2007年09月27日

ナンパをやめていく人

同じ時期からナンパをはじめた仲間が、ナンパを辞めてしまいました。|・ω・)ノ やぁ♪

悲しいーなぁ。(つД`)

「ナンパ辞めて行く人って、多いですよ。去る者は追わずでしょうがないですね」
とこの前、横浜で合流した青さんに言われました。
ナンパを辞めてしまう理由が彼女ができたからというのなら、まだ良いのですが、結果が出ないことによる自信の喪失だったりすると・・・この恋愛格差社会の世の中では、厳しい状況に立たされるのでは? と思います。

よほどのイケメンでない限り、女の子の方から好かれる、誘われるということはまず有り得ません。
何もしなければ、モテない街道を人生の終わりまでまっしぐらです。

僕も今まで何のアクションも起こさなかったので、25歳まで恋愛経験がなかったのですよ。
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

笑い事じゃなくて、そのままひきこもっていたら、女の子とデートしたこともないまま、30代を迎えていたでしょう。漫画みたいにある日突然、ひきこもりの元に女の子がやってきて、あれこれ世話を焼いてくれることなんて、有り得ません。
(_ _lll)

実を言うと、25歳までは、まじめに清く正しく生きていればそのうち運が回ってくるのだと、待っていれば運命の女性がきっと現れると、まるで夢見がちな乙女のような幻想を本気で信じていました。

真面目で誠実なのが正しい男。
むやみやたらに女を口説かないのが正しいあり方。
自分はこんなに善人なのだから、きっと自分の良さを理解してくれる娘が現れるだろうと、世のチャラ男たちを軽蔑していました。

おバカですね。(* ´∀`)
世の中には、建前があるってことを理解しておりませんでした。

以前、NPOで知り合った元ひきこもりの青年と、ナンパに出かけていた時期がありました。彼は結局、二回合流しただけで地蔵のままナンパを辞めました。

辞めた理由は、同じNPOで知り合った女の子に
「ナンパなんて良くないよ。辞めた方が良いのじゃない?」
と言われたからでした。


「師匠、俺たち、間違っていませんか? やっぱ、ナンパは辞めた方が良いんじゃ・・・」
彼は自分に自信がなく、地蔵だったので、この一言に後押しされ、次からナンパに来なくなりました。
女の子の言うことを鵜呑みにしちゃったのですね。

で、この娘の言うことを聞いたから、この娘と仲良くなれるなんてこともなく、他の女の子から好かれるわけでもありませでした。ナンパ師見習いから、元ひきこもりにランクダウンしただけで、現状は変わらず・・・
結局、彼はNPOにも来なくなってしまいました。
Σ( ̄ロ ̄lll)

一方、僕の方は、ここで知り合った女の子と友達になって、二人でカラオケに行ったり食事したり、買い物に行ったりしました。

もちろん、友達になれたのは、ほんの一部の女の子だけでしたが、組織の外でまで付き合うというのは、はじめてだったので、ビックリしました。

同時に、ありゃ? なんか、おかしい。と、気づきました。
ナンパするような悪い男って、女の子全員から嫌われるのかと思っていましたが、そうでもなかったのですね。
(* ´∀`)

ルックスが悪い、トークもうまくない、金持ちでもない・・・
こういった理由からナンパどころか、女の子に話しかけられもせず、彼女たちから誘われるのを待っている男性は、世の中に大勢いると思います。

でも、ルックスやトークの悪さを理由に、異性から逃げていると、もう100%確実にモテません。
ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

僕が、ナンパのことを自爆テロと呼んでいるのは、開き直りからです。ナンパをはじめた当初は、まだひきこもりに片足を突っ込んでいた状態で、ルックスもトークも今考えると、壊滅的に悪かったです。
去年の二月までは、冗談抜きでロッテリアで買い物もできないくらい、世間知らずでもありました。
しかし、

「アホか! 別に上手く話せなても、ええ、じゃろが!? めちゃめちゃ空気の読めないデリカシー皆無発言して、女に迷惑かけまくったろうじゃないかい!」
と、あるとき悟りました。

ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

他人に嫌われたらどうしよう……?
バカだと思われたくないなぁ……

と、これまでビクビク考えていたのが、開き直ることにより、バカで結構、嫌われても全然構わない。という心境に変わったので、ナンパできるようになりました。即の経験は、ありませんが、連れ出し、番ゲ、アポといったナンパ行為は、実際に何度も経験しましたし、キスや胸タッチもできました。
ひきこもり時代からは、考えられないことです。(^○^)

ここで知ったのは、ルックスが悪かろうが、トークが下手だろうが、行動する人間はデートくらいはできるということです。

下手な鉄砲も数撃てば当たる。
撃たなきゃ命中率は確実にゼロ。


こういう単純な真理があるのですが、多くの人は、コンプレックスや周囲の目、常識、プライドが邪魔してナンパできません。もしくは、続けられないのが現状だと思います。

人気blogランキングへ



↑ポチっと応援していただけるとうれしいです(´・ω・`)
posted by リョウ at 12:05| Comment(36) | モテるようになるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

女の子に情が移る

ナンパした女の子と最近、毎日メールのやり取りを続けている夏目です。|・ω・)ノ やぁ♪

この娘は ●ハッキリ振られる(ノД`) で書いた、自称ひきこもりの女子大生です。

「ごめんなさい。これっきりにしていただけませんか?」
とハッキリ言われたものの、その理由が資格試験の勉強で9月末まで忙しいからというものだったので、未練たらしくメールしていました。

振られる場合は、はっきり音信不通になるケースが多いのですが、なぜかこの娘は、その後も必ず一日以内に返事をくれました。
(o゜ー゜o)??

びっくりするのが「何というか、将来ひきこもるために今、がんばっている気がします」というメールの言葉でした。

ルックスは並み程度で、顔は悪くないのですが、おそらく男性からモテた経験が無く、友達もあまり多い方ではない感じがします。アポした時に、夏休みに入ってもう20日くらい、友達と顔を合わせていないと言っていたのが印象的でした。
(つД`)

先月、台風の中、新宿に行ってきた時に、
「台風が来ていて、悲惨な目に会いました。これから帰って、ひきこもります」とメールすると、
「それは大変でしたね。私もひきこもっています。ひきこもり \(^ ^)/ バンザーイ」という返信が・・・

なんだかシンパシーを感じました。(* ´∀`)

その後も「愛用していたパソコンの外付けハードディスクがお亡くなりになりました。今日、町田に行ったついで(もちろん本命はナンパ)に新しいのを買ってきたけど、ひきこもりにとってパソコンが壊れるのは致命的だよね」
とメールすると
「私も課題を提出する寸前にプリンターが壊れて泣きそうになりましたよ;;」とのこと。

ナンパした相手とひきこもりの話ができたのは、初めてでした。(* ´∀`)

漫画などのオタクトークをすることはあっても、ひきこもりについて話題にすることは滅多に無かったので、感動ー。なんて話が合う娘なんだろうと、一気に親近感が湧いてしまいました。

しかし、ナンパ師にとって、女の子に情が移りすぎるのは良くありません。

関係を切られるときは、ズバっと呆気なく切られます。(;_;)
こちらがいくら相手のことを想っていようが、女性には関係ないことですから、必要以上の感情を持つべきではないだろうと感じています。振られるたびにいちいちダメージを受けていたら、身が持ちません。

いついかなる環境下でもナンパという困難な任務を遂行できる最強のナンパ兵士を生み出し、恋愛格差社会を根底から覆すのが、我々ナンパ自爆テロリストの理想です。

最強のナンパ兵士に感情など不要!
愛などという夾雑物は、任務遂行の邪魔になる!


という鬼軍曹の声が聞こえてきそうです。(* ´∀`)
でも、最後には感情を取り戻して、ヒロインとラブラブな日常エンドに行き着くことを密かに望んでいます(笑)。

いずれにしても好反応のメールが返ってきているので、試験が終わった時期を見計らって、またアポの誘いをかけてみる気でいます。前回は漫画喫茶に入って大失敗したので、次回チャンスがあったら、カラオケでぎらつこうと計画しています。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:55| Comment(17) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

根性で一番ゲ

先月、コンビで連れ出しに成功して以来、さっぱり結果が出なくて困っていた夏目です[壁]・_・)ノ やぁ♪

結果が出ない時期が続くと、やっぱり焦ります。
特に合流予定だった仲間から突然「すみません、昨日アポった娘と一晩中戦っていて精魂尽きたので、今日のナンパはキャンセルさせてください」と連絡が来たり、合流した仲間が成功しているのに自分だけ成功しなかったりすると、「うらまやしいやー」と幽霊のごとき暗い怨念が・・・
Σ(´Д`;) うあ゙

凄腕ナンパ師の長さんが言っていたのですが、結果にこだわり過ぎないことが、長く楽しくナンパを続ける秘訣だそうです。

他人と比較して自信を喪失し、ナンパを辞めてしまう人も多いようです。
気持ちはわかるのですが、これはいわゆる自爆行為ですね。
ヾ(°∇°*) オイオイ

自分の中で勝手に悩み、傷ついて、破壊的な行動に出てしまう・・・
これは井戸を掘っていて、後一歩で水が噴出すところで「やーめた」と投げ出してしまうのに似ています。
人間以外の動物は本能に従って、振られても振られても、

【生殖活動】

を、お続けなさるというのに、万物の霊長がこれではイカンですね。
( ̄~ ̄;)

人間は知性を手に入れた結果、余計な雑念や固定観念に縛られるようになり、精神病になったり、自殺したり、カッとなって同族殺しをしたりと、逆におバカになった面があるのではないかと思います。
変なりんごを食べなければ、楽園でのほほーん、と何も思い煩わずに暮らせたのかもしれませんね。
(*´∀`)


今回、町田でナンパして根性で一番ゲしました。

この娘は、大学一年の女子大生で、一人で服を買いに来ていました。
途中まで反応が良かったのですが、こちらが名乗った後、名前を尋ねたところ、

「名前はちょっと・・・」
とためらう姿勢を見せました。
まだ警戒しているようで、笑顔を見せるものの苦笑いに近かったです。このようなパターンだとたいてい失敗するのですが、がんばって粘ってみました。

「どんな綺麗な名前なのか興味があってね。教えてくれない?」
「いやー・・・」
「それじゃ、謎の美少女ってことで」
と言うと笑ってくれたので、よかったです。(^-^)v

「せっかくだから、お茶でもしない?」
「いや、結構です」
「えー、知らないお兄さんに付いて行っちゃダメ?」
「はい、そうですね」
「あれ? でも俺たちもう知り合いじゃん?」
「そんな、早いですよ(笑)」
とここでも笑いが取れて、ラッキー。
その後、彼女は服を買うというので店の中に入っていったので、付いていって、

「それじゃ、また会いたいんで、連絡先交換しようよ」
と携帯を取り出しながら言うと、彼女は頷いて、携帯を取り出してくれました。

\(*T▽T*)/ワーイ

先にこちらが赤外線で連絡先を送り、次に彼女に送ってもらいました。番ゲしている最中は、女の子の気が変わって、「やっぱ、やめます」と言われるのじゃないかと、ドキドキです。
無事に交換が終わって、彼女の名前がわかったので、「この名前、なんて読むの?」と尋ねると「ゆかりです(仮名)」とだけ告げて、さっと去っていきました。
この去り際が、あまりにもそっけなかったので、おそらく死に番になるだろうなぁ、と予感したのですが・・・

案の定、死に番で返信がきませんでした。
ガ━━(´・ω・|||)━━ン

先月から、ずっと死に番が続いていて、新規でアポが取れる女の子が開拓できていないので、焦ってはいけないと思うものの、やっぱり焦りますね。

心頭滅却。焦りを、恐れを・・・己が想念を滅却し、心魂万感このナンパに託すべし。
無我の境地になりたいものです。( ゚∀゚)ノ

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:31| Comment(15) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

ひきもりがナンパに失敗すると自殺する?

登場する時は、いつも壁を背にしている夏目です。[壁]・_・)ノ やぁ♪
これは退路を断ってナンパするという強い決意の現れである・・・
訳ではなく、ただ単に気に入っているだけです。(笑)

先週の金曜日、新宿のロフトプラスワンで開かれたイベント『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』の第二部に出演してきました。

http://www.allneetnippon.jp/2007/09/post_36.html

当日の放送が上のリンクから聴けます。
聴き返してみると、ぜんぜんうまくしゃべれていませんね。
\(_ _ ;)ハンセイ…

今回、たまたま会場に『革命的非モテ同盟』の書記長・古澤 克大氏も来ており、非モテ問題と恋愛資本主義に対する激論を交わしました。

ちなみに、彼も元自衛官で、しかも同じ部隊の後輩であったことが判明。
部署が違うので現役時代に面識はなかったのですが、退職後に同じ問題に対してまったく違ったアプローチをしているとは・・・なんかこう防衛省ってアレでナニだなー、と奇妙な縁に驚きました。
(゜ロ゜)ギョェ

非モテ問題というと、なにかユーモラスで不真面目な印象を受けますが、人生において愛を得られるか? 得られないか? は、幸福と不幸をわける重要な要素だと思います。

人は何のために生きているのか? という問いに、僕は『愛のためだ』と答えます。

これは奇麗事や冗談ではなく、動物に例えればわかりやすいです。
人間以外の動物が何を考えて生きているかというと、

【メシを食うこと】
【生殖活動】


たったそれだけ。
たったそれだけ。
なんかいいなぁ。(*´∀`)

つまり、人間が理性や道徳を振りかざし、どう取り繕ったところで、動物である以上、この二つが人生の至上命題であることは間違いありません。
愛が得られれば幸せだし、得られなければ、不幸のズンドコに突き落とされちゃいます。

また、僕はニート・ひきこもりを支援する団体やNPOに関わったり、本などを読み漁りましたが、彼らはひきこもりの心理の追求や、バッシングからの擁護、問題を叫ぶだけで、ひきこもりから脱出するための具体的な手段を示していないことに疑問がありました。
(o゜ー゜o)??

ラジオのリスナーから多くあった質問に「ひきこもりから脱出するために最初に何をして良いかわからない」という悩みがありました。
これに対して支援者は「ああ、大変なんだね。わかる、わかる」と同意して慰めることはしますが、次の一歩を具体的に示すということはあまりないです。

「とりあえず外に出てみれば?」と言ったところで、外に出て、何をするのかという問題があります。

バイトをするのも大変だし、いまさら学校に行くのもお金がかかるし難しいです。
僕もそうだったのですが、そもそも多くのひきこもりの人は空気が読めないので集団行動ができません。日本社会では空気が読めない人間は攻撃・排斥して良いという暗黙のコンセンサスがあるので、無理に集団に入っていってもそのうち排斥され、ますます絶望が募るという悪循環になります。
ガ━━(´・ω・|||)━━ン

しかし、ナンパなら、ぜんぜん大丈夫です。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

●もう二度と、相手に会うことがないので恥をかいても問題ない。
●組織内の恋愛ではないので、いくら失敗してもバカにされたり、噂になったりしない。


このようなメリットがナンパにはあります。
そして、ナンパしていく過程で、コミュニケーション力や空気を読む力が鍛えられ、ひきこもりから脱出していくことができると考えています。

しかし、当然のごとく雨宮処凛さんに
「もし、ひきこもりの人がナンパに失敗して、それで自殺したらどうするのですか?」
と突っ込みを受けました。

なにしろ、自爆テロを目的とした原理主義的な危険思想ですからね。
(´Д`ι)アセアセ

しかし、ナンパしたくない人に無理強いさせるのは不可能だし、疲れるだけで、本人のみならず強制する方にもメリットが無いので、したくありません。そんな暇があったら、ナンパしています。

また、超極端な自己改造を行うので、万人に対して有効だとは思っていません。

もし僕が支援する形で、ひきこもりの人にナンパを教えるとしたら、簡単なナンパの仕方を教えた後、現場に連れて行って、それで地蔵のまま終わったら、向いてなかったという訳で「さようなら、もう呼ばないよ」ということにしようと思います。経験上、最初の合流で地蔵のまま終わる初心者は、次回も地蔵のままでいる確率が高いです。本気でないのであれば、残念ながら双方にとって時間の無駄でしかありません。

また実際にナンパに失敗して自殺したひきこもりの人の事例が無いので、本当にナンパに失敗した程度で自殺する人が出るのか疑問です。
( ̄~ ̄;) ウーン

どんな凄腕やイケメンが声をかけても失敗する確率の方が高いということを知っていれば、そんな愚挙には出ないハズです。むしろ、行動したことで多少なりとも自信が付くと思います。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 11:14| Comment(12) | ひきこもり心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ナンパで仲良くなった女の子

ナンパでは、一度アポしただけで音信不通になるのが通常のパターンでしたが、一人例外が現れました。
[壁]・_・)ノ やぁ♪

以前話した彼氏と冷戦中の女の子です。
6月に連れ出しに成功して、今まで合計で4回デートしているアポ継続・最高記録を樹立しています。

この娘はすでに二十代後半で、彼氏がいる上に恋愛経験が豊富なようだったので、すぐに振られるだろうと思って期待していませんでした。
(´△`)↓

また、資格を取るために専門学校に通っているので、お金が無いらしく、奢ってくれるなら会っても良いと言われていました。そこで、こちらもタカリ女であることを警戒し、なんと2回目のアポまで「100円マックなら奢ってあげるよ。( ゚∀゚)ノ」と提案して会っていました。

すると、3回目の時点で、
「夏目さんって面白い方ですね。そんなに100円マックが好きなんですか?(笑) 私は100円程度しか払う価値が無い女なのかと、悲しくなります。もしかして、私が男にたかるような女だと警戒しているの?」
と、静かな怒りに満ちた文面のメールが来て、ビビリました。が、ちょっと考えて、

「ごめんね。友達とは良くマック行くから、●●ちゃんもそんな感じで誘っていました。●●ちゃんは、彼氏がいるから、こちらも女として見る気はなかったのだけど、もしその気があるなら、居酒屋でも良いですよ」
と返信しました。

『100円程度しか払う価値が無い女』というフレーズを読んで、おそらく女として見て欲しいという意識があるのだと推測して、勝負に出たのです。すると居酒屋はダメだけど、レストランで食事なら良いよ、ということで食事に行きました。
ヽ(*´Д`*)ノ

ここでさっさと席に着いたら「女性は先に奥の席に座らせるのがマナーなの!」と怒られ、ありゃまー、いきなり失敗の気分。
(´Д`ι)アセアセ

しかし、会話自体はすごく良く弾んで、意気投合。僕が、自衛隊を辞めて、好きなことを仕事にして自由に生きているのを評価してくれた感じです。
その後、彼女の方から、「この後、ドトールでお茶しませんか?」と誘われ、結局4時間近くも話し込みました。その中で、彼女は過去にナンパ師をやっつけたことがあることを語り、ビビリました。

「以前、ナンパしてきた男は、なんと妻子持ちなのに『嫁は嫁、彼女は彼女で別』と言ってきたのよ。この言葉に内心キレて、地獄に叩き落すことに決めたの。それで高価な3万円くらいするバックを買わせてから、音信不通にしてやったわ」
ゾォーーーΣ(゜д゜)ーーーン
やっぱり、ナンパした女の子に貢ぐものではないと再確認。

「たぶん、それがその男の手だったのでしょうね。最初に遊びで付き合うんだと宣言して、主導権を握るつもりだったのだと思うわ。それを堂々として男らしいと評価する女もいるでしょうけど、私はムカついたので懲らしめてやることにしたの」

ふむー。どうも話を聞いて、僕がマックばかり誘って、ぎらつかず、ナンパ師らしくない行動を取ったのが彼女的には好感触だったらしいです。

「僕はナンパできるけど、口説くのは下手な不器用星人だよ?」
と話すと、えー信じられない、そんな人いるの? と言っていました。確かに奥手なナンパ師って変ですよね。実在するんですけど。
(;´ー`)ノ

そして、先日、ダッキーダックで、また食事して、3時間くらい話し込みました。彼女とは相性が良いのか、ときどき批判めいたことを言われるけど、話自体は弾みました。最後に彼女の方から、今度は二人で居酒屋に行こうと誘われたので、次のアポも確実にできると思います。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

女の子と二人で居酒屋に行ったのは、まだ一回きりだったので、僕的にはかなりポイント高いです。

ナンパ師の手口としては、居酒屋に行ってからホテルが黄金パターンですが、この娘は変にぎらつくと逆効果になるような気もしますし、こちらもこの娘とは積極的にセークスする気になれないので、相手が誘ってこない限り、ぎらつかないでおこうと思います。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 09:54| Comment(21) | ナンパ成功体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

女友達と遊んで得られる情報

以前、凄腕の長さんが「女の子と遊んで得た情報を他の女の子に使っていくと効果的」と話していたのが印象的でした。[壁]・_・)ノ やぁ♪

そうすると、女の子から引き出しの多い男と好印象に取られるそうです。

例えば、やっぱり多少なりとも、デートで使えるような良い店の情報を知っておかないとアポの時、困るなぁと思います。チェーン店ではなく、穴場のようなお洒落な店とか知っているとポイント高いです。

僕もまったくお洒落とは縁遠いひきこもりなので、女友達と遊ぶときに彼女らから得られる情報が大変貴重なものとなります。こういった生の情報は、ネットから得られる情報よりも精度が高い気がしますね。

ネット上の情報は、ある種の偏見のフィルターがかかった物が多いと感じています。例えば、オタクはモテない、オタク趣味は引かれる。といったことが常識とされていますが、カラオケでアニソンを歌う女の子は現在では珍しくありませんし、歌ったことで引かれることはむしろレアケースです。
漫画好きな娘というのは結構な割合でいるので、漫画の知識も話の種に知っておくと有利に働くくらいです。オタク話っておもしろいと真顔で言う娘もいて、ビックリしました。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

そういうわけで、先日も女友達のたーちゃんと、二人でカラオケに行ってきました。
彼女はすでに長年付き合っている恋人がおり、僕もその仲に割り込もうなどとはさらさら考えていないので、恋愛感情が介在しないとても付き合いやすい関係になっています。

女の子とデートする時、下手に相手を落とそうなどと考えていると、立ち振る舞いなどに気を使って結構疲れますが、最初からそのような色気を出さないと、自然に付き合えて大変楽しいと思います。

恋愛感情の介在しない異性の友達は貴重です。

「カラオケでは、なるべく大きな声を出して歌うのがコツだよ。声が小さいと自信がないように感じるし、音程がずれているのがモロバレちゃうの。でも声が大きいと、それをごまかせるし、自信があるように感じられるから良いよ」
ほー、ほむ、ほむ。

僕は歌のレパートリーが少なくて二時間で尽きてしまうので、それ以後は思い切りエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』などのアニソンを歌いました。
(ノ*゜▽゜*)ニパパパ

彼女はアニソンも好きだというので、こちらも気取らなくて良いです。はい。
しかし、演歌の『兄弟船』『命くれない』を歌ったら、
「演歌はネタに一曲くらいなら良いけど、二曲以上だと、笑えないよ」
と言われました。アニソンより演歌の方が引かれるようです。
このあたりはTPOをわきまえるということで気をつけます。
ヾ(_ _。)ハンセイ…

その後、彼女と喫茶店に食事に行き、そこで話し込みました。
「この前、日記でイケメンでも女の子と付き合ったことの無い人の話があったけど、イケメンだからモテるとか、外見がすべてというわけじゃないよ。モテる能力は、もっと別の部分だと思うの」
そうなんですか?
「外見がすべてとか言われると、お姉さん悲しいなぁ」
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

また、彼女は今までナンパされたことがかなりあったようですが、相手がどんなイケメンでも、頭を下げて無視して逃げたそうです。
「ナンパって怖いよ。リョウくんのことは応援したいけど、女の子とHした数を自慢したりするなんて、信じられない。私は絶対嫌だな」
「彼氏が童貞だったりすると、逆にうれしいよ。私の友達もそう言ってた。安心できる気がする。さすがに30歳過ぎて童貞とかは、きついかもしれないけど、なんで男の人って、そんなことを気にするんだろう?」
なるほど、こういう意見もあるわけですか・・・

男は恋愛の過程よりセークスした結果を重視し、それによって自分のオスとしての価値を確認するので、恋愛観のズレがあるのだと思います。


追記。
明日、14日に新宿のロフトプラスワンで開かれるイベント『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』の第二部に出演して、恋愛格差社会の打倒という我々の理想について話すことになりました。

http://www.allneetnippon.jp/2007/09/914super.html

元々ひきこもりなので、大勢の人の前に出て話すのはナンパより緊張しますね。
(´Д`ι)アセアセ

夏目に会いたいという珍しい方、もしいらしたら来てください。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 15:36| Comment(32) | ナンパの特訓方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ナンパの過程も楽しいよ

どうも、階層の固定化が進む悪しき恋愛格差社会に正義の鉄槌を下すべく活動する、都内潜伏中のナンパ革命戦士、夏目です。[壁]・_・)ノ やぁ♪

とは言っても、最近、まったく結果が出ず焦り気味です。(´Д`ι)アセアセ

仲間と一緒にナンパに行って一人だけ結果が出ない日が二度以上続き、熱き理想に燃える心が挫けそうになっていました。あまり結果にこだわりすぎると、良くないですね。

社会の風潮として『童貞=ダメ人間』という公式ができ、童貞は差別の対象となっていますが、これも恋愛の過程を軽視し、結果にこだわりすぎたために生まれた価値観だと思います。僕は恋愛の過程に、人間としての幸福の根幹に関わる相互理解、相互受容、信頼形成といった「良き物」があると考えています。
しかし、恋愛のゴールとしてのセークスが重要視され過ぎると、異性との付き合いは、セークスだけが目的のものになってしまうのでは?という危惧があります。
もちろん性欲があるので、奇麗事は別として、やっぱりセークスしたいですけどね。( ゚∀゚)ノ

そんなこんなで、とにかく言いたいことは、結果にこだわりすぎるのは良くない! 

連れ出ししたり、アポしたり、ぎらついたりといったことも楽しいのですが、ナンパそのものも楽しいものです。ここを忘れ、結果にこだわりすぎると、辛くなってナンパが続けられなくなるのでは?と思います。

昨日、またまた町田でナンパしてきました。
今回は、るーとさんという大学生の方と初合流 。(*´∀`)

彼はホストにスカウトされるほどルックスが良いので、モテるだろうと思ったのですが、
「いや、ぜんぜんダメです。俺、トークがダメで、表情に乏しいので、今までモテたことがないです」
と言うので驚きました。

「やっぱり、女を口説くことができない男はモテないと思います。向こうから誘われることなんて、経験上まず無いし、女を口説く方法を学びたいんです」
その心意気やよし!

彼はナンパを始めて二ヶ月、番ゲはしたことがあるけれど、連れ出し経験が無いというので、地蔵気味になってしまうかな?と思ったのですが、かなり積極的で、今回は二人でガツガツ、コンビナンパしました。
(*´∀`)

コンビをしようと誘うと、女の子の好みが合わずに嫌がる人も多いのですが、彼はストライクゾーンが広いためそういったことがなく、いろんな女の子に声がかけられました。

ナンパする瞬間は、どんな反応が返ってくるか、かなりのスリルを味わえます。この瞬間を共有し、いろんな女の子にちょっかいを出しまくるのは、非常に楽しいものです。ゲーム感覚と言ったら、女性に失礼かもしれませんが、仲間とバカをやって笑い合うという貴重な経験ができます。
教育熱心なPTAのおばさんには眉をしかめられるでしょうが、

このような過程に、人間としての成熟や人格形成、相互理解といった「良き物」があると思っています。

コンビを経験すると友情が深まりやすいと言われていますが、その通りですね。ナンパは女の子と遊ぶだけでなく、友達作りという側面があると思います。☆( ゚∀゚)ノ

恋愛経験も貴重なら、仲間とバカをやって笑いあうというのも、得がたい経験であり、幸福を感じる瞬間だと思います。

特に僕は、準ひきこもりからひきこもりにクラスチェンジしたエリート内気超人なので、こういう経験をしたことがぜんぜんありませんでした。危険思想ですが、やっぱり、ひきこもりの脱出にはナンパが一番ですね。

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 15:00| Comment(7) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

台風ナンパヾ(・_・;)チョット‥

大型の台風9号が関東を直撃して大変なことになっていた昨日、新宿でナンパしてきたおバカな夏目です。[壁]・_・)ノ やぁ♪

元々、ナンパするつもりではなかったのですが、女友達と新宿でお茶する約束をしていました。
しかし、駅に到着してメールを入れると、
「え!? 約束って日曜日じゃなかったですか?」
という返信が・・・

不幸な行き違いが起きてしまったようです。 (*´∀`)

なんたる不覚! と思っていると、彼女から電話が来て、これから一時間半後に新宿に来てくれるとのことで、なんとも助かりました。わざわざ台風の中ありがとうございます。
ヽ(´∀`*)ノ感激

暇なので、彼女を待っている間、最初、本屋で立ち読みでもしようかと思いました。しかし、風は強いものの、この時点では雨は降ったり止んだりを繰り返しており、なんだかナンパできそうな雰囲気。
街中では気合の入ったキャッチのお姉さまが、道行く女性に化粧品を売りつけようと闘志を燃やしていたので、その姿に触発されました。

キャッチを観察してみると、ものすごい早口でマシンガントークを炸裂させ、「わたしこう見えても怪しいものじゃないし」「あっ、やっぱりそういうことってあるよね。わかるわかる!」と警戒心を解いたり、オーバーに共感したりと、実に模範的な勧誘をしていました。

傍から見ていると、怪しい者じゃないと主張するお姉さまは怪しさ爆発でしたが、その強引さと饒舌さはやはり見習うべきものがあるように感じます。バーっとまくし立てて、訳わかんない状態にさせて、相手を立ち止まらせていました。
(* ´∀`)

今回、悪天候だったこともあり、さすがに新宿もいつもより人通りが少なかったのですが、不思議なことに6人に声をかけてガンシカ(無視)は二人だけと、反応が普段より良かったです。
彼女たちも、まさか台風の日にナンパされるとは思っていなかったでしょうね(笑)。

また、最近、ねらい目の娘に当たりをつけてナンパするスナイパー型の凄腕さんと絡んだおかげか、ガンシカしにくい雰囲気を持った娘というのが、わかるようになってきた気がします。

基本かもしれませんが、『雰囲気的におっとりしているけど地味すぎず、それなりにお洒落な娘』『歩調がゆっくりしていて拒絶のオーラを放っていない娘』は狙い目だと思います。

女の子を観察すると、私に構うな!話しかけてくるな!的なオーラをまとった娘がかなりの確率でいます。そのような娘に声をかけても、やっぱりガンシカか悪い反応しか返ってこないので、最近では避けています。

ただ、途中から雨と風がしゃれにならない状態になってきて、傘が飛ばされそうになるわ、まともに歩けなくなるわで、駅構内に移動しました。

すると、そこに地図を見ている、いかにも暇そうな、なんか外見に比して服装が幼い感じの娘がいました。即系ぽい気がしたので、声をかけると、北海道から来ているそうで反応が良く、連れ出しできそうな感じだったのですが、ちょうど女友達から電話がかかってきてしまい、途中で断念。
(_ _lll)

その後、二人でハンバーガーを食べて帰りました。☆( ゚∀゚)ノ

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:50| Comment(5) | ナンパ体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ナンパ原理主義について

ナンパをしていると、人間の本質的な部分に触れることが多くなり、社会を動かしているメカニズムがわかるようになってくる、と最近感じている都内潜伏中のナンパ自爆テロリストの夏目です。[壁]・_・)ノ やぁ♪
例えば、その一つが、


人間は中身ではなく外見である。Σ(´Д`;) うあ゙


ということです。
異性を獲得できるか否かの最大の要素は、ルックスの良し悪しです。
そのためナンパ師は、ルックスを最大限高める努力をします。

他のナンパ師さんと絡んでいて良く聞く話ですが、
「ナンパしてガンシカ(無視)だった娘を、イケメンの凄腕がナンパしたら連れ出して即った(即日Hした)」
「後から始めた後輩が、ルックスが良かったせいか、俺より成功するようになっているんですけど・・・」

ルックスの良し悪しは、結果にそのまま直結する要素であり、結果が出ないと「僕って、カッコ悪いんだなぁ」という残酷な事実を認めざるを得なくなり、心が折れそうになることがあります。(T△T)

「先天的にルックスが悪いからといって、あきらめたら、その時点で終わりですよ。
結果が出なくてもナンパするしかないです」


この前、合流した上級者さんは、このように語っていました。
彼は童貞のオタクからナンパをスタートした人で、最初はまるで結果が出なくて苦しんだそうです。しかし、努力してルックスを向上させ、試行錯誤を重ねて結果を出して上級者に上り詰めた人なので、その執念には感服します。
w(°o°)w おおっ!!

自分の弱さや限界を受け入れ、その上で、努力を重ねるというのは、
おそらく並大抵の精神力ではできないと思います。


ここには「人は外見じゃなくて中身です!」という奇麗事が入り込む余地は無く、そんなことを本気で信じてルックスに気を使わない人は、結果が悪くなります。
「人は外見じゃなくて中身です!」という意見は確かに正しいけど、人間の本質とは違います。

ルックスの良い人は、すばらしいパートナーをゲットして幸せな生活を送り、ルックスの悪い人間に対して「お前の性格が悪いから女(男)が寄ってこないのじゃないの?」とこき下ろします。
こき下ろされた方は、なにか釈然としない物を感じながらも、「人は外見じゃなくて中身」だと信じているので、さらに道徳的に振舞おうと努力し、結果として他人に良いように利用されるだけで終わります。
ガ━━(´・ω・|||)━━ン

僕はこのような現実に直面してきたので、正論では人は救えないと思ってます。
残酷な世界の法則を受け止め、その上でどのように行動するか? それがその後の人生を決めてしまうのだと思います。


現代社会は所得格差、恋愛格差が進み、能力の無い人間は誰からの援助も愛も得られずに餓死して殺されていく過当競争の世界になっています。このような時代を生き抜くには、人間の本質を理解して行動する判断力と、自分の主張や要求を通すコミュニケーション能力が必須であると感じています。そういった能力はナンパ師として活動する過程で得られると思っています。

ちなみにこのような思想はナンパ原理主義と呼ばれています。

ひきこもりからの脱出と、社会で通用する処世術を身につけるためにはナンパが一番という、誰からもまともに相手にされない過激派思想です。σ(^_^;)アセアセ...

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!

2007年09月02日

スナイパー型ナンパの達人と組む

いつも夕方ごろに大都市の駅近くでナンパしている夏目です。[壁]・_・)ノ やぁ♪
この前、新宿でブログを通じて知り合ったSさんという方とお会いして、このことを話すと、

「なんで、そんな時間帯と場所で、忙しい人相手にナンパするんですか? 
まず無理だと思うのですけど……」

と不思議そうに言われました。Σ( ̄ロ ̄lll)

ナンパのゴールデンタイムは、夕方から夜の七時にかけてと言われており、この間は街に多くの人がいます。実際に七時を越えると人が、どっと少なくなってしまい、ナンパしづらくなってしまいます。
しかし、Sさんに言わせると、それはターゲットの状態を無視した非効率的なやり方だというのです。

「Sさんは、普段、何処で、何時ごろナンパしているんですか?」
「いつも渋谷や新宿で、週末の終電間際から始めています」
「それで、成功率はどれくらい?」
「行けば、まず間違いなく結果がでますよ」
え━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

まず、間違いなく結果が出るなど、そんなことは学園祭や花火大会などの特殊フィールドでない限り有り得ない! しかも、彼に言わせると、ほとんどの場合で即(即日Hすること)に成功しているのだとか・・・

凄腕ですね。(* ´∀`)

「女の子の状態や場の空気を考えてみてください。ナンパは女の子の時間を奪う行為、これからの予定を変更させる行為ですよね。なら、これから帰宅途中の駅に向かう娘より、繁華街で目的も無くブラブラしている娘に声をかけた方が、成功しやすいわけです」

あっ、なーるほど・・・確かに言われてみれば、その通り。
Sさんと、マックに入って話したのですが、今まで信じ、それで結果を出していた方法論とは、まったく違うやり方を教わったので、驚きました。

そういうわけで、今回、ナンパ目的ではなく、東京に仕事の打ち合わせに来たついでにSさんにお会いしたのですが、彼のナンパのやり方を教わるために二人で歌舞伎町に行きました。
といっても、時間はなんと午後6時から、しかも木曜日だったので、Sさんの本領発揮とは行かなかったですけどね。ヾ(_ _。)

「繁華街をぐるぐる回って、同じように目的も無くブラブラしている娘を見つけるんです。同じ相手に二度会ったら、まず相手は暇なので成功率高いですね。あと、キャッチに捕まって話を聞いている娘とか、繁華街で浮いた格好、場違いな格好をしている娘は狙い目ですよ」

Sさんに、ナンパで捕まえやすい娘の特徴、識別の仕方をいろいろ教わりました。(^▽^)V
彼とはコンビでナンパしたのですが、「好みのタイプ+ねらい目の娘」にしかアタックしないので、数はぜんぜん撃ちませでした。

好みじゃない娘と会話してもおもしろくないし、ナンパについてこない娘にわざわざ話しかけても無駄だというスタンスなのですね。

また、歌舞伎町はキャッチがたくさんいる怖い街なのですが、このように数を撃たないピンポイント型のナンパだと、まず目を付けられないのだそうです。

僕の場合は、なるべくストライクゾーンを広めにとって、とにかく数を撃つのが王道だと考えていたので、驚きの連続でした。ただ、暇な娘を探して、延々と同じ場所をグルグルしたので、ものすごく疲れましたね。

今回は深夜までやらずに帰ったこともあり、結果は出なかったのですが、レベルの高い娘を即狙いで連れ出すというスタンスのナンパ師と絡めて、かなり良い経験になりました。
そういえば、即などの結果を出しているナンパ師は、深夜にオールナイトでナンパしていることを思い出しました。

Sさんとは、今度、週末の終電間際から、またナンパしたいです。(^○^)/

人気blogランキングへ



↑励みになります。よろしければ1クリックを!
posted by リョウ at 10:40| Comment(8) | 凄腕ナンパ師との合流記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。