2007年12月31日

忘年会にて

昨日の夜、忘年会のついでに一時間ばかり新宿でナンパ納めをしてきた夏目です|・ω・)ノ

新宿の某所は反応が良いという噂を聞いてやってみたところ、確かに反応が良くて、あまりガンシカされなかったです。完ソロだったので、地蔵気味になってしまい4声かけ、一ブーメランという結果でしたけどね。
(;´Д`)

また、コミケ帰りの人が多かったらしく、ごろごろカートを引いている女の子が多数見受けられました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

今回の忘年会はWebラジオ・オールニートニッポンの企画『ニートのための大忘年会2007』というもので、大勢の前でしゃべり、ラジオ放送されたので、えらい緊張しました。

大人数を相手に、空気を読みながら、マイクを意識して話すのは、ひきこもりなので、やっぱり苦手です。ナンパのようなマンツーマンの方が、主導権を握りやすいし、自分のペースで話せるので良いですね。

失敗して恥をかいてもOKなので、意外かもしれませんが、ナンパはひきこもりにやさしい社会復帰の場だと思います。

今回、会場に知り合いの凄腕のナンパ師さんが、来ていました。
彼に、僕の女友達を紹介したら、またたく間に打ち解けていたので、その手腕に脱帽(°Д°; ウヒョ
しかも、その娘の彼氏や友達がいる前で、普通に仲良くなって、ちゃっかり踏み込んだお願いまでしていたので、場慣れしているなぁ、と感心してしまいました。
僕などは、その場の雰囲気にのみ込まれると、通常の力の半分も出せなくなってしまいます><

うーむ、やはり、まだまだナンパ師としての経験が足りないようですね。

この娘とは、久しぶりに会ったのですが、以前に比べて、格段にカッコ良くなったと褒められたので、良かったです。
(* ̄ー ̄*)ハジカシイ・・

彼女とは、僕がまだナンパ師になる前の、ひきこもりに片足を突っ込んだ、秋葉系ファッション時代からの付き合いで、一緒に服を買いに行ったりと、だいぶ手助けしてもらいました。

最近、ひきこもりではなく、ナンパ師としてしか周りの人間に見られなくなってしまっており、「女なら誰でも良いのでしょう?」「遊んでいそう」「チャラチャラした感じがする」などと、ひきこもり時代とは、まったく正反対の偏見にさらされております(;´Д`)

ナンパした女の子からも「軽いですね」などと、言われることがあるのですが・・・
いやー、そんなこと無いですよ。
本質は、ずーーーーーーん、と重いハズなんですけどね。

「人間は、案外、その人の雰囲気、先入観でしか相手を判断しないものですよ」

と、来場した凄腕さんは言っておりました。
先入観で相手のことをわかったつもりになって、深い付き合いをしないから、誤解したままになってしまうのが、人間というもののようです。
僕のひきこもり時代から付き合いのある娘は、そういった偏見を持たずに接してくれるので、癒されまする。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

逆に言えば、完璧な演技、外見の改造ができれば、相手の印象をこちらの都合の良いように操作できるようになるのだと思います。そういった術を持った人間が、他人から好かれて、上手に世を渡っていくことができるのでしょう。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 15:34| Comment(13) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

テロ対策が行われています。

神奈川の都市でテロ対策が行われていて、ナンパ自爆テロがやりづらくなっている夏目です|・ω・)ノ

神奈川最大都市として知られるY市は、ナンパ師の間では、女の子の反応が良い絶好のナンパスポットとして知られていました。キャッチやスカウトも多く、夜になるとキャッチが増えるので、彼らの領域を侵さないようにやるのがコツでした。

しかし、最近、ぱったりとキャッチを見かけなくなりました。

夜になっても、見つけられません。
どうやらY市の駅周辺やショッピングモール内で、キャッチ一掃作戦が行われたらしく、「悪徳キャッチセールス、スカウトにご注意ください! 被害にあったら警察に相談しましょう」という放送がガンガン流れ、注意を促すポスターが貼られ、警備員がパトロールしています。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

こういった放送が流れている場所でナンパすると、「傍から見ると、僕らもキャッチかスカウトに見えるのだろうなぁ」という気分になります。

現在、ここでナンパしていると警備員さんが寄ってきて、露骨にマークされたり、注意を受けることもあるので、非常にやりにくいです。警備員などにとっては、キャッチもナンパ師も同じようなものなので、追い出そうとするのですね。
(;´Д`)

今まで、この場所でナンパしていても大丈夫だったのに、急に厳戒態勢が敷かれ、別の街へ移動しなくてはならなくなってきました。タカさんという仲間のナンパ師さんに相談すると、
「なんか一年前よりナンパしにくくなっている感じがします。社会状況が変わって、ナンパを排除しようとする動きが出てるんじゃないでしょうか?」
とのこと。

今まではキャッチを避けてナンパしてきましたが、今後は、キャッチがいれば、その街はナンパスポットとして合格、いなければ不適、という判断が必要になってくるかもしれません。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

2004年までは、女子高生をナンパしてもOKだったらしいですが、援助交際の問題が起こったために、18歳未満の女性に対しての恋愛行為に制限が設けられ、条例で禁止されるようになってしまいました。おそらく、これを皮切りに、男女の出会いや、恋愛行為を犯罪の温床とする見方が強まり、規制しようとする流れになっているのだと思います。

普通に生活していれば、まず出会いなど皆無です。

一般の人は、いつもと同じ職場に朝から晩まで拘束され、決まった人間関係の中でしか生活できません。そこに恋愛対象となる異性が少ない、いない、入ってこないとなると、恋愛や結婚は絶望的となります。
また、恋愛に失敗したり、女性にアプローチしてセクハラ扱いされると、職場に居づらくなるため、人間関係のスキルの高い人でないと、職場恋愛にもなかなか踏み切れません。

じゃあ、ネットを利用して異性と知り合おうとしても、出会い系サイトは犯罪の温床などと呼ばれ、ネットは怖いとうイメージがあるため、現実には難しいです。
出会い系を使っているなどと言うと、犯罪予備軍扱いされることもあります。
(T_T) ウルウル

つまり、異性と自然に出会う機会、場が極端に少なくなっているのです。

現在、若者の未婚化、少子化、童貞、処女率の増加。それに伴う人口の減少が問題になっているのは、出会いの場の減少、恋愛を悪とする風潮の負の部分だと思います。

本来、生物界ではオスがメスに求愛する。なんてのは、当たり前で、目の色を変えてまで規制するような問題ではないと思うのですけどね。

というわけで、2008年も恋愛格差社会を打破するという理想の実現のため、がんばって自爆します。
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:16| Comment(18) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

活人ナンパ

古来よりナンパに二つの流派あり!
ナンパを愛に至る手段とし、人を活かすことを至上価値として求道する活人ナンパ。
ナンパをセックスに至る手段とし、性欲を満たすことを至上価値として求道する殺人ナンパ。

殺人ナンパは、己れの強さを誇示し、自我を通すために戦いを求め、人を傷つけることを是とし、
「ナンパは所詮、セックスに至る道。人を活かすナンパなぞ、愚者の戯言よ!」と喝破する。
活人ナンパは、他人を助け、また相手をも諭し、正道へと導く「一拳多生」を是とし、
「違う! ナンパは言葉を交わすことで互いを理解し、愛し合うためにあるんだ!」と反駁する。
対極の思想を掲げる両流派は、相食む竜のごとく、未来永劫の戦いを繰り広げているという・・・

そんな少年漫画な嘘伝説をねつ造してみる夏目です|・ω・)ノ やぁ♪

先週の金曜日にナンパで二番ゲできました。
最近、服装とやり方を変えてから、以前より成果が出るようになっています。
その際、最初に番ゲした女子大生の娘から、後でメールでこのような言葉をもらいました。

「突然だったので驚きました。お店も無事に見つかり助かりました。
私は付き合っている人がいるので夏目さんの期待には応えられませんが、今日はなんだかおもしろい一日になって楽しかったです」

と、おおっ、なんとナンパして喜んでもらえました。
ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪

この娘は、なにやらキョロキョロしながら歩いていたので、声をかけたところ、あるお店を探していました。
僕もそのお店の場所は知らなかったのですが、「じゃあ、お巡りさんに聞いてみよう」と提案して、二人で交番に行き、お店の場所を教えてもらいました。
この娘にだいぶ喜んでもらえたので、彼氏がいると言っていましたが、粘って押してみました。

「ホントに好みのタイプだったから、ここで声をかけないと後悔すると思ったんだよね」
「彼氏がいるなら、友達ってことで良いから」
こんな言葉が恥ずかしげもなく、スラスラ出てくるようになった自分が恐ろしいです(  ゚ ▽ ゚ ;)
得意の誠実系アプローチでがんばると彼女は、

「すごく勇気ありますね」

と感激した様子で、連絡先の交換に応じてくれました。
勇気があるなどと、ほめられたのもナンパしていて、初めてでした。
ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

これが人を活かすナンパ、活人ナンパか! と思った次第です。
まあ、次に繋がらなければ、意味無いのですけどね(;´Д`)

次に番ゲした娘からも返信が来て、メル友としてなら付き合いたいとのこと。
この娘はメールが好きなようで、今までの娘と違って、向こうから積極的に質問してきてくれるのですが、アポが取れるかは微妙です。
ただのメル友になって、いつの間にか音信不通になるというパターンなら困りものですね。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:39| Comment(10) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ぬぼーとした女子大生を連れ出し

女の子とのアポの前に、ナンパして連れ出しに成功した夏目です|・ω・)ノ やぁ♪
と、言うと、なんて遊び人の野獣なの! 女の敵、敵ー! という感じですが、両方とも次に繋がらなそうなので、女の味方(?)です。
(;´Д`)

アポの前というのは、とても緊張します。

番ゲしただけで別れた女の子とアポする時は、相手の顔も覚えていなければ、性格もわかりません。
「やばい、どんな娘が来るのかな? 変な娘じゃなければ良いなぁ」と不安になります。
それはナンパした側が心配するところだろ! というツッコミが入りそうですが、あまり知らない人と話すのは、やっぱりストレスなのです。
うまく話せるか? 次に繋がるか? ドタキャンされないか? という数々の不安が重なり、アポの直前というのは、精神的にかなりの重圧がかかります。
( ̄O ̄;)

内気超人が、いきなり女の子と二人っきりになって、うまく話せる訳がないのです。
そこで、アポの前にナンパすることによって、精神状態をナンパ師モードに移行させ、女の子と話すための準備をします。

ナンパできる奴が内気な訳ないと思われるかもしれませんが、心身を共にベストな状態にさせておかないと、地は筋金入りの内気人間なので、ホントに困るのです。

今回、連れ出した娘は、ぬぼーとしたスローな雰囲気を持つ18歳の女子大生でした。
どことなく動作がワンテンポ遅れているような感じで、唇が荒れていたのが印象的でした。
お茶しない? と誘うと、いいよ、と言うのでビックリしました。
もう、ホント、ダメもとでナンパしているので、たまにうまくいくと、ビビります。
(°m°;) アレマッ!

マックに連れ出して、話をしたのですが、内気なのか警戒しているのか、あまりしゃべってくれません。
ぎらつくための下準備のために恋話をしようと思って、話題を振ると・・・

「もうすぐクリスマスだね。●●ちゃんは、クリスマスは彼氏と過ごすの?」
「・・・彼氏いません」
「そうなんだ。今まで、付き合ってきた人とは、クリスマスにどこに行ったの?」
「・・・彼氏とクリスマスにどこかに行ったことがないです」
「そうなの? 付き合ったことってないの?」
「・・・高校時代に一度あります」
「彼とは、クリスマス一緒に過ごさなかったの?」
「・・・受験生だったので、忙しくてぜんぜん会いませんでした」
そ、それって付き合っていると言えるのか?(  ゚ ▽ ゚ ;)

「彼のこと好きだった?」
「あんまり好きじゃなかったですけど、付き合って欲しいと言われたんで」
なんじゃ、そりゃ・・・( ̄◇ ̄;) ハゥー

というわけで、恋話をしようにも取りつく島もありませんでした。
どうやら、彼女は恋愛にあまり興味がないらしく、友達ともあまり恋話をしないそうです。
しかし、好きでもない人と付き合ったということから、他人に流されやすい、押しに弱い娘なんだと思います。
そこで、押せば行けるかと思って、この後、カラオケに連れ出そうとしました。

「●●ちゃんは、カラオケとか好き?」
「いえ、あんまり行きません」
この娘の性格からすると、たぶんカラオケとかあまり行かないだろうなぁと、思ったのですが、案の定でした。
しかし、ここで退くわけにはいきません。

「これから、一緒にカラオケに行ってみない?」
しばらくの沈黙の後。
「・・・行きません」
Σ( ̄□ ̄;)

粘ってみても
「・・・私、ぜんぜん歌えませんよ」
「知らない人とカラオケに二人で行くのはちょっと・・・」
と、頑なに拒否するので、番ゲだけして別れました。

その日にメールすると、なんと二日経ってから返信が来ました。
これはナンパした中では、最高に遅いファーストメール返信記録です。
返事もスローでした。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

メールで「●●ちゃんは、聞き上手な感じだね」と褒めたところ、聞き上手なんかじゃなくて、ただ単に警戒していたので、あまり話せなかったという内容でした。
多分、死に番になりそうな線が濃厚です。

その後、夜にアポの約束をしていた23歳の保母さんと食事に行ったのですが・・・
長くなったので、詳細は、後日、お話します。
(^ _ ^)/~~

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:52| Comment(7) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートのための大忘年会2007

Webラジオ・オールニートニッポンの企画『ニートのための大忘年会2007』に出演することになりました。

20:50〜21:40 第2部 恋バナ〜女の子がして欲しいこと、彼女の作り方 
ゲスト:疋田紗也、桜井聖良、夏目涼介

グラビアアイドルやアイドル歌手と一緒に恋愛について語ります。
緊張しますね。


■日時:2007年12月30日(日)open18:30/start19:30 
■会場:新宿ロフトプラスワン
■参加費:前売¥1000・当日\1500(共に飲食代別)/定員:150名
■参加方法:氏名とE-mailアドレスをご記入の上、ann-entry@kotolier.org 宛にメールをお送りください。
 件名:「12/30 ニートのための大忘年会2007 参加希望」
 申込み締切り:12月30日(日)AM10時まで

詳細はこちら
http://www.allneetnippon.jp/2007/12/_12302007.html#more
posted by リョウ at 11:47| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

技を教えてもらいました

日曜日に神奈川の某所で、ナンパしてきました|・ω・)ノ やぁ♪
今回、凄腕ナンパ師の長さんが、途中から合流してくれたので、彼にまたいろいろ教わりました。
m(__)mオジギ

長さんによると、宗教の勧誘はお助けキャラだそうです。

「あの人、手相を見てる。あれはお助けキャラですよ」
宗教の勧誘員は、仕事の効率を高めるために、キャッチやスカウトと被らない、絶好の声かけスポットにて勧誘を行っています。彼らはキャッチなどと違って、ナンパ師には注意してこないので、彼らが出現するポジションにてナンパを行うのがベストであるとのこと。

むむ、これは盲点でした!
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

また、ブーメランのコツも教えてもらいました。
「ただ名刺を渡したり、連絡先を赤外線で送ったのでは、相手はどうメールして良いかわからないので、なかなか返ってきませんよ。俺だったら、相手の女の子がこれから買い物すると言ったら、じゃあ、後で買ったモノを写メで送って。食事すると言ったら、料理を写メで送って、と言いますね。なにかメールを送る理由を作らないと、メールしてくれないですから」

なんと、これも盲点でした!
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

しかし、この日は、今年一番の冷え込みということで、日が落ちると、とても外にはいられない極寒状態になり、後半は駅ビルのショッピングモールでナンパしました。

今回、僕と師を同じくするアイズ流門下生のネドベドさんとも合流したのですが、彼は「ナンパはじめて三か月です」と自信なさそうに言っていたにも関わらず、なんと連れ出しした女の子と即Hしてしまいました。
即は、これで二回目ということで、なにげに実力者だと思います。

ネドベドさんは、ガンガン一人で行ける人で、僕たちが固まって地蔵トーク(立ち話)している間にも、黙々とナンパを続けていました。その姿は、まさにナンパ戦士の鏡です!
敬礼☆-(ノ゚Д゚)

ナンパ界は、先天的な素質がかなりの要素を占める世界で、短期間で成長して結果を出せるようになる人もいるので、うらやましかー、という感じです。

彼らを見ていると、イケメン、トークのうまさ、というわかりやすい魅力の他にも、いざとなったら肝が据わる積極性、粘り強さといった精神的な要素もあるように思えます。

女を前にしてビビるな! ガンガン行け!
というのは口で言うのは簡単ですが、実行に移す段階になると・・・難しいです。
気持で負けるとダメなので、恐怖や不安を押し殺してナンパするのですが、その際の精神的疲労はかなりのもので、20人ほどに声をかけると、どっと疲れます。

一年間続けても、こういった抵抗感、ストレスが抜けきらないのですから、初期段階からガンガン行ける人は、やっぱりすごいなぁ、と思います。

ちなみに、今回の僕の戦績は4ブーメランという結果でした。
番ゲできそうなところまでは行ったのですが、結局できませんでした。残念。
(;´Д`)

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:19| Comment(14) | 凄腕ナンパ師との合流記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

メールメンテ失敗><

ナンパしてメールのやり取りを続けていた女の子から、
「訳あって、もうメールしてこないでください。
はっきりいって、しつこいです!」
と怒られて縁を切られた夏目です(;´Д`)

そんな訳で、昨日はショックであまりよく眠れませんでした。

この娘は、以前、あーさんとコンビで連れ出し、一緒にカラオケを歌った娘です。
彼女は、実はいじめられて高校を中退したという過去を持ち、現在、20歳ながら通信制の学校に行っており、友達もあまりいないということ。

かわいそうだなぁ。と思い、
「僕も自衛隊でいじめられてひきこもりになった経験があるのだけど、それで自分の適性がわかって、今はパソコンを使う仕事で成功して、友達もいっぱいできたんだ。だから○○ちゃんの気持がよくわかるし、きっと○○ちゃんの今の努力が実を結ぶと思うよ」
「○○ちゃんは、話してみて、なんだかやさしそうな印象がした。きっと○○ちゃんの人柄が魅力的だから、今、みんなが支えてくれているのだね」

とメールしたところ、
「夏目さんはお優しい方なんですね!」
と、感激してくれて、最初は好反応でした。


これは、『即効「魅惑術」』という本で勉強した肯定話法という技術です。
また、心理学的に過去の悲惨な経験を話してから、それが現在の成功の肥やしになっていることを語ると、相手に好感を持ってもらえると勉強したので、それも使ってみました。

という訳で、ここまでは、予想以上にうまくいって、信頼を勝ち取ることができました!
ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

こうなってくると、『女の言うことは信用しない』『変な期待は抱かない』というナンパ師として冷静に行動するための不文律が崩れ、きっと彼女と仲良くなって、クリスマスはイルミネーションの下で「ぶちゅー」とやり、末永く幸せに暮らしました! という妄想が湧いてくるのは、いかんともしがたいものです。
( ̄Д ̄;)ぬぅっ

確実にアポが取れると思ったのですが、予想に反して都合が合わなくて、なかなか会えず、結局2週間もメールメンテをすることになりました。

僕は、はっきり言って、メールメンテは苦手です。
メールは相手の表情や、言葉のニュアンスが伝わらないので、直接会って話すより100倍難しいのじゃないかと思います。あまりたくさんメールすると、ボロが出るので、アポするまでは通常、一週間に二度ほどメールを入れることにしています。
最近は、恋愛メールテクニック系の情報商材を手に入れたので、これとにらめっこしながら、メールを書きました。この情報商材によると、女の子からメールが来たらすぐに返信した方が良いそうです。

思えば、これを鵜呑みにしたのが失敗でした。
ヾ(_ _。)

彼女にメールすると、いつもだいたい10分以内に返事が来ました。
ふつうの女の子は、好感を持っていない男には、そんなに早く返事をしません。
また、暇でないと、すぐに返事をしたりしません。

そこで、彼女は、こちらにある程度の好感を持っており、暇な状況にあるのだと判断しました。
アルバイトしながら通信の学校に通っていて、家ではゲームやアニメばかり見ているという話だったので、そういう状況からして、速攻でメールを返して問題ないだろうと考えました。
そこで、彼女からメールが来ると、情報商材を読みながら(笑)すぐに返信、またすぐにメールが来るので、すぐに返信、ということを繰り返し、夜中にチャット状態のメールのやり取りをしていました。

こういったやり取りは、たまに仲の良い女友達と行うこともあります。
彼女たちは、自分の都合が悪ければ、すぐにメールの返信などしないし、なにか用事ができれば「今から、●●してくる」と言ってくれるので、こちらも引き際がわかります。

しかし、この女の子の場合は違ったようです。
彼女は、どうやら本当はすぐに返信などしたくなかったのに、社交辞令としてすぐに返信していたらしく、こういったやり取りをうっとうしく感じていたようです。メールの文章からは、そのような心情を読み取ることができなかったので、いきなり彼女が爆発した時は、ぽかーん? と呆け状態でした。

おそらく、悪い人間だと思われたくなくて、自分の心情とは裏腹に他人に良い顔をしてしまうタイプなのでしょう。彼女と楽しい交流ができていたと感じていたのは、こちらの一方的な思い込みで、実は相手はストレスに晒されていたと気づいた時は、愕然としました。

相手が笑顔でいても、「楽しい」と言っていても、それを鵜呑みにせず、もしかしたら、違うのかもしれないということを念頭に入れて行動しないと、人間関係の地雷を踏んでしまうのだと痛感しました。

『女の言うことは信用しない』『情報商材は鵜呑みにしない』ということが、またまた身に染みる経験でした。

うーん、しかし、地味系、人見知り系には彼女のように精神的に安定していないタイプが多いように感じるので、好みのタイプながら、落すのは本当に難しいなぁと思う今日この頃です。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:58| Comment(19) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

メンヘル系の女性から好かれる

自論ですが、ひきこもっていると性欲が高まるのでないかと思う夏目です|・ω・)ノ やぁ♪
僕は普段、一日中、パソコンの前に座って仕事しています。
すると、「うぉおおお、女なら誰でもいいから、やりてぇー!」
と眠れる動物的欲求が目を覚まし、ベーシック・インスティンクトの暴走が・・・
となってしまうのですが、ナンパをしている最中は、不思議なことにそこまで強い衝動に駆られることはありません。

おそらく、ひきこもっている間というのは、体を動かすことができない上、対人関係の緊張にさらされることもないため、意識の容量が妄想に傾倒しやすくなる性質があるのかもしれません。
もちろん、これは僕だけの傾向かもしれないので確かなことは言えませんが。

そこで、このような青春の衝動をナンパという健全?な活動で解消するために街に出ます!
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

しかし、最近、女なら誰でも良いわけじゃないことを知りました。
実は、ナンパしたある女性にえらい気に入られてしまって、逆に、また会いたいとか、お茶したいとかのメールがきます。

こういう状況は望んでいたものであるはずなのですが、僕はその女性に対して性欲がまったく湧かず、仲良くなりたいとも思わないのです。

最初に連れ出ししてお茶した時は気付かなかったのですが、彼女はどうもコミュニケーション能力に難があります。
小さい聞こえない声でぼそぼそとしゃべり、こちらの反応を無視して、自分の話したいことだけに終始するので、どうも会話しているという感じがしません。多少、容姿が悪くても、一緒にいて楽しければいいのですが、なにか人形としゃべっているような気がして、あまり楽しくありません。
(;´Д`)

僕もひきこもりだったので、コミュニケーションうんぬんかんぬんに関しては、他人にあまり偉そうに言える立場ではなく、空気が読めない人、話下手な人に対して寛容だと思っているのですが、彼女はその許容範囲を超えています。

実は、連れ出しした後、その日の深夜一時ごろに電話がきて、ストーカーに追いかけまわされているから助けてほしいと言われました。ナンパしてきた相手に相談することか? と思いましたが、かわいそうだったので、話して、安心させてから電話を切りました。
しかし、その後、なんと二時になってから再び電話が来たので、この時点で、ちょっとおかしな女だなぁ、と思いました。さすがに眠いし非常識なので電話は無視しました。
ヾ(_ _。)ごめんね

それから、二日ほど経った夜の九時頃、再び、彼女からメールが来て、今、ストーカーに追われてて、ある喫茶店に避難しているので、ボディーガードに来て欲しいと頼まれました。ちょうど暇であり、場所的にも近いので、好奇心もあって行ってみることに・・・

到着すると、彼女はえらい喜んだのですが、話に聞いていたストーカーのような人物は、まったく見当たりません。彼女は、自分が今、ストーカー被害にあっていることを延々と語ったのですが、どうもその内容が妄想っぽくて真実味に欠ける気がしました。
( ̄~ ̄;) ウーン

ナンパした時は、あんまり注意深く顔を見ていなかったので、わからなかったのですが、彼女は、もしかして拒食症なのか、全身がガリガリに痩せていて、顔色も悪く、肌も荒れていました。そのため、まったく彼女に触れたいとか、抱きたいとか思えず、チャンスがあってもホテルに誘う気になれませんでした。
知り合いのナンパ師に話すと、

「向こうから誘ってくるなら、ヤレると思うし、チャンスですよ」

というのですが、下手に肉体関係を持って、彼氏だと思われると、なんか怖いです。

女性に好かれるというのは、とんでもなく良いことかと思っていましたが、まったくその気のない相手に何度も誘われると、うっとうしく感じるというのが、わかりました。
今まで、ナンパして音信不通になってきた女の子たちも、このように感じていたのかしら^^;

無下にするのもかわいそうなので、一応メールを返したりしていますが、放流する方向で行こうと思います。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 14:09| Comment(23) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

ナンパをするとドライになる

昨日、また一番ゲできました|・ω・)ノ やぁ♪
最近、やり方を変えてから、調子が良いです。

この娘からは返信が来たので、後で、アポ申請メールをしてみるつもりです。
今度はアポれるといいなぁ。

ところで、最近、だいぶナンパに対しての考え方が変わりました。

以前は、番ゲや連れ出しに成功すると、有頂天になり、
「この娘とラブラブになって、公園で、『ごめん待った?』『ううん、今来たところ!』みたいな純愛を経て、夜はホテルでむふふになり、末永く幸せに暮らしました!」
という変な妄想を抱いては、音信不通になり、『国破れて山河あり』的な虚脱状態になっていました。
(。_+)\イタ〜

ナンパでは、職場や学校という共通の生活空間で顔を合わせるような縛りがないので、相手の女の子はこちらに興味がなくなれば、あるいは、少しでも嫌悪感を抱けば、社交辞令も無しに簡単に関係を切ってきます。

このようなことを何度も体験すると「女の言うことは信用しない」「変な期待は抱かない」という不文律が自分の中にできてきます。

ある上級者さんは、「女の子の言うことは基本、信用しないっすね。また会いたいとか、楽しかったとか言われても、信用しない方が良いですよ」と語っていました。

要は、あまり浮かれていると、関係を切られた時のショックが大きくなるので、このような精神の防衛機構が作られるのですね。ナンパを続けていると、価値観が変わって、ドライになるという話を聞いたことがありますが、まさにその通りだと思います。

ナンパでは、いくら相手と誠実に付き合いたと思っても、相手はそのような関係を望んでいないということがまず99%です。
誠実な付き合いができるようになるためには、相手に完全に心を開いてもらわねばならず、そこまで到達するのは、出会いが最悪である上、継続的に顔を合わせる場にいないため、至難の業となります。
そのため、結局、一期一会、即エッチ目的の行動にならざるを得ないのですね。
誠実な付き合いとか、友達になって欲しいなんて、期待するだけ無駄。

だから、ナンパ師は、ナンパをゲーム感覚でするようになるのでしょう。

ゲームだと思い、変な期待を廃して、各場面で冷静な判断ができるようにならないと、なかなかうまく行きません。この娘に惚れた! と、自分一人で変に盛り上がって、メールを送ったりすると、それでアウトになる可能性が高いです。
ゲーム感覚でやった方が、重くならずにすみ、その娘と良い関係を築きやすいのです。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

ただ、やさしさや誠実さが有効であるというのも、また事実だと思います。

しかし、これは目に見える形で、相手に「自分はやさしい人間である」と思ってもらえるように演出した『誠実』さです。女の子に自分をわかってもらいたい、黙っていても自分はやさしい人間だとわかってもらるという考えは、とんでもない幻想です。
ナンパしてきた男などというものは、相手にとっては正体不明の不審者です。
なにをされるかわからない怪しい奴だと思われています。

これを覆すためには、「自分はやさしい人間である・誠実である」という印象を植え付ける必要が出てきます。

僕も今、一人の女の子と仲良くなって、メールのやり取りを続けているのですが、これも勉強して身につけた「自分はやさしい人間である」と印象付ける技術が、効果的に使えたからです。そうでなければ、彼女は、今までの女の子と同様に、そうそうに僕に見切りを付けて、去って行ったことでしょう。
本当に必要なのは「この人はやさしいと思ってもらえる言動」を意識的に行えるようになることだと思います。

こういったコミュニケーションスキルを効果的に使えた上で、ようやく、誠実な付き合いに入れる段階になれます。善人が童貞のままで、結婚詐欺師が跋扈するのは、このような事実があるからです。

童貞の人は、自分は良い人間なのだから、放っておいても女の子にそれがわかってもらえるハズだと思いこみ、結婚詐欺師は、悪い人間であることを隠すために、自分が良い人間であることを印象付けるトークや技術を研究しています。それが差になるのです。

道徳を金科玉条とし、心の清い人間ならモテるはずだ! モテないのは心が醜いからだ! と言う人もいますが、これはとんでもない思い違いであり、弱者を追い詰める発想です。

僕も経験があるのですが、モテない人は、性格が悪いから直せ! 清い人間になれ! と見当違いのアドバイスをされ、ますます自分に自信がなくなり、自己否定を強めるという最悪の循環になります。
モテないのは、単に性的魅力のスペックや技術・行動が足りないだけで、その人の内面とは、まったく関係がありません。

道徳こそが性的魅力の最重要判断基準であれば、この世から悪は、すでに根絶されていなければ、おかしいです。ナンパ師や結婚詐欺師も存在していないはずです。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 12:05| Comment(26) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

最悪のメンテメール

女の子に送るメールは、とても難しいなぁ、と思う夏目です|・ω・)ノ やぁ♪
下手なメールを送ると一発で音信不通になるケースがあるので、怖いです。
メールメンテは恐怖の作業なので、あまりメールは送らずに、なるべく早くアポるようにしています。

今回は、およそ考えられる限り、最悪のメールを送ってしまいました。
(>_<。)

実は前の休日に、2人組みの女の子をコンビでナンパして、連れ出しに成功しました。
今回の相棒は、以前、町田でよく一緒にナンパしていたあーさんです。
彼は、お笑い系のテンションの高いトークが得意なナンパ師で、外見もオシャレな、なかなかの強者です。
彼とコンビを組んで、街で暇そうにしていた女の子二人組をナンパしたところ、相手の1人があーさんのお笑いトークにノリの良い反応をしてくれて、意気投合。
もう1人の娘は、人見知りするタイプだったので、僕が担当して、トークし、連れだしOKをもらいました。

あーさんのお笑いは、たぶん他の人にはマネできないです。
「二人で何していたの? 人生について話し合っていたの? じゃあ、俺らと宇宙について語り合おうよ」
とわけのわからない、でたらめなトークをします。内容より、テンポやテンション、間といったもので笑わす人です。

4人でカラオケに行き、相手の女の子たちが、声優とかアニメ大好きなオタク系だったので、みんなでアニソンを歌いました。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

女の子たちは、最初はアニソンを歌うのを恥ずかしがっていましたが、心を開放してもらうために、「アニソンでいこうよ」とリクエストすると、徐々に乗ってきました。あーさんは、漫画やアニメ、アニソンといったことには疎いので、困った様子でしたが、担当の女の子が気の合うノリの良いタイプだったので、テンションがやたら高かったです。

しかし、女の子たちがデュエットで、らきすたのOP「もってけ!セーラーふく」を歌う段階になると、歌詞の電波っぷりに・・・
( ゜д゜)ポカーン

「らきすたは、埼玉で聖地巡礼やっているらしいね。行ってみたいね」
という濃いトークにあーさんは
( ゜д゜)ポカーン( ゜д゜)ポカーン

オタクな娘って、案外、遭遇確率が高いので、ナンパ師も多少、オタク知識があった方が良いかも知れません。
僕は担当した娘と番ゲしましたが、彼は相手がそれほどタイプじゃなかったらしく、あえてしませんでした。

この娘とは性格的に気が合ったようで、メールすると好反応。
アポ申請メールを送ると、残念ながらお互いの都合が合わなくて、アポが取れませんでしが、後日アポが取れると思っていました。


その二日後、同じ街で、帰宅途中の女子大生から番ゲ。
なかなかテンションが上がらず、ナンパするのが厳しい中の成功だったので、ハッピー状態になり、合流していたターさんという方と相談して、練りに練ったファーストメールを送りました。
すると、すぐに返信が来て、

「・・・あの、メールする人、間違えてませんか?」

というお返事。(・_・?)ハテ
考えられることは、相手の女の子がナンパから逃げるために、嘘のメールアドレスを教えてきたという可能性です。
しかし、携帯を渡してもらって、よく確認にしながら手入力したので、その可能性は低いです。

よーく差出人の名前を見てると・・・コンビで連れ出しした女の子の名前でした。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

実は、この二人は名前がよく似ていて、それが原因で間違えたのです。
その瞬間、頭が真っ白になるような絶望が・・・

「やばい、この前、連れ出した娘にメール送っちゃたみたい」
「え? よりによって生きた番号の娘に送っちゃったの? それはやばいよ」
と笑うに笑えない状況になりました。( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

たぶん、確実にナンパ師だとバレたでしょうが、ここは下手に言い訳せず、「すみません、間違えました><」とメールし、そ知らぬ顔で、またアポメールすることにしました。
メールは怖いです。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 11:57| Comment(8) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ブーメラン5人

そのまんま東知事が、今の若者はモラルハードが進んでいるから、徴兵制を敷いて自衛隊で訓練させなくてはダメだと言っていたのを知った夏目です|・ω・)ノ やぁ♪

自衛隊に入ると、逆にひきこもりなってしまう例が報告されているので、ひきこもりやニートは、ナンパ師に弟子入りして、ナンパ自爆テロリストとしての訓練を積んだ方が、積極性やコミュニケーション能力が身に付き、将来のためになると思います(自衛隊経験者談)。
(・ω・)/

そんなこんなで、休日に、またナンパしてきました。ナンパのやり方を変えて、誠実系にしてみたところ、やはり以前より反応が良くなりました。
ナンパ師らしい、タメ口、押しの強さ、ノリの良い態度を無理に演出するより、等身大の自分でやった方が、女の子たちの受けがよかったです。たぶん、ナンパ師らしい態度というのは、そういった言動が似合うキャラの人がやれば効果的なのでしょうが、そうでない人が無理に演出しようとすると、不自然さが出てしまい逆効果になるのでないかと思います。

その人の個性を生かしたナンパのやり方が、一番だと最近、考えています。

しかし、今回は、なかなかうまくいかず、ブーメランを5人に投げまくりました。中には番ゲを切り出すと、
「路上で初めて会った人に携帯の連絡先を教えるのって、怖くないですか? 有り得ないですよね」
半ば怒り気味の口調で言う娘もいました。(;´Д`)

はい、まったくその通りですね。僕なら、絶対に教えませんよ。
しかし、それをするのがナンパ師なのです。我々の常識からすると、ぜんぜん普通です。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

それでも、この娘にも一応、ブーメラン。ナンパ用に作った、名前と連絡先を書いた名刺を渡し、
「もしよかったら、一週間以内に連絡して。それ以上経ったら、縁がなかったと思って諦めますから」
と言って別れました。

あの様子からすると、100%返ってこないでしょうけどね。
ヾ(_ _。)

ブーメランが返ってくる可能性は、例え反応が良い娘でも、番ゲさせてくれない時点で脈が薄いので、ほぼ無いと思って間違いありません。営業マンの営業活動と同じで、たくさんの女の子に「よろしくお願いします」と名刺を渡して、果報は寝て待て作戦です。

また、他の娘には「連絡先交換しよう。俺から送るね」と言って、赤外線通信で連絡先を送り、「じゃあ、今度はそっちから送って」と番ゲを切り出しました。
すると、

「え・・・後で送るので、いいですか?」
というお返事。


これは鉄壁の死に番フラグです。(>_<。)
これを言われて、後からメールを送ってきてくれた娘は、今まで誰もいません。女の子が共通してよく使う、番ゲ回避技です。なので、

「後で送るのなら、今、送ってくれてもいいでしょ。10秒もあれば終わるんだし」
と粘ってみたところ、
「え、いや・・・その」
言葉を濁して困った様子。

このパターンの場合、無理に連絡先を聞き出しても、まず間違いなく死に番なので、諦めるしかないです。

そんなこんなで、なかなか番ゲできずに3時間で5人にブーメラン。
他の娘は反応が良かったですが、返ってくることは期待しない方が吉ですね。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 10:47| Comment(24) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。