす♪ (#^ー°)v

人気blogランキングへ
↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 15:02| Comment(5) | TrackBack(0) | ひきこもり心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の場合、自分のダメな部分ばかりを見つめて「自分なんて・・。」となってしまうので、今回の夏目さんの文章に救われたような気がしました(^▽^) 
開き直ろう。そう考えれば息苦しくない生き方が出来そうです。





Posted by 鳴らない電話 at 2007年01月26日 18:54
Posted by おまる at 2007年01月26日 19:01
鳴らない電話さん、こんにちわ。
そうです。開き直るのです、はい。
開き直ることがいけないようなコトを言う人もいますが、それは開き直られたら相手が精神的に強くなって困るからです。
自分を責めて良いことは一つもありません。自分を責めれば責めるほど、精神的に弱くなり、結果、他人と相対するのが怖くなります。

おまるさん、やっぱり女性が強い時代なのですね。我々男性も強くならねば…
Posted by リョウ at 2007年01月27日 11:05
はじめまして。ナンパが趣味のjunkyです。

キモいより死ねのほうがキツいですよ(笑)
Posted by junky at 2007年01月28日 11:41
死ねは確かにキツイですね。
軽い攻撃はお互いの距離を縮めるコミュニケーションになりますが、加減を間違えると、ヤバイです。
Posted by リョウ at 2007年01月29日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32150339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。