2009年02月09日

人間関係の構築を模索

こんにちは。ナンパ以外の人間関係の構築方法を模索している夏目です|・ω・)ノ

以前、娘さんを持つママさんから、
「ナンパで社会復帰なんて、とんでもない話だ! ひきこもりから脱出するなら他にもいろいろ方法があるでしょう。自衛隊で何を学んできたのですか?」
と、お叱りを受けました。

ひきこもりがナンパで社会復帰を目指すという挑戦は、できもしないことにあえて挑む、昔の電波少年的なジョークのつもりで始めた面があります。愛国心、少子化対策、自爆テロというフレーズもジョーク以上の意味はありません。ですが、アホなことに最後までやりぬいて実際にナンパできるレベルまで行くと、夏目に感化された若者が増えて、自分の娘がだまされるのじゃないか? という懸念にまで発展するようです。

ナンパ師というと、確かに反社会的な悪いイメージがありますからね。
実際には、嫌がる娘に強引なことはしない紳士な人が多いのですが(;^_^A
また、ナンパ師は絶滅危惧種であり、急激に進行する若い男性の草食動物化により後継者不足に悩んでいます。心配はまったくの杞憂です。

自分を変えたいと願い、他人とのトラブルを恐れず、真剣に努力すれば、ひきこもりでもナンパができるようになるという希望を残したいという気持ちでこのブログを存続させてきましたが、僕の予想以上に人気が出て多くの人に知られるようになってしまい賛否両論の反響を呼んでいます。

どうも本を出版してから、自分を変えたいと挑戦するひきこもり青年から、プロのナンパ師として見られるようになってしまっているようです。実際には、そんな実力はありませんし、まだまだ内気で、仕事の場などではドモって、自分の意志が伝えられないような人間なのですけどね。
(;^_^A


そこで、彼女ができてナンパを引退した今は、新たな人間関係の構築の方法を模索しています。ママさんにお叱りを受けた、ナンパ以外の社会との接し方法を研究しているのです。


ちなみに、最近になって、わかってきたのですが、僕は軽いサヴァン症候群の傾向があるようです。自分の興味のあることにはとても集中力を発揮するのですが、それ以外に関してのアンテナが致命的に弱く、テレビを見ていても芸能人の名前などをさっぱり覚えません。彼女からは、物を知らなすぎると怒られます。
また、他人の意思をくみ取るのが苦手で、いつもどこかズレた行動をしてしまい、呆気に取られることがたびたびあります。

このため、子供のころから、「あいつは変だ」「知恵遅れじゃないか?」と言われ、除け者にされてきたので、致命的に人間嫌いになり、他人と関わらないように生きてきました。
集団行動を重んじる自衛隊では、僕の気質は決定的な欠陥になり、「死ね」「早く辞めろ!」と、五年間、日々罵声を浴びせられ、毎晩、うなされていました。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

その後、親の反対を押し切って、自衛隊を退職した後は、自分のためた貯金でアパートを借りて、そこでひきこもることにしました。社会との交わりを極力断って生きてきた結果、二十代半ばになってもロッテリアで商品の注文もできないような社交性の欠如した人間になっていました。

しかし、三年前に、生まれて初めて女の子に告白して振られたのを契機に
「今まで他人の顔色ばかりうかがって生きてきたけど、これからは他人に迷惑をかけることを恐れずやりたいようにやるぞ!」
と思い、人生のすべてをかけてナンパ師に世界に入って行ったわけです。


すると、意外や意外、ナンパ師たちは親切でした。

才才−!!w(゚o゚*)w

社交性の欠如した欠陥人間に、ナンパの方法を教えてくれ、女の子との付き合い方を教えてくれ、仲間として迎えてくれました。このため「世の中のきれいごとを言っている人間より、ナンパ師の方がよっぽどまともじゃないか」と考えるようになり、ここが自分の居場所とばかりにナンパの世界にのめりこんでいくことになりました。

しかし、今は彼女の方が大事なので、ナンパはすっぱり引退。
ナンパ師の世界には郷愁があるのですが、ここで得た経験を糧に、次に舞台に向かっていきたいと思います。


といっても、僕の気質的な問題は相変わらずです。
以前、携帯のコンテンツを開発するベンチャー企業に入ったことがあったのですが、上司の意図をまるっきり理解することができず、まったくの無能ぶりを発揮し、迷惑をかけることになってしまいました。

残念ながら、こういう欠陥人間でも生きていかねばならないのが辛いところなんですね・・・
(;^_^A

で、次に考えていることは、自分がリーダーになってサークルや組織、NPOを立ち上げるということです。
他人に合わせることが苦手なら、自分がリーダーになって他人に合わせてもらえばいいじゃないか、作戦です。


あ、もちろん、世の中そんなに甘くないので、サンドバックにされる線が濃厚ですが、最初から、うまくいくことはあり得ないので、また恥をかき、他人に迷惑をかけるところからスタートしたいと思います。

ナンパ師を経験して最も良かったのは、恥をかくことを恐れなくなったことです。実は私の彼女は現在、うつ病で、他人にどう思われているか? 自分のいないところで悪口や嘲笑を受けているのではないか? と不安になってしまうそうです。
僕も昔はそうだったのですが、今はそういう傾向はほとんどありません。

ちなみにどういう組織を考えているかというと、ナンパやひきこもりは一切関係ないボランティア事業です。構想段階なので、これから実現に向けて模索していきます。
(;^_^A

ナンパというグレーな世界から卒業し、真人間として世の中に貢献する!
これが真の愛国心です。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)
posted by リョウ at 12:12| Comment(29) | ひきこもり心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボランティアで一番問題になるのは資金ですよ。金集めが出来ないと組織運営はムリです。
Posted by ああああ at 2009年02月09日 23:02
 素晴らしい思想です。ナンパンマンも夏目さんとかなり似たところがあって、集団生活がとても苦手で、自分の興味があることにのめりこみすぎるところがあります。それを全く僕は欠陥だと思っておらず、個性だと思うことで、堂々と生きられるようになりました。ちなみにナンパンマンはフリーライターをめざし準備を初めています。

ほぼ同い年の夏目さんが自分の夢と目標を目指してがんばってはるというのは、こちらも励みになりますし、ナンパンマンも関西在住ですが、是非力になれることがあったら協力します。

 ちなみに僕はメルマガを運営しているので夏目さんのことを取り上げさせていただきたいと思っております。


Posted by ナンパンマンです。 at 2009年02月09日 23:56
凄く感動しました☆ ひきこもりの状態から、ここまで前向きな考えと積極性を持てるようになったのは凄いです。ナンパによって得たものは、なかなか大きいのではないでしょうか?
ブログ終わらないで下さい!
Posted by カズ at 2009年02月10日 00:59
ああああさん、こんにちは^^
僕の考えていることは、資金はあまりかからないことなので、おそらくワーキングプア状態でも大丈夫なはずです。
ナンパ師というのは、「愛」が欲しくてやっていたのですが、「愛」を得るには、誰かから奪う発想ではなく、与える発想の方が良いのじゃないかと、最近考えるようになりました。
ナンパだと、いくら極めても「愛」には行き着かないですからね^^;

ナンパンマンさん、こんにちは^^
どうもありがとうございます。
僕も組織に所属することが苦手で、いじめられキャラになってしまうのが社会復帰への難点でした。
そこで自分に合う組織がないなら、自分で作ってしまえば良いという発想に今はなっています。リーダーなら一目置かれるので、大丈夫でしょう^^;
責任重大ですが。
幸いなことに、ナンパ師経験によって、かなりのコミュニケーションスキルと社交性を手に入れたので、この力を良い方向に使っていきたいと思います。

カズさん、こんにちは^^
ブログは、残念ながらここで終了したいと思います><
あんまりナンパ師としての属性を引きずっていると良くないと思いますので。
ひきこもりから脱出するためにナンパ師になるというのもおもしろい発想ですが、ひきこもりから社会復帰するために自分で組織を作ってしまえ、というのも、挑戦しがいのあることだと思います。
Posted by リョウ at 2009年02月10日 12:20
夏目さんのブログを見て僕の人生は大きく変わりました。

ナンパを始めたことによって人生に前向きに向上心を持って生きています。

今年僕も自衛隊を辞めて専門学校に自力で通います。
夏目さんの活動を陰ながら応援させていただきます。
夏目さんの人生に栄光あれ(^_^ゞ
Posted by サナギ at 2009年02月10日 19:08
サナギさん、こんにちは^^
専門学校に通われるのですね。
ブログ見ましたけど、がんばっていますね。まだ、二十代前半から努力しておけば、その後の人生はかなりよくなると思います。
中年になって、あの時、挑戦しておけばよかったと後悔している人も多いので^^;

Posted by リョウ at 2009年02月10日 21:01
拝啓、夏目さん。

僕は、今まで『ひきこもり』の気持ちが
解かりませんでした。

でも、今なら わかる。

もう、誰とも話したくない。
仕事したくない。
いやだ いやだ いやだ いやだ
大好きな、筋トレやって
ゲームやって、過ごしたい。
ひきこもりたい。

今は、ナンパした娘が励ましてくれるので
なんとか、頑張ってますが

これが、無かったら
僕は、とっくに廃人になってますね。

これからの、現代日本は

ひきこもり が社会復帰をするより
もの凄い勢いで一般社会人が
ひきこもり化 してくでしょうね。

この流れは、誰にも止められない。



Posted by つばく朗 at 2009年02月13日 05:30
つばく朗さん、こんにちは^^
卓見ですね。
現代社会の流れは、人との直接交流をいかに少なくするかに向かっていると思います。地域社会の崩壊、娯楽の個人化。このような環境で育てられた子供たちは、人間関係を回避する傾向が出てきてしまうようです^^;
また、恋愛に対しても、男子よもっと積極的になれ! という喝と、女性に対するアプローチをセクハラや性犯罪にすぐに結びつける二律背反の風潮が重なり、男性にすさまじい重圧がかかっています。
この結果、部屋にひきこもることを選択し、ネットやアニメ、ゲームによる擬似的な恋愛でしか癒しを感じられない人が増えているのでしょうね^^;
最悪なことに彼らは、キモオタ扱いされて、無限にバッシングされるという運命を負うことになるのですが、それでも女性に接触してセクハラ扱いされるよりはマシだと考えます。
この結果、不満が徐々に社会全体に広がっていき、秋葉の加藤容疑者のような世の中に復讐しようとするような人が増え、晩婚化、非婚化、中年童貞という問題も、これからどんどん顕在化していくでしょう。

一度、ひきこもりになった人が、社会に戻る、恋愛競争に復帰するのは、かなり絶望的なところに来ていると思います^^;
この負のスパイラルから抜け出すのは、ちょーーと無理かな><
Posted by リョウ at 2009年02月13日 14:26
 夏目さんをメルマガで紹介させていただきました。

 新たなチャレンジ応援してます。大阪に来るときは是非お会いしたいです。

 http://archive.mag2.com/0000283093/index.html
Posted by ナンパンマンです。 at 2009年02月13日 19:50
どうもありがとうございます^^
http://archive.mag2.com/0000283093/20090212231630000.html

ここの回ですね。
Posted by リョウ at 2009年02月14日 10:05
 読んでいただいてありがとうございます。もしよければ登録していただけるとうれしいです。

 あと知り合いの方とかお仲間の方にも紹介していただけるとうれしいです。

 僕は全国的に広げて行きたいと思っています。
Posted by ナンパンマンです。 at 2009年02月14日 14:27
リョウさん
お久しゅうございます。
ナンパンマンさんの啓発でまた
参りました。
凄春を生き切った漢の作り上げる組織とは何ぞや?
私・鍵英之でできることがあれば
なんなりと、お申し付けください。
敬礼!
鍵英之拝
Posted by 鍵英之です at 2009年02月14日 22:52
リョウさん
お久しゅうございます。
ナンパンマンさんの啓発でまた
参りました。
凄春を生き切った漢の作り上げる組織とは何ぞや?
私・鍵英之でできることがあれば
なんなりと、お申し付けください。
敬礼!
鍵英之拝
Posted by 鍵英之 at 2009年02月14日 22:57
鍵英之さん、こんにちは^^
どうもありがとうございます。
小官は次なる任務に移ります。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)
Posted by リョウ at 2009年02月15日 11:07
ナンパはイメージ悪いですからね。ママさんの気持ちもわかりますけど、そのママさんからはひきこもりを脱出「できそうな」机上の空論しかでてこないでしょうね。
世間体を気にしてたらたぶんリョウさんは今でもひきこもりだったでしょうし、ナンパで救われた人間もいるんだってことをわかって欲しいですね(・∀・)
Posted by カツヲ at 2009年02月15日 16:36
カツヲさん、こんにちは。
ひきこもりは、異常に世間体を気にして、ダメな自分を見られたくないために外に出られないという悪循環にはまっている人です。
「他人にどう思われようと、気にすることないぜ」と悟ることこそ、社会復帰への第一歩。ひきこもりや世間は、いきなり彼らに、完璧な人間力や、一流会社の正社員の地位を求めるので、足踏みを続けることになります。
ダメな自分や人に迷惑をかける自分を許容し、失敗しても何度も人と交わろうとすることこそ、唯一の脱出経路だと思います。
ナンパというのは、極端なやり方ですけどね^^;
Posted by リョウ at 2009年02月16日 09:01
お久しぶりです。夏目さんの名づけ親です(苦笑)。以前、携帯コンテンツのべンチャー企業でお世話になったものです。
ブログは拝見させていただいていたのですが、コメントは恥ずかしくて遠慮していました。
夏目さんが助けてくれたお陰で、色んな人を紹介してもらって可能性をいただきました。迷惑なんてとんでもない話です。
ブログも書籍化された上に、夏目さんはナンパをすることで、多くの人に夢や希望、可能性を与えることができたのではないでしょうか。
だから僕はママさんとは反対に、一つのこと成し遂げ形にできたことは、とても立派だと思うのです。十人十色、色んな受けとめ方ってありますよね。
夏目さんの新企画で、今度は何か僕の方でお手伝いができることがありましたら、遠慮なくお誘いください^^
Posted by ベンチャー企業のものです at 2009年02月20日 21:53
どうもおひさしぶりです。
ハンドルネームを考えてくれた時、僕は女の子と出会うためにオフ会に突撃してしまっていましたね^^;
あの時、付けていただいた名前で、本を出すところまで行くとは驚きでした。
ベンチャー企業にいたころは、取引先の女の子にちょっかいを出してしまい、すみませんでした><
怒られて、だいぶ勉強になりました。
今度、またぜひお会いしましょう。
Posted by リョウ at 2009年02月23日 01:08
リョウサンはほんとに凄いと思いますよ。
ヒッキーがナンパしようと思っても普通できないです。

ナンパができる人間は、過去にもてて女の子に免疫があるがあるからできるのです。
免疫なしでナンパするのは、予防注射無しでアフリカのジャングルに行くようなもんです。

ましてリョウさんは全くイケメンではないですし、成績を見るにナンパの才能はありませんでした。

しかし、個を貫けば認めてくれる人はいるものです、ナンパではないけど彼女をゲットしてそれを証明しましたね。

嫌われることを恐れウジウジするよりも嫌われても迷惑かけても行動することで人は成長するのです。
結論を言えば、『誰かを傷つけずに人は強く慣れません』
故意でなくとも人がのし上がろうとするとき誰かが傷ついているものです。

ただそれはいずれ脱皮しなければいけない状況ですのでいつまでもそんな危険思想をもっていては人間的にも社会的に認められないのは事実ですが。

まぁなんにせよ、リョウさんはナンパしてよかったんじゃないですかね。
Posted by あきら at 2009年03月11日 04:30
あきらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ナンパを引退して、そろそろ一年近く経つので、昔、なんで、あんなことができていたのか、不思議です><
ヒッキーがナンパするのは、とても難しいと思いますが、フミトバンクさんという凄腕のナンパ師さんがひきこもりとナンパの親和性ついて書かれており、該当記事を読んで、「おおっ、確かになぁ」と感じる部分がありました。
しかし、僕の場合は、あまり攻撃的な生き方より、のんびりー、平和な人間関係に囲まれている方が性に合っているので、「ナンパこもり」論は実践できませんが^^;
そんな訳で、今後は自分を中心とした平和な人間関係構築に力を入れたいと思っています。
Posted by リョウ at 2009年03月16日 11:21
最終回でしたか…
お疲れ様でした。
(T_T)/~~
Posted by オリンポス12神チームのアーレス at 2009年05月05日 05:00
日本チームの戦士よ!
サムライ魂とやらを見せてもらったぞ!
さらばだ…
Posted by オリンポス12神チームの主神ゼウス at 2009年05月05日 05:06
かつてストリートナンパで
敵として激闘を繰り広げた
「裏おとぎチーム」の私たちも
新たなチャレンジを
応援しております!
Posted by 美しき魔闘家・鈴木 at 2009年05月05日 05:12
僕も凄く共感します。
いきづらいけど、なんとか幸せになる方法を探す。自分が心地よい人間関係を構築していきたいですね。
Posted by うももん at 2009年06月30日 14:50
あ、あれ!?昨日の記事は消してしまったのですか?非常におもしろかったので、また読もうと思ったのですが・・・(^-^;
Posted by コクリュウ at 2009年08月20日 12:36
ブログのぞきに来ました♪足跡がてらに残していきますね。
僕のブログちょっと気分がいされると思いますが、
書いてます♪またのぞきに来ますね。
Posted by 新川 at 2009年09月06日 04:35
もう更新はないのかな
Posted by 彼女を作る方法の翔 at 2009年10月12日 14:57
こんばんは〜、近藤です。

いつもブログ拝見してるのですが、
面白いですね♪

俺もほうも、よりナンパに力を入れて頑張って
いきたいと思っております^^


お互い頑張りましょう!

応援しております。
Posted by 近藤聡 at 2009年10月16日 13:08
 初めまして、グーグルからきました
シゲアキと申します。

 リョウさんと同じく引きこもり体験
のある28歳です。
共感するところが沢山あり、勉強になります。
これからもちょくちょく寄らせて頂きますm(__)m

 人生初のナンパ体験を
ブログに書いてみました。参考になるか
分かりませんが、もしよろしかったら
ご覧下さい☆
Posted by シゲアキ at 2010年02月24日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。